FC2ブログ

メニュー紹介 <更新版>

ようこそ 「ティンパニで朝食を」へ !

すべての人に音楽の喜びを! 障がいのある人もない人も、音楽の力でともに生きる社会へ。
ブログを開設したのは、そんな思いを強くした2010年の4月でした。左の「プロフィール」もご参照ください。

長文の記事も多いですが、視覚に障がいのある方も音声変換で閲覧されますし、中学生でもきちんと読んでいただければ分かる文章で書くように心掛けています。

はじめてご訪問の方にも分かりやすいように、常にこの「メニュー紹介」がトップにくるように投稿日時を本年末の日付に設定しています。 このトップページだけをご覧になって「あ~、まだ更新してないな」と閉じないで下さい! 最新記事はひとつ下にあります。

以下の各カテゴリーから、ご興味のあるテーマの項目(画像の上の文字)をクリックしていただくと、そのテーマの記事群に飛べます。
 


★テーマ項目(緑文字)をクリックすると、今開いているメニュー画面とは別の新しいタブで開きますから、そのカテゴリ内を色々ご覧になったあと右上の「×印」で消せば、再びこのメニュー画面が表示されます。

★カテゴリ内を
スクロールした一番下に「次のページ」の表示があれば、さらにさかのぼって関連記事があります。

★翻訳 Translation
Googleの言語一覧からお好きな言語を右クリックして「お気に入り」に入れておき、ブログページを開けた状態で「お気に入り」に入れた言語をクリックすると、一瞬にして全文がその言語になります。

To all one who access
my pages through my facebook from around the world, please check this blog in the Translations Browser Google. Please chose your language, by the right click and put into your "Favorites"  (↓)
http://translate.google.com/translate?u=http%3A%2F%2Ftranslate.google.com%2Ftranslate_buttons%3Fhl%3Dja&hl=ja&langpair=auto|en&tbb=1&ie=utf-8
When you open some
Web-page ,not only my blog page, just click on your "Favorites" language.
You can see all of the characters on the screen in your language .
Some words can be translated into a strange, but you will understand almost correct meaning, I think.
 



~ 音楽関連~

公開情報(コンサート・放送予定など) 
1b_20180805234416b07.jpg  2018.9.12 サントリーH

音楽ギャラリー(リハーサル・バックヤードの様子など)
ティンパニ 
2010年3月「こころコンサート」 NHKホールにて

★フェイスブックもこのプロフィール写真でやっていますので、よかったら探して下さい。

★このカテゴリにはパスワードをかけてある記事があります。
不特定多数には公開していない画像を含むもので、友人・知人にアルバムをお見せするような形でのアップです。
ブログ案内を差し上げている方は、そこに書いてあるパスワードを入力してください。

何かのご縁でこのブログを訪問されてご興味のある方は、この記事下の「コメント」欄に簡単な自己紹介・お名前・メールアドレスをご記入の上、「管理人だけに表示を許可する」にチェックを入れて送信してください(いわゆる“鍵コメ”というもので、他の方からは見えない私信となります)。こちらからメールにてパスワードをお知らせいたします。 



コバケン先生との出逢い(05長崎・06熊本)
コバケン先生 

出逢いに感謝して
出逢い 

ティンパニのつぶやき(オーケストラの打楽器)
打楽器

★デイホーム日誌
201612171800372c6_20170204152302fd2.jpg 201612171814099a0_20171221003613448.jpg
2016年12月より、月にいちど「脳が喜ぶ歌の会」という枠を持たせていただいてます

50代ことはじめ ~音楽療法の世界へ~
20170121184814c8e_20171221003614baa.jpg

★「音の小部屋」プロジェクト
5度時計(改右回り)

「音」についてアラカルト
チェロは歌う 音について

私のこの一曲

シャコンヌ 

オペラの世界へ

カルメン2 オペラ1

→ 電子書籍「オペラの世界へ ~カルメンを中心に~」


~社会~


ノーマライゼイション(ともに生きる)

コミュニケーション

「豊かさとは…?」~日本が見失ってはいけない大切なこと~
派遣村 

社会・時事に思う

一歩踏み込んで 言わせて頂きます! 

★駅の安全・案内サインなど
2011021301471947a_20170330005741b57.jpg

原発関連 ~「社会・時事に思う」から分離しました~

★アジアにおける日本の過去 ~「社会・時事に思う」から分離しました~
 

~季節・鉄道・模型・旅~

季節・日記
季節 

模型ギャラリー(手作り模型の世界)
★鉄道模型
模型1 模型2 模型3

鉄道以外にも…
★ドールハウス(ミニチュアの家)
20120513181403ab7_20170620012322bcf.jpg 4a_20171221005221202.jpg 2a_20171221005220648.jpg 2b_20171221005220555.jpg IMG_20171216_212814.jpg

もうひとりの恩師(鉄道模型屋さんから学んだ遊びの哲学)
いさみや

小さな鉄(テツ)な旅 ~江ノ電・世田谷線ほか~
テツ旅1 テツ旅2

旅・鉄道(韓国・イギリス・アメリカ・カナダ…)
旅1 旅2カナダ 旅3シアトル 


~自然・科学~

★身近な科学(ちょっと好奇心)

自然・歴史・民俗
雷・竜巻1 風神雷神

なまず通信…2011年1/18(=東日本大震災の約2か月前)に立ち上げたカテゴリーです
なまず1 なまず2 なまず3 なまず4


~その他~


己を見つめる

パウゼ(♪ひと休み)…疲れた頭と なまった腹筋に!

ピアノジョーク…「パウゼ」から分離しました

尻っぽの生えた天使たち
1_201801080121218be.jpg


上馬からスタート

2019.1.12 デイホーム上馬

年はじめデイホーム「脳が喜ぶ歌の会」、
フルートの徳永有紀さんをお迎えして上馬からスタートしました。

1_20190112205651aac.jpg 2_20190112205652c8a.jpg 3_20190112205652814.jpg
★クリックすると大きな画面でご覧になれます


<プログラム>

プログラム120190112


この季節に関連した歌、そして日本列島の地名にまつわる曲から…
配布シートの1ページ

プログラム220190112

なるべくオリジナルに近いオケ伴奏を、フルートとピアノでパートを割りふり。
単純にメロディをなぞるだけでなく、伴奏の音が厚くなると、やはり歌いやすいようですね。


◆今月の予定

19日(土) デイホーム野沢

 ♪ともしび ♪カチューシャ ♪泉のほとり ♪トロイカ など
   ロシアの楽曲を取り上げるコーナーあり
   
26日(土) 等々力の家デイホーム

 ♪愛の讃歌 ♪バラ色の人生 ♪巴里の空の下セーヌは流れる など
   エディット・ピアフの世界をご紹介
  
 両日共通… F.シナトラの「My Way」
                → 加山雄三さんの世界をご紹介


*ゲスト出演のご協力

このカテゴリーによく登場される、フルートの徳永さんやヴォーカルの藤井さんは、年齢は離れてますが、同じ国立音楽院で学んだ同期です。そのほか、私の知人の音楽関係の方(プロ・アマ問わず)にも、これまでご協力いただいてきました。

交通費程度のボランティアながら、こうした活動にもお力添えいただける方に「音の小部屋」というゆるやかなグループのメンバーになっていただいて、情報交換したり、お声がけさせていただくような形にしていますので、関心のある方は私までご連絡ください。


年賀状あれこれ

2019.1.6(日)

◆年賀状の住所録


去年まで、家族共有のパソコンにもともとインストールされていた「筆ぐるめ」を使ってたのですが、1年経つとなぜか更新データが消えて最初の古いデータに戻ってしまう!
「なんでだよ!」とぶつぶつ言いながら、1年前にもらった賀状の束を見ながら追加・修正を繰り返して出してきました。

昨年末、家のパソコンの調子が悪かったのをきっかけに、郵便局で販売している「はやわざ年賀状」(390円!)を購入。私専用のノート型パソコンで宛先を作り直しました。
そして年も明け、いただいた年賀状で住所・番地を再確認、転居された方の新住所を更新してバックアップも取ってますので、もう大丈夫!

IMG_20190106_150821 (1) IMG_20190106_155133 (1)

エクセル・データで「フィルター」をかけておけば、名前(よみがな)でアイウエオ順に並べることもできますし、住所で検索することも可能。
「ちゃんと住所録を作らなきゃ」と長年思ってきたことが、結果としてできました!


◆年賀状あれこれ


私も学生時代には、木版で手作り賀状(=鉄道シリーズ、多色刷り!)を出していた時期もありますが、社会人になって枚数が100枚を超えてからはさすがに断念。
ペン画を描いてオフセット印刷に出し、出す相手によっては色鉛筆で着色して…という時期もありましたが、最近はそれすらサボって、もっぱらPCに頼ってます。

インターネットがこれだけ普及してすぐに「あけおめ」が送れるので、年賀状はもうやめようか…と何度思ったことか。

今年、遠隔地の遠い親戚でご高齢の方から「平成が終わる今年をもって年賀状をやめます」という、いわゆる年賀状辞退宣言を初めていただきました。ご高齢の方にとって、毎年の年賀状作成はかなりのご負担でしょう。でも、こちらからのご挨拶だけは(先方のご負担にならない形で)続けようと思います。

私の場合、仕事関係よりもほとんどが個人的なつながりなので、現役時代もいまも数に変動はありません。あまりにも疎遠の方とは自然消滅し、新たに出会った方は加え…だいたい一定してます。

よく、仕事で現役を引退するととたんに年賀状が来なくなる…という話を聞きますが、なんか淋しいですよね。仕事だけが人生じゃない、いやむしろ個人的な人とのつながりを大切にしたいですね。

あっという間に1年がたち、「今年こそどこかで飲みましょう」と例年交わしてる相手もいます(笑)。それぐらい年賀状だけでつながっている人もいるので、やはり止められないんです。

年末・年始なにかと忙しい中でも、昨年の賀状を読み返しながら、その方の近況を拝察し、こちらもこの1年を振り返って「いまの私」をはがき1枚の限られたスペースにどう表すか…
そういう時間も大切にしたいと思うのです。

<今年の賀状>
★2019賀状20181225
★クリックすると大きな画面になります


◆出す時期よりも せっかく出すなら内容


年の瀬がせまってくると「ああ、年賀状書かなきゃ」と焦りますが、必ずしも郵便局が推奨する「12月〇〇日まで」に出さなきゃと思う必要はありません。

江戸時代には、新年のご挨拶に行けない人に書状を送るのが年賀状のはじまり。だから、正月明けてから書いて出すのも本来の意味としてはいいわけです。私も過去にそんな年も多々ありました。

それよりも私がこだわるのは、「こちらの近況を伝える」こと!
それこそ「年賀状だけでつながっている人」に対して、既成のはがきに「どうしてますか?」とひと言だけ書いてくる人がいますが、いかがなものでしょうか?(笑)
こっちは例年、こちらの近況が分かるように紙面を作って伝えてるんだから、そっちの近況も何かひとこと書いてきてくれよと。住所が変わった場合なども、ひとこと欲しいですね。

子どもが生まれ、成長していく過程において、わが子の写真が年賀状になる…はい、私もやりましたが、娘が成長するにつれ、ネットなどでも「私の顔をお父さんの知り合いにばらすのはやめて」と言われるようになり…
たしかに家族ぐるみで付き合いのある相手ならともかく、私だけの知人に対して「子どもの画像=私の近況」でもないですね。
いまでは家族それぞれが自分の年賀状を作って出してます。

あと、年賀状だけでつながってる相手に「旧年中はお世話になりました」はどうなのかとも思います。
でも実際お目にかかってお世話になっている方にもお出しするので、私もこの文面は入れ、「皆様のご多幸をお祈り申し上げます」を併記しています。あとその人に一言添えたいこと・お尋ねしたいことは余白に…

せっかく手間暇かけて年賀状を出すのなら、自分なりのスタイルで、相手に何か伝わるものにしたいなと思います。


謹賀新年 2019(平成31年)

★2019賀状20181225

年内最後のデイホーム上馬

2018.12.28

暮れも押し迫り、年内最後のデイホーム上馬にお邪魔してきました。

わが家のピアノの調律師さんをご紹介して、ここデイホーム上馬のアップライトピアノも調律していただいたのですが、今月の土曜日はあいにくスケジュールが合わず、年内は無理かと思っていたのですが、急きょお邪魔することに!

1 2


♪お正月
…「もういくつ寝ると お正月~」 
はい、お正月が明けてしまったらもう歌えません。クリスマスを過ぎて年内1週間だけが賞味期限の歌です。

そして今日のお題は…

「あの名曲誕生に隠れたエピソード」
皆さんよくご存じの曲を中心に、私が以前調べてストックしてあった資料をもとに構成しました。

3

♪愛の讃歌…10月に候補曲にあげつつ、時間の都合で取り上げなかった曲。

越路吹雪さんの歌で有名な♪「あなたの燃える手で 私を抱きしめて」…で始まる歌詞(=岩谷時子訳)で皆さんに歌っていただいたあと、エディット・ピアフ自身の詞を美輪明宏さんが訳したものを司会担当の職員の方に朗読していただきました(…ピアノはうすくBGM風に)。

6

E・ピアフの波乱に満ちた生涯・恋、そして歌…

<資料>
E・ピアフ120181228  E・ピアフ220181228
★クリックすると大きな画像でご覧になれます


1847年、E・ピアフが32歳のとき、ボクサーのマルセル・セルダンと熱い恋におち、翌年彼はミドル級世界チャンピオンに輝きます。そんな幸せの絶頂にあったピアフが、ニューヨークの「ヴェルサイユ」というクラブで彼のためにこの「愛の讃歌」を歌おうという時…
ニューヨークに向かっていたセルダンの乗った飛行機がアゾレア諸島に墜落、彼は帰らぬ人となります。

波乱に満ちたE・ピアフの48年の生涯を追いながら、♪ラ・ヴィアン・ローズ(バラ色の人生)、♪パリの空の下…を紹介。

つづいて、熟年男性に大人気のこの1曲

♪My Way

これも、日本語で♪「今 船出が 近づく この街に…」ではじまる布施明さんの歌詞(=中島潤 訳)でまず歌っていただきました。

もとの英語の歌詞の内容は…

「もう俺の人生は終わった」などと愚痴をこぼしていたフランク・シナトラのために、歳の離れた親友ポール・アンカが作詞したもの。曲はフランスの作曲家の作品で、べつの曲のB面に収められていたもの。その権利を譲り受け、歌詞をつけたのです。
コンサートで訪れていたニューヨークのホテルで、P・アンカがタイプライターに向かって一晩で書き上げた詞。それは…

「私は、自分の道を歩いてきた。後悔も少しはしたが、いまあらためて悔やむことはない…」、わが人生に悔いなしといった内容。この歌が大ヒット(1969年~)して、F・シナトラの名がふたたび世界に。

この歌に感化された日本の歌手が、加山雄三さん(←かつてご自身が話されていたエピソード)。


♪君といつまでも(1965年)
♪旅人よ(1966年)
♪海 その愛(1975年)

「海 その愛」は、「スケールの大きな曲を!」と作詞家の岩谷時子さんに依頼し、加山さんみずから(ペンネーム:弾厚作)が作曲。
この3曲、加山雄三ファンという男性職員H氏にマイクを持って歌っていただきました!

そしてラストは、私の会の定番ソング…

♪見上げてごらん夜の星を


4 5

この秋からお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。
みなさんお元気に、よい年を!


4人のティンパニ奏者に聞く

2018.12.26 

日本打楽器協会の季刊誌「だらく会」に、座談会「歴代のティンパニ奏者に聞く」につづく第二弾、「4人のティンパニ奏者に聞く」が掲載されました。

昨年のちょうど今ごろ、暮れもおしせまってから理事長の百瀬和紀先生(元N響の首席ティンパニ奏者・私の学生時代からの師匠です)のお宅に歴代のティンパニ奏者が集まりました。座談会形式で、私がなんと「聞き手」の大役を仰せつかりました。

今回はそれに続く第二弾ですが、現役の皆さんのご都合がなかなか合わないということで、アンケート形式によるヒアリングを行い、百瀬先生が原稿をまとめてくださいました。「聞き手」の私のこともご紹介くださっています。

0_20181226103510386.jpg 1 2 3
★クリックすると大きな画面でご覧になれます


こちらは今年の新年号

◆歴代のティンパニ奏者に聞く

120181226 220181226 320181226 420181226 520181226 620181226
★クリックすると大きな画面でご覧になれます

座談会の様子は、こちらの記事にもアップしています。
→ ティンパニのお歴々の集い


★なお、記事をここに掲載させていただくことについては、協会理事長の百瀬和紀氏からご快諾いただいております。

季刊誌「だらく会」は日本打楽器協会の会員向けの冊子ですが、楽器店や学校などにも配布・公開されており、音楽を愛好する方などに広く告知されています。
むしろ打楽器協会としては、今後はHP的なものも含めて、打楽器に関するあれこれを広くオープンにして、告知・情報交換できればと。その趣旨に沿って、私の個人ブログにもご紹介させていただいた次第です。


クリスマスに向けて

2018.12月

2018年も師走となりました。今月のデイホームは「クリスマスに向けて」と題して、こんなプログラムを予定しています(各デイホーム共通)。


(クリスマスの讃美歌より)
 ♪もろびとこぞりて
 ♪きよしこの夜


(お話し 1)
 *サンタさんって誰?、本当にいるの?
 *せめて私にできることを…

<フルート演奏>
 ♪A Dream Is A Wish Your Hert Makes
 
   夢はあなたの心の願い W.ディズニー「シンデレラ」より

(お話し 2)
 *Dream comes true(夢が叶う)って?
 *私の夢…「音楽の力」で「せめて私にできることを」

 ♪星に願いを (W.ディズニー ピノキオより)
 ♪White Christmas(ホワイトクリスマス)

 ♪シクラメンのかほり
 …リクエストのあったデイホームにて
 ♪見上げてごらん夜の星を


今回ちょっと曲数が少なめですが、私がなぜデイホームで音楽の会を持たせていただくようになったのか?私と音楽との出逢いについて…まだきちんと皆さんに自己紹介してなかったので、クリスマスに絡めて少しお話しさせていただきます。


なぜクリスマスにサンタさん?

2010年のクリスマス、上の娘は中学生になっていましたが、まだサンタさんを信じていました。
クリスマスは、キリスト教の祝日、救い主イエス・キリストの誕生日ですね。
でも聖書にはトナカイもサンタも登場しません。煙突から入ってくるあの人はだれ…?

その昔、子どもたちがみな幸せなクリスマスを迎えられることを願って、プレゼントを配ったサンタさんがいたんでしょう。いや、今でもきっといると私は信じてます。

サンタ村への便り

サンタさんのふるさとフィンランドには「サンタ村郵便局」があって、1年を通して世界の子どもたちから手紙が届くそうです。
日本の子どもたちからも手紙が届くそうで、「2学期の勉強がんばるので、ゲームをください」なんて手紙が届くのかと思いきや…
「世界の子どもたちが平和で幸せなクリスマスを送れますように」と、手紙に「せめて私にできることを」と、お小遣いが添えられていることもあるとか。素晴らしいですね!

santa-letter6-300x204_20181203175232d2f.jpg サンタ村郵便局


◆せめて自分にできることを


2011年明けて、「直人さん」を名乗って施設の子どもたちにランドセルを贈る「タイガーマスク運動」が話題になりました。運動は全国に広がり、「ランドセルを贈るほどお金はないけど、せめて自分にできることを」とメッセージを添えて文房具やお菓子をそっと置いていく人も…「ほらね、やっぱりサンタさんは本当にいた!」

そして間もなく、あの東日本大震災が…
津波が襲った被災地の避難所で、両親の行方も分かっていない中学生たちが「命あることに感謝しましょう」と模造紙に大きく書いて壁に張り出し、お年寄りたちを励ましたとのニュース。インタビューのマイクに向かって中学生は「じっとしてても落ち着かない。せめて自分にできることを」と… 

短期間にたて続けに耳にしたこの言葉、私の中でもキイワードとなりました。


<フルート演奏>
♪A Dream Is A Wish Your Hert Makes
 
   夢はあなたの心の願い W.ディズニー「シンデレラ」より

W.ディズニーの♪「夢はあなたの心の願い」(シンデレラ)、♪「いつか王子様が」(白雪姫)、♪「星に願いを」(ピノキオ)…これらの曲に共通するキイワードは?

◆Dream comes true=夢が本当にやって来る!(夢が叶う)

若者に「あなたの夢は?」と尋ねるとどんな答えが返ってくるでしょう?
「今年中に車の免許を取りたい」、「英検1級に合格して留学したい」…それって自分で努力して頑張れば実現できること=「目標」ですよね。

そうじゃなくて、「夢」っていうのは、自分の力だけでは叶わないこと、幸運によってもたらされるもの。…じゃ、「宝くじで7億円当たったらいいな」「素敵な彼女ができたらいいな」…??
ただ棚ぼた式に口を開けて待っているだけでは「夢」じゃありません!

*いまの自分にできることは一生懸命やり続けている。ただ、ひたすら頑張るだけじゃなく、その先になにか、自分の力だけでは不可能だけど「こんなチャンスが訪れて実現できたら素晴らしいな」と思い描くこと…それが「夢」だと私は思います。

出逢い・チャンスが訪れたとき「はい、私がやります!」と受けて立てるかどうか、訪れたチャンスを捕まえることができるかどうか。こちらに何の受け皿もなかったら、チャンスは素通りしていってしまうでしょう。


◆私の長年の音楽の夢…

学生時代~社会人になってからもアマチュアオーケストラ活動を続け、ずっと夢だったことがあります。それは「プロの演奏家と一緒のステージで演奏できたら」!
プロの演奏はずっと客席で聴くだけでした。個人レッスンで先生の音を間近で聴く機会はあっても、オーケストラというアンサンブルの現場で、一緒に音楽を奏でられたら…と。

その夢は2005年に叶いました!

その前に、下の娘が生まれる時、毎週日曜ごとに練習するアマチュアオーケストラの活動をいったん辞める決意をしました。「音楽を完全に辞めたわけじゃない」と自分に言いきかせつつも、電車などで楽器ケースを持った人を見かけると、自分の青春は遠く過ぎ去ってしまったような寂しさも…。
しかしその時間も、夢を叶える前に必要なプロセスだったように今では思います。

毎週のノルマのような活動を休止してほぼ1年後の2005年、世界的な指揮者・小林研一郎先生の奥様から、白馬で開催されていた冬季五輪につづくスペシャルオリンピックスの閉会式で、障がいのあるアスリートたちに捧げるコンサートに参加しませんか、とのお誘い。

プロ・アマチュアの区別なく「音楽の力」で何かできることを…という志のある人たちが行事の時だけ集まって、わずかの練習だけで最高レベルの演奏をする…「コバケンとその仲間たちオーケストラ」との鳥肌の立つような出逢いでした。
「長崎・被ばく60年メモリアルコンサート」をはじめ、熊本、福島、山形などスペシャルオリンピックスを支援するチャリティコンサートに毎年参加。

2010年、NHK厚生文化事業団が50周年を迎えるにあたり、「身内のパーティをやってもしょうがない。障がいのある人たちと一緒にオーケストラができたら…」という当時の理事長の夢を、私が「コバケンとその仲間たち」に参加していることをご存じの合唱団の人が伝えてくださり、私からコバケン先生の奥様をその理事長にご紹介させていただく機会に恵まれました。

障がいのあるメンバーをオーケストラの各パート内に迎え入れ、半年かけて一緒に音楽を作り上げ、「こころコンサート」が2010年3月にNHKホールで実現!

打楽器パートにも自閉症の少女2人、光のない和太鼓奏者、発達障がいのある男性らが加わりました。私にとって、そういう方たちと音楽を作り上げるのは初めての経験。
最初はとまどいもありましたが、やってみれば「音楽の力」は素晴らしい、信じれば「絶対にできる!」と確信したのです。

こころコンサート20181203 ★クリックすると多くな画面でご覧になれます

その様子はドキュメント番組にもなってBSプレミアムで世界に、またEテレ「福祉ネットワーク」で3回のシリーズで紹介されました。


◆「音楽の力」 で 「せめて私にできることを!」

東日本大震災のあと各地で演奏し、仮設住宅の方が楽屋にお菓子を差し入れてくださったり、終演後に客席が総立ちになって「ブラボー」ではなく「ありがとう」の声援!
ステージにいながら胸が熱くなります。ただ好きだから演奏したいだけじゃなく「音楽の力」で「せめて私にできることを」という思いがしだいに大きくなっていきました。

天心の譜20181203 コバケンとその仲間たちの活動がドキュメント映画に

2013年度から、勤め帰りに音楽学校に通い「音楽療法」を学ぶことに。
50台半ばを過ぎてから3年間の学生生活を修了し、2016年、セカンドルームのすぐ近くに見つけたデイホームに飛び込んだのがきっかけで、こうしてデイホームで音楽の会を持たせていただけることになったのです。本気で夢見たことはいつかは叶うんですね!



冒険家の三浦雄一郎さんは、86歳というご高齢で心臓のアブレーション(不整脈の治療)を何度も受けながら、世界の最高峰への挑戦を続けておられます。
そこまで大きなことは誰にもできることではありませんが、「せめて自分にできることを」…人間、何歳になっても「夢」を持ち続けられたら素晴らしいですね。


★8日(土) デイホーム野沢
1_20181208174348033.jpg 2_20181208174349406.jpg
*ご本人の承諾を得て画像アップしています

歌のプロとして活躍されていたS氏に「White Christmas」を英語で歌っていただきました! 
F.シナトラのような甘く美しい歌声に、フルートの徳永さんも皆さんもうっとり…

S氏には、土曜日のこの会以外の場で、映画「慕情」のテーマ音楽(歌:マット・モンロー)を、私の伴奏で熱唱していただいたこともあります。また機会を見つけてご一緒ください。


★22日(土) 等々力の家デイホーム


今年の納めはこちら等々力にて、デイホーム野沢に引き続き、フルートの徳永有紀さんとともに。

1_2018122219583476b.jpg 2_20181222195834af9.jpg 3_201812221958355e4.jpg 7b_201812222017578e2.jpg
★クリックすると大きな画像でご覧いただけます(以下同じ)

デイホーム野沢につづいて、クリスマスにまつわる曲の合間に、
「サンタさんって誰?」「せめて私にできることを」…そして「夢が叶うとは?」
そんなお話しに関連して、私がなぜこうしてデイホームにお邪魔するようになったかをお話しさせていただきました。
4_201812221958361c6.jpg 4a_20181223213631526.jpg 5_2018122219583639b.jpg 6 - コピー 7_2018122220000272b.jpg 

アカペラをやられていたTさんに♪「きよしこの夜」をご一緒していただきました。
9b_20181223214136a85.jpg 8_2018122321435487b.jpg
*ご本人の承諾をいただいて掲載しています

会の終了後、アンコールでリクエストいただいた♪「愛の讃歌」
9_20181222200003449.jpg
このアップライトピアノ、型番から推定年齢60歳ぐらい。
9月にお邪魔してから4回ほどお世話になりましたが、調律・メカニックなどの限界(費用面)もあり、近々デジタル・ピアノへのリニューアルもご相談を受けています。
もしかすると、これが弾き納めになるかも…

2年前からお邪魔してきたデイホーム野沢から7月に等々力に異動された山根さんのお誘いで、ここ等々力にもお邪魔するようになりました。ご縁に感謝です。
10_20181222200004499.jpg 

歌をご一緒くださったTさんを囲んで…
11_20181222200004e2e.jpg 12_20181222200005afc.jpg
Merry Christmas!
そして良い年をお迎えください。


そもそも「経済」って何?

2018.12.2(日)


そもそも「経済」とは…?

私は学生時代に法律を専攻してましたが、友人に経済学部の人がいて、自分の学んでいる「経済学」こそが文系の頂点にいて、「経済」が世の中を動かしてるんだ、という価値観をお持ちでした。
それは違うだろうと、私も何度も論戦しました。

学生当時、私の言いたいことをうまく論理的に表現できませんでしたが、いまにして思うと…
「経済」とは、お金の流れから人の行動・心理、社会のしくみ、ひいては社会政策について考察する学問じゃないかと私はとらえます。

ところが、その友人もまさにそうでしたが、「経済」のセオリーが、世の中のお金の流れを生み出しているんだ、ととらえている方が多いんじゃないでしょうか?


あらゆる出来事が「経済」に反映?

そういう見方をすると、公定歩合の引き上げ(下げ)・金融緩和といった政策から、国内外の企業の動向(合併・統合、新部門への進出などなど)、さらには総理・大統領・企業のトップなど影響力の大きい人が何か発するひとことによって企業の株価・為替が変動する、という風に映るでしょう。

「風が吹けば桶屋が儲かる」の喩えが折り重なり、さまざまな要素が絡むわけですが、結局「株価はどうなる?」「景気はどうなる?」…そっちに主眼が行くんですね。

「お金の流れから人間や社会を研究するのが経済という学問」という私の認識とはまったく逆で、世の中のもろもろの動きから「お金の流れがどうなるか?」「儲かるか・損するか」に関心が行く。いわゆるマネーゲームです。

たとえば今回のゴーン元会長の逮捕によって、関連する自動車会社の株が一気に暴落してますよね。
なにかの出来事に反応して株が売られたり買われたり、まるで企業を馬に喩えたレースの予想みたいなもんです。

このように投資家たちの不安、落胆の一喜一憂が数字になって表れたもの、それが「経済」なんでしょうか?
また、そうした目先の不安や落胆で売ったり買ったり…それが本当の意味で「投資」なんでしょうか?


◆本当の「投資」とは?

投資っていうのは、ある企業の業績や精神を気に入って、その企業に頑張ってもらうために資金を提供し、応援して支えること、ですよね。

その企業の株を多数保有するということは、その企業の経営にも関心をもち、その企業がピンチの時こそ「応援」するんじゃないんですか?

なんらかの出来事や発言によって、先行きが不安になる、評判が落ちる、すると「やばい」とばかりに慌てて売る…そんな予想屋さんたちの「マネーゲーム」が「投資」なんでしょうか?

私にもしいま金銭的な余裕があるなら、いままさに日産の株を買っておきますけどね。このまま日産という会社がダメになってしまうわけでもないでしょうに(笑)
もし私がマネーゲームに手をだすとしたら、逆の発想で裏を突きますけどね(笑)


◆知識・情報よりも「考える力」を

まだまだ例を挙げればきりがありませんが、私はブログ内にこの「本当の豊かさとは?」というカテゴリーを設けて、すでに5年以上、ことあるごとに「経済ってなんだろう」という思いをつづってきました。

私が社会的なテーマの中でたまに「毎朝電車で経済新聞を無表情に眺めている熟年層の男性でさえ…」といった表現をさせていただくことがあります。
べつに特定の新聞をけなすつもりも、私と同年代の熟年層を卑下するつもりも毛頭ありません。
真面目な「経済」に目を通し、それなりにお堅いお仕事で人生経験を重ねてこられた(はずの)方なのに…という文脈です。

要は、知識や情報よりも、人として社会の一員として当たり前のことを「考える」ことの大切さなんです。
よかったら、この記事を含むカテゴリー「★豊かさとは…?」内の記事をさかのぼってご覧ください。

20110807192712372s_20181202125425584.jpg 2009年元旦の「年越し派遣村」
 

デイホームにアンデスの響き & ピアノ調律

2018.12.1(土)


◆等々力のデイホームに アンデスの響き


私のお邪魔している等々力の家デイホームから、デジタルピアノ購入のご相談を受け、午後打合せに行ってきました。

14時からのお楽しみプログラム、今日はアンデス音楽(フォルクローレ)のコンサートを聴かせていただきました。

13_20181202000840259.jpg 11_20181202000839001.jpg 12_201812020008405c0.jpg

このグループ、世田谷区を中心に活動されていて、結成のルーツは…?

子どもを保育園に預けていて土曜日にお昼寝用のシーツを取り換えに行くときに顔を合わせていた、いわゆるパパ友たち。それまでに音楽経験のある人もない人も、フォルクローレがご縁による絆で誕生。

子どもたちはすでに成人し、パパ友によるアンデスの響きも20年以上続いているとか。素晴らしい!!

ただ、皆さん仕事もあってメンバー全員揃う機会もままならず、ここ等々力デイホームへの訪問演奏は年に1~2回目とのこと。


◆わが家のピアノ、1年半ぶりに調律!

3_20181202000631426.jpg

夕方からかみさんと上の娘は、高校の同窓会へ。
そのタイミングに合わせて、調律の予約を入れてあったのです。

1_201812020006303cb.jpg 2_2018120200063113b.jpg

ショコラ(5歳)は、調律の音で心地よいで眠りに誘われて…
そういえば、私も子どものころ、調律の音に眠気を誘われたものです。

一方マロン(1歳半)は、わが家にやってきて初めての調律。
ケージに入れられ、なぜか高音に反応して声を発していました。

日の出・日の入り

2018.11.30(金)

きょうで11月が終わり、今年も残すところあと1か月!
その割には暖かい1日でした。三軒茶屋キャロットタワーからの日没直後の風景です。

日没c

けさ、テレビに「JR山手線 内・外回り運転見合わせ」とテロップが出ていたので、早めに出発。
架線点検のためストップ。6時ごろ運転再開したようで、ダイヤは乱れていたものの、無事に新宿から三鷹へ向かう電車にはいつもより早く乗り継げました。

けさの東京の日の出は6:30、東中野あたりから、朝日の新宿高層ビル群。

朝陽

一方、日の入りは、きのう(11月29日)から12月13日までの2週間が、1年でもっとも日没時刻が早く、東京の日の入りは16:28
三軒茶屋のキャロットタワー26階展望デッキより。

日没a  日没b  日没c

ここキャロットタワーから見て、ちょうど富士山の山頂に陽が落ちる「ダイヤモンド富士」は、11月のはじめと2月のはじめ。
もうその時期を約1か月過ぎてしまってるので、今日の日没は富士山よりだいぶ左(南)寄りでした。
おととしの11月、ここキャロットタワーから初めてダイヤモンド富士をとらえた画像はこちらにアップしてます。
→ 生まれて初めて見たダイヤモンド富士



冬至を過ぎると、日没時刻は毎日約1分ずつ遅く(=日が長く)なっていきます。
一方、日の出の時刻は、年明けの1月2日~13日がもっとも遅く、東京の日の出は6:51
朝家を出るときもまだ真っ暗な季節がやがてやってきます。

今年、関東では「木枯らし1号」は吹かなかったようで、平年より暖かい師走の入りとなりますが、寒気が活発になる時期、急な冷え込みには要注意ですね。


*木枯らし1号=晩秋から初冬(10月半ば~11月末)までの間に吹く、風速8m以上の北風。



忙中 閑あり 平日午後の井の頭公園

2018.11.26(火)

思いのほか午後早々に仕事が終わり、渋谷に夕方までに行けばよい用事まで時間があったので、平日にも関わらず三鷹から一駅、吉祥寺で下車して遅めの昼食をとりがてら井の頭恩賜公園に行ってきました。

このところ関東も冷え込む日も増えましたが、今日は小春日和で日中の気温は19度、紅葉を見るには絶好の日でした!

 1b_20181127192917c9c.jpg 1a_20181127192916613.jpg

紅葉を鑑賞するには、やはり下から!
2a_2018112719291993c.jpg 2b_20181127192921649.jpg
逆光になりますが、光が葉を通過してきてステンドグラス状態に。上の順光で撮ったのと同じ樹です。
黄緑~黄色~オレンジ~赤 のグラデーション!
2c_20181127192923910.jpg

この夏には、池の水を抜いて大々的に清掃が行われていました。
1c_20181127192918a4a.jpg

橋からすぐ、ボートのりばの前にカワウの姿がありました。
3a_2018112719332231d.jpg 3b_2018112719332352c.jpg

こちらは、針葉樹なのに黄色く美しく、なにやら大きな実が…
4a_2018112719332469e.jpg 4b_20181127193325107.jpg 4c_20181127193326375.jpg

公園の植栽の職員らしき人にこの木の名前を尋ねたら、ポンドサイプレス(たちらくうしょう 立落羽松)だそうです。
ググってみると…「アメリカ南東部の沼地や湖畔を原産とする」、「明治時代に日本へ渡来し、植物園や大きな公園で見ることができるものの、メタセコイアやラクウショウほどは普及していない」とのこと。


5年前もこの時期に…

過去のブログ記事を検索したら、勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びはじめた2013年、やはり11月のこの時期に、井の頭公園を訪れていました。
もう5年も前になるのか…
→ 残照と金星

ちなみに今年この時期、金星は「明けの明星」になっていて、日没後の西の空にはいません。

深まりゆく秋 in デイホーム等々力

11月24日(土)14:00~ in 等々力の家デイホーム 
~深まる秋 心に沁みる抒情歌~

11月も第4土曜、今月最後の「脳が喜ぶ歌の会」は等々力の家デイホームにて

フルートの徳永有紀さんを、等々力には初めてゲストにお迎えして、メロディを重ねていただきました。
急に決まったので事前の練習時間は取れず、事前メールでのやりとり、30分前に控室で軽く打合せしただけですが、国立音楽院で一緒に学び、デイホーム野沢でもよくご一緒してるだけに、「音」を感じていただいて…

2a_2018112419253854b.jpg 2b_2018112419253988e.jpg 2c_20181124192540faf.jpg 4a 

<プログラム>

♪ゴンドラの唄 (♪命みじかし 恋せよおとめ~)
♪忘れな草をあなたに (倍賞千恵子、菅原洋一 ほか)
♪旅 愁 (♪更け行く秋の夜 旅の空の~  作曲:ジョン・P・オードウェイ)
♪秋 桜(こすもす) (山口百恵・さだまさし)
♪いい日旅立ち・西へ (鬼束ちひろ・谷村新司)
♪時 代  (中島みゆき)
♪学生時代 (ペギー葉山)

♪霧の摩周湖 (布施明) …10/24にリクエストいただき
♪枯 葉 (シャンソン) …10/24に続いてもう一度


あと、今日のもうひとつの隠しテーマは、「響きの移ろい(コード進行)」
私のこの「脳が喜ぶ歌の会」ではひそかなマイブームともなっている例のネタを、ここ等々力でもご紹介しました。
同じコード進行のまったく別の曲が、空耳よりはっきり聞こえる、音楽のおやじギャグ…!

1a 4b

♪「学生時代」の各フレーズに同じコード進行の「ウナセラディ東京」「海辺の町へ」「ドナドナ」「トロイカ」…

また♪「枯葉」のコード進行と言ってもよい、5度下へ5度下へと移っていくコード進行に乗せて、「白い恋人たち(フランシス・レイ)」・「別れの朝(布施明)」・「さよならをするために(ビリーバンバン)」・「駅(竹内まりあ)」・「グッバイデイ(来生たかお)」・「冬のソナタ」…

おしゃべりも含めて、あっという間の1時間でした。

10 11

次回、ここ等々力の家デイホームは12月22日(土)の予定です。もうクリスマス直前ですね!
音楽好きでこの会を楽しみにしてくださっている利用者のみなさん、今後ともよろしくお願いいたします。

今日わたしは弦巻の自宅から自転車で等々力へ、徳永さんは下馬から自転車で…
帰りに、駒沢通り沿いに発見したキャトル(柿の木坂店)で、久しぶりにケーキをいただきながら今後の音楽について談義…

都営大江戸線はリニアモーター

2018.11.21

2000年に開業した都営地下鉄大江戸線。あれがリニアモーターカーだということ、意外と知られてないようですね。

kachidoki2012_2s.jpg

「え~、嘘だ~、だって浮き上がってないし、ちゃんとレールの上を走ってるよ、だいたいそんな高速じゃないし…」というのが一般の方の反応ではないでしょうか?

はい、JR(国鉄時代から)が開発してきたリニアモーターカーは浮上式のもの。あの姿からリニアモーターカー=磁気で浮き上がって高速で走るもの、というイメージが強いのでしょう。


リニアモーター(=直線のモーター)

リニアモーターカーは、磁気で浮上するかどうかが問題ではなく、推進するためのしくみ、つまり「直線に伸びたモーター」という意味なんです。

mtfig09.jpg

普通のモーターは、回転軸にコイルが取り付けられ、集電ブラシが半回転するごとにコイルの極性(+・-)が入れ替わり、外側の永久磁石と反発したり引き合ったりすることで「回転」という運動をおこします。

余談ながら、装置としては「発電機」と同じです。何らかの力で「回転」させることで、永久磁石の前を通過するコイルに「電流」を発生させるのが「発電機」、逆に「電気」を流すことによって「回転」運動を起こすのが「モーター」ですね。

鉄道車両でも、電車は架線から取った電気でモーターを回し、その回転を車輪に伝えて走ります。ところが、リニアモーターカーは、車両に回転するモーターがありません。

その代わり、レールとレールの間になにかありますね!

04b.jpg

kachidoki2012_3s.jpg

じつはこれが磁気を伝える「リアクションプレート」というもの。車両側の磁石と反発・引き寄せる力で推進するのです。

*画像はサイト検索したものを拝借しています。


◆架線とパンタグラフがあるけど…?

動力装置はリニアモーターですが、前照灯・室内灯・アナウンスの音響など電気は必要ですから…
それに、電気がなければ電磁石もできませんね。

東京都交通局の馬込車両検修場など、リアクションプレートのないところでは自走することができませんので、専用の牽引機にひかれて移動するそうです。時間があれば見に行ってみたいところ。


全国の地下鉄にもリニアはこんなにあった!

大阪、横浜、仙台、神戸、福岡など、各都市の地下鉄にも、リニアモーターはこんなに普及しているんですね。
あらたに建設される地下鉄は地下の深いところに建設されます。またそれまでにないルートを通すため、所によっては急カーブとなることも。
リニアモーターでは、トンネルの内径を小さくできる、急カーブに強いといった利点があることも普及の理由だそうです。


1988年
 「リニアメトロ」の実用化を実証(昭和63年3月)
 大阪市営地下鉄鶴見緑地線に「リニアメトロ」採用決定(昭和63年9月)
 東京都営地下鉄12号線に「リニアメトロ」採用決定(昭和63年12月)
1990年
 大阪市営地下鉄鶴見緑地線・京橋~鶴見緑地間開業(平成2年3月)
1991年
 東京都営地下鉄12号線・練馬~光が丘間開業(平成3年12月)
1993年
 神戸市営地下鉄海岸線に「リニアメトロ」採用決定(平成5年4月)
1994年
 福岡市地下鉄3号線に「リニアメトロ」採用決定(平成6年1月)
1996年
 横浜市営地下鉄4号線に「リニアメトロ」採用決定(平成8年3月)
 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線・心斎橋~京橋間開業(平成8年12月)
1997年
 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線・大正~心斎橋間および鶴見緑地~門真南間開業(平成9年8月)
 東京都営地下鉄12号線・新宿~練馬間開業(平成9年12月)
2000年
 東京都営地下鉄大江戸線・新宿~国立競技場間開業(平成12年4月)
 都庁前~国立競技場間開業(平成12年12月)
2001年
 神戸市営地下鉄海岸線・新長田~三宮・花時計前間開業(平成13年7月)
2005年
 福岡市地下鉄七隈線・橋本~天神南間開業(平成17年2月)
2006年
 大阪市営地下鉄今里筋線・井高野~今里間開業(平成18年12月)
2008年
 横浜市営地下鉄グリーンライン・日吉~中山間開業(平成20年3月)
2015年
 仙台市地下鉄東西線・八木山動物公園~荒井間(平成27年12月)


ベートーヴェン ピアノソナタ「月光」(1楽章)

2018.11.20 

あまりにも有名なピアノの名曲中の名曲、ベートーヴェンピアノソナタ「月光」の1楽章です。
デイホームでクラシック好きな方からリクエストをいただいたので、久しぶりに楽譜を開いて弾いてみました。
…あらためて、奥の深い曲ですね!

1全体

私がこの曲をはじめて弾いたのは、中学2年のときでした。
そのころテレビCM(=日立「サンラインエース」という蛍光灯のCM、「ゲーテいわく、もっと光を」…)のバックにこの曲の冒頭が使われていて、母に楽譜を出してもらって弾いたのが最初です。

途中何か所か、右手で1オクターブより1音広い音をつかまなくてはならないところが出てきますが、それ以外はとくに毎日トレーニングしなきゃ弾けないような超絶技巧も出てこないし、淡々と音を並べるだけならさほど難易度は高くないと思ってました。
受験のころ、ふと音が恋しくなったときなどに「息抜き」に弾くにもちょうどよく…(笑)

思えばあれから〇十年、青春時代、オーケストラ活動、社会人となり、父親となり…
還暦を過ぎた今、あらためてこの曲と向き合ってみると、1音1音の意味、重さ、揺らぎ、右手の強弱と左手の強弱のバランス…

いやいや、じつに奥深い曲だったんだな、と思います。ベートーヴェンさま、申し訳ありませんでした!


ベートーヴェンが30歳の時の作品

この曲が書かれたのは、ベートーヴェンが30歳の時。同じ年に最初の交響曲1番を書いています。
そのころベートーヴェンは、自分の年齢の半分ほどの16歳の少女に恋をしていたそうですね。

ふつう1楽章の出だしはゆっくりでも、あるところから速いアレグロになってテーマが展開するパターンが多いですが、この曲の1楽章ははじめから終わりまでずっとゆったりとしたまま。

コード(響き)の変化がとても色彩豊かで、本人は「幻想的なソナタ」と呼んでいたのですが、のちに「まるで湖面に映る月の光のようだ」と音楽評論家(友人?)が言ったことから「月光ソナタ」と呼ばれるようになりました。


◆あらためてコピー譜に…

どんなテンポで弾くか、強弱の波をどう作るか、テンポの揺らぎをどこに持ってくるか…それは当然人それぞれの解釈があるでしょう。
オーケストラの曲でもそうですが、今の自分の感性であまりあれこれ楽譜に書き込んでしまうと、後になって「なんて馬鹿な解釈してたんだ」と思ったり、新たにその時の新鮮な解釈をするのの邪魔になります。

亡き母から譲り受けた「ベートーヴェンピアノ曲集」から縮小コピーして、そこに今の私なりに感じるアーティキュレーションを最小限えんぴつで書いてみました。

先ほど書いた、右手でオクターブより1音広い音が出てくる場面、どのピアニストだったか忘れましたが、上の音を左手をクロスさせて押しているのを見て驚いた記憶があります。
たしかに左手はタイ(=前の音をそのまま伸ばしている)なので、ペダルをうまく使ってやれば、右手を広げて肝心な小指の音が弱くなったり、下手すれば外すよりは、左手でしっかり弾いた方がいい音になるので、マネしてみることに。

2左手

あと、中盤あたりでずっと属音のベース音(=この曲はC#マイナーなのでⅤのG#)の響きがずっと左手に14小節間も続くところがあります。「音の小部屋」でもしばしば例としてこの箇所を出しますが、Ⅰの「C#」に引き戻す5度の引力です。
3属音の響き

この14小節間の右手の動きをどう追いかけるか?
どこに頂点を感じるか、よどみなく前のめりに進んでいくところと、一瞬よどむところとの緩急をどうつくるか…?、じつは私がこの1楽章の中でいちばん好きな場面です。

曲の後半にも、いくつもの緩急の山が織りなされています。

織りなす山

クレッシェンドしていって、あるところで急にピアノ(弱音)に落とすというやり方もあるし、必ずしも楽譜上に書かれている「p」の所ではまだ音は弱めずに、次の谷に向かってデクレシェンドした方がいいんじゃないか、と思えるところも。
あと、右手の<>(強弱)と左手の<>の山は必ずしも同時ではない方が良いところも…
(右手が大きな山に向かってクレッシェンドし、低音が後を追いかけるなど)

曲全体が決して大きな音でない中で、こうした緩急をいかに効かせるか!
1音1音に意味があり、重みがあり、表情があり…決して淡々と音を並べればいい安易な曲ではなかったのです。


テレサ・テンの世界Part2 in 野沢

2018.11.17 in デイホーム野沢

10月が一回飛んでしまい2か月ふりのデイホーム野沢、おなじみのヴォーカル・藤井淳水さんをお迎えして「テレサ・テンの世界」

1 3

a_20181118170413efe.jpg b_20181118170414e07.jpg

<プログラム>
2

9月に等々力のデイホームでもテレサ・テンを特集しましたが、若干曲目を差し替えて、10月にここ野沢で予定していた「ゴンドラの唄」「忘れな草をあなたに」をはじめにやってからテレサ・テンの世界へ。

♪ゴンドラの唄 1915(大正4)年 作詞:吉井勇、作曲:中山晋平
 
 劇団・芸術座による『その前夜』公演にて劇中歌として歌われました。
 『その前夜』の原作は、ロシアの小説家・ツルゲーネフによる同名の戯曲。

*9月の会のアフターでリクエストいただきました。折しも、樹木希林さんの追悼番組で、最後の出演作となったドイツ映画のワンシーンで希林さんがささやくようにこの歌を口ずさむ場面があり、10月の会でぜひ取り上げる予定でした。

♪忘れな草をあなたに 1963(昭和38)年 作詞:木下龍太郎、作曲:江口浩司

7515.jpg ヴォーチェ・アンジェリカ

1963年に女声コーラス・グループのヴォーチェ・アンジェリカが最初にシングルをリリース。
その後1971年に倍賞千恵子と、菅原洋一によるシングルがそれぞれヒット。その後も多くの歌手に歌われ、叙情歌として広く知られるように。こういう歌もぜひ歌いついでいきたいですね。


<テレサ・テン> ノート

1953年 台湾で生まれる。父親は軍人で三人の兄と弟一人。香港・タイ・マレーシアなどでも知られるアジアの歌姫。日本では1974年、21歳のときに「♪今夜かしら明日かしら」(初デートをどきどき待つ少女の心)でデビューするが、あまりヒットせず。演歌路線に切り替えて、同年「空港」が大ヒット。

テレサ・テンの歌は、歌詞(ことば)が美しい。日本人以上に「美しいことば」を丁寧に歌い上げています。
決して身勝手にではなく、愛する人を一途に愛する想い、相手を思えばこそ自ら身を引く女心、愛する人に残すメッセージ、人としての愛…荒木とよひさ氏の歌詞は、心を打たれるものがあります。

また、男性歌手の歌のカバーでも、見事に主人公を演じきっています。
世代を超えて愛されるのがテレサ・テンの世界です。


cr_teresaten2-gazou2.jpg

♪空港…身を引く女心 「どうぞ帰ってあの人のもとへ 私はひとり去ってゆく」
♪つぐない…自ら身を引く女性、相手への気遣い・想い
♪愛人…たとえ一緒に街を歩けなくても…。中国語では「愛する人(アイレン)」

♪時の流れに身をまかせ…
もしもあなたと逢わずにいたら私は何をしてたでしょう
♪別れの予感 …あなたをこれ以上愛するなんて 私にはできない(=最上級の愛)
♪香港…星屑を蒔いたような地上の灯りごとに、夢を追いかける人生がある。
いつの日か旅立つならば傍に愛する人、心だけが帰るところはこの街…
テレサ・テンの生涯を象徴するかのような一曲といえるでしょう。
  
    maxresdefault.jpg

ここからは、男性歌手の歌をテレサ・テンがカバーした曲

♪思い出迷子…チョー・ヨンピルの歌のカバー
♪そしてめぐり逢い…五木ひろしの歌のカバー

そういえば、チョー・ヨンピルさんって、誰かに似てません…?

9  PB179240 - コピー


そして最後は、やはりこの季節にぜひ歌いたいシャンソン…
♪枯葉

本日の司会を担当してくださったのは、デイホームの歌姫・堤さん。
「つぐない」と「愛人」では歌でもご参加いただきました。

4 5

テレサ・テンを好きだとおっしゃる方も多く、いつも以上に声を出してくださっていたように思います。

6 - コピー 21 - コピー

本日は、藤井さんともうひとり、ここデイホーム野沢に何度もゲスト出演くださっている、私と同じ国立音楽院出身でフルートの徳永有紀さんにも飛び入りで何曲か吹いていただきました。

7 8 10

そして、会の後にはお誕生会も!
歌&フルート&キイボードで“Happy birthday”をお届けしました。

11 - コピー

デイホーム野沢の公式HPでも、会の様子をレポートしていただいてます。

私がここデイホーム野沢にお邪魔するようになったのは2016年12月。お陰様でちょうど2年となります。

この会を楽しみにしていてくださる利用者さん、理解ある職員スタッフさん、そして演奏にご協力いただくゲストの方たちに支えられてこそ。これからもよろしくお願いいたします。



深まりゆく秋を 東西の音楽で in 上馬

2018.11.10 

脳が喜ぶ歌の会 in デイホーム上馬

 ~深まりゆく秋を 東西の音楽で~

a1.jpg 1 

きょう11月10日は「オルゴールの日」 (1110=いい音)
小さなオルゴールの音色(♪星に願いを)をはじめに聴いていただいて会をスタート。

2

<プログラム>

♪秋桜(コスモス) (山口百恵)

♪いい日旅立ち・西へ
 (鬼束ちひろ)

「いい日旅立ち」は1978年に谷村新司の作詞・作曲で生まれ、山口百恵の歌でヒットした。
その後、鬼束ちひろの声に魅了された谷村新司が、鬼束ちひろのために新たな歌詞を書きおろしてリメイクしたのがこの歌(2003年)。
オリジナルは「♪雪どけ間近の北の空に向かい…」の歌い出しで、春先の北に旅立つイメージだが、こちらは西(瀬戸内地方)へ、自分の幼少期の思い出探しに旅するイメージ。イントロもしっとりと静か。
同じく谷村氏の「三都物語」に続いてJR西日本のイメージソングともなった。



♪さよならをするために (ビリー・バンバン)

日本テレビのドラマ「3丁目4番地」の主題歌。石坂浩二さんの作詞。



♪旅 愁
 (♪更け行く秋の夜 旅の空の~ 作曲:ジョン・P・オードウェイ)

原曲の“Dreaming of Home and Mother(家と母を夢見て)”の原作者ジョン・P・オードウェイ(1824~1880)は、アメリカ音楽史に残る歌曲を数多く作曲したスティーブン・フォスター(1826~1864)や、『大きな古時計』の原作者ヘンリー・クレイ・ワーク(1832~1884)とほぼ同時期に活動した音楽家。医学博士でもあり、医師の仕事の傍ら作曲や楽譜出版業も手がけた。

詩人で教育者の犬童球渓(いんどう きゅうけい・1879~1943)は熊本県人吉市に生まれ、東京音楽学校を卒業後、音楽教師として各地を転々とし、新潟高等女学校に勤務していた期間中に、ジョン・P・オードウェイの『家と母を夢見て』の曲を知り、故郷の熊本県から遠く離れた自分の心情と重ね合わせながら訳詞した。
本名は「犬童信蔵(いんどう のぶぞう)」というが、熊本の球磨川(くまがわ)の渓谷に生まれたことから「球渓」というペンネームをつけた。



~ちょっぴり クラシック~
前回お尋ねしたところ、クラシックがお好きだという方が何人もいらっしゃったので…

♪モルダウ (スメタナ作曲 連作交響詩「わが祖国」より)
  日本語の歌詞で皆さんにも歌っていただきました。

♪遠き山に日は落ちて / 家路 
   (ドヴォルザーク交響曲9番 「新世界より」 2楽章)
  2種類の日本語の歌詞、それぞれ1番を歌い比べていただきました。

  曲解説、チェコを代表する2人の作曲家、スメタナとドヴォルザークについて
  (希望者には私のオリジナル資料のコピーを差し上げました)

3 4 - コピー


~シャンソン~


♪枯葉 (岩谷時子訳・日本語版にて)

a2.jpg
自宅近くの緑道にて…

次週11月17日(土)はデイホーム野沢、その翌週24日(土)は等々力の家デイホームにお邪魔します。
深まりゆく秋、お身体に気を付けてお過ごしください。


「ねじれ」は悪いこと?…本当の民主主義とは?

2018.11.8

◆「ねじれ」は悪いこと?

アメリカの中間選挙の結果、上院では共和党が、下院では民主党が多数となりました。
つまり簡単に言ってしまうと、下院ではトランプ政権に対する批判票の方が多かったということです。
日本のメディアは、8日朝からさかんに「ねじれ」という表現で報じています。

IMG_20181108_072417 (1)

IMG_20181108_072426 (1) - コピー



「ねじれ」とは?

わが国においても、衆議院・参議院のいずれかで与党の議席が過半数に達しない状態のことを「ねじれ国会」と呼びます。
ある法案が衆議院では与党の賛成多数で可決されても、参議院では野党の反対票の方が多ければ否決され、法案は通りません。

「ねじれ」という表現、あまり良い意味では用いられていないように思います。

もし本当に国民のために必要かつ緊急性のある法案が、なんでもかんでも野党の反対によって阻止され、何事もすんなり決まらない状態であるならば、「ねじれ」状態は良くないといえるでしょう。

しかし、傲慢かつ強引なリーダーが仕切っている政権が、とても危険な法案をどんどん出してくるような場合、「ごもっとも、御意!」と賛同する与党が絶対的多数を占めてしまっていて、なんでも強引に決められてしまうような場合は、どうでしょうか?

「いまのリーダーはあの人なんだから、そういうリーダーを選んだのは国民なんだから、リーダーの言うことにいちいち反対したってしょうがない、従っていればいいんだ」…そうお考えになりますか?

いやいや、どんなに力をもっていようと、ある部分は優れていようと、間違ったことに対しては「NO」と言う、慎重論反対意見も絶対に必要ではないでしょうか?

「ねじれ」というマイナスイメージの表現で報じる大手メディアに対しても、なにかと「多数派であること」が好きな日本の皆さんにも、あらためて問いかけたいところです。


◆なんでも「数の力」で通されるのが良いことなのか?

イエスマンだけで周囲を固め、なんでもかんでも「数の力」で通していく政治が果たして良いことなのでしょうか?

たしかに優柔不断で何事も決断できない、何事も先送りするようなリーダーでは困ります。本当に国民のために有益な法案ならば、しっかり通していただける「強いリーダーシップ」「決められる政治」が求められます。

また、社会情勢が不安定な中、多くのリーダー候補者たちが大同小異で政権の座を奪い合い、政権がころころと変わるような状況では、諸外国の代表から見ても「いったい誰をその国の代表と信じて交渉したらいいんだ」ということにもなります。
そういう意味では、ある程度安定した政権、強いリーダーシップによる「決められる政治」は大切です。

しかし今の日本も今のアメリカも、はたしてそういうことが求められている状況でしょうか?

「ねじれ」はたしかに政権側からすれば由々しき事態、できれば避けたいことでしょう。
しかし全体から見れば、ひとりの権力者に盲目的に追従するばかりではない、ある意味「安全装置」が働く状態ではないでしょうか?
私は今回のアメリカ中間選挙結果を見て、アメリカには民主主義が生きてるな、と思った次第です。


◆わが国の民主主義はいずこへ?

リーダーおよび政権与党の思惑によって「はじめに結論ありき」で先走り、国民にとってマイナスの方向に行きかねない懸念があるときは、違う意見も出し合ってしっかり議論し、慎重に進めていく必要があります。

政権に対する疑惑にも説明責任を果たさず国会ではぐらかし答弁を続ける。
法案の前提となるべきデータがどう見てもおかしい・間違いがあったことを認めたにも関わらず、法案そのものの再検討はしないまま強引に通してしまう(=働き方改革法案)。

何を・どこまで・どのように…という具体的な施策・方法論を示さないまま、とにかく法案だけをまず先に通してしまおうとする(=集団的自衛権を含む安保法制しかり、特定秘密保護法しかり、働き方改革しかり、今国会で通そうとしている外国人労働者受け入れ法案しかり…)。

閣議決定で大筋を決め、国会は形式的に通さなくてはならないフィルターのように、いかに野党の反対・議論を抑え込んで通してしまうかに奔走する。

国会の場で野党から具体的に突っ込まれた質問はことごとくはぐらかし、大義名分だけを読み上げ、聞いてもいないことをだらだら答弁し…

時間だけ経過すれば強引に採決に移り、まだ何も肝心な審議なんかできていない状況で野党が猛反発する中、だまし討ちのようにどさくさに紛れて採決。「数の力」でなんでも強引に通してしまう。

それが本当に国民の代表による審議の場「国会」、民主主義のあるべき姿なんでしょうか????


◆あるべき民主主義の姿とは?

もし野党が多数議席を占めたとします。与党だけが賛成しても通りませんね。

法案の趣旨・目的・適用範囲などを具体的に明確に野党に対してもきちんと「丁寧に説明」し、適用範囲や懸念される問題・対策などについて、正しいデータに基づいて「しっかりと議論」し、野党にも国民にも「理解を深めて」いく。そうして野党側からもある程度の賛成が得られてはじめて可決される。

そう、いつもわが国の総理が口先では言っていることを、本当に実行すれば良いのです!
話は簡単です。それが民主主義のあるべき姿でしょう。

さらに言うなら、たとえ与党に所属していてもすべてに「賛成」する必要があるのかという点。政権与党内からも慎重論や反対意見が出てきても良いはず。
裏返せば野党も、きちんと質問をしてそれに対して政権から納得のいく説明が得られたら賛成しても良いのです。

与党=絶対賛成、野党=絶対反対、という色分けそのものがおかしいのです。
与野党の利害を超えて、国民のための政治のあるべき論をしっかり議論してものごを決めていくことが国会の役割でしょう。


多数派にいることで安心する日本人へ

強い者のもとでは何もいえない。自分が飛び出してにらまれるより、従順に従っている方が自分の身のため。長いものに巻かれろ。みんなと同じで安心…

政治に関する話題には首を突っ込まない、あの人はどっち寄りだと周りから見られる、自分の意見は出さない…「政治の話」=わたしたち社会の話、という認識が弱い。

いまの政権のやってることが決してすべて正しいとは思わない(=個々の政策に対しては疑問・反対もある)。
でも「ほかの野党もね~」「じゃ、どこに政権を任せられるの?」へ…選挙は「どっちがマシか」の勝ち馬レース予想じゃないんです!

かくして、安定政権・現状維持、他人任せで自民党に一票。その結果、いつまでも政権に「数の力」を与え、何ごとにもすべて「賛成多数」状態。

これは仲間内のサークルでも、家庭内でも、どこでも共通しますが、一見力のありそうなリーダーのもとでは、イエスマンばかりでなく反対意見・助言をする人が必ず必要なのです。社会においても、国会においても同じではないでしょうか?

野党にも議席を伸ばしていただく。そのためには言うまでもなく野党にもしっかり頑張っていただかなくてはいけませんが、同時に国民有権者の意識が変わらなくてはいけません。
「どこに政権を任せられるか」「どっちが勝つか」の勝馬レース予想ではなく、誰に私たち国民の声を代弁してもらったらよいかをよく考えて一票を投じることです。私からはとくに何党に投票しましょうとは言いません!それぞれの選挙区の候補者の中から皆さんが思い思いの人に一票を投ずればよいのです。

そして、国会では本質的な議論をしっかりやっていただき、納得できることは通るけど筋の通らないことは通らないようにする…それが民主主義の本来あるべき姿でしょう。

★久々にこちら「社会・時事に思う」というカテゴリーで書きましたが、これは「政治の話」=「どの党がいい・悪い、どこを支持しようか」といった話題ではありません。私たち社会の問題・民主主義の根幹・意識の問題…として書いたつもりです。

★過去にも私のブログにこんな記事を書いています。政治の話=私たち社会の問題のはずなのに…
→ 考えること、表現することの大切さ (2015.9月)
→ 答えは風の中…? (2017.4月)

(とりあえず「完」)

「運命」のティンパニ

2018.11.6 (火)

またしても久しぶりに、このカテゴリーでの投稿です。

N響のティンパニ奏者、久保昌一さんがFBに「こんなの初めて」と投稿されていた画像を見て、私も「ん?」と思ったのでシェア(=画像を保存)させていただきご紹介します。
久保さんは、よくこの種の「謎かけ」めいた楽譜をアップされます。かなりマニアックで高度なものが多いですが、これは私が見ても何の曲のどの箇所かはすぐに分かりました!

ベートーヴェンの交響曲5番「運命」の最終楽章(4楽章)のティンパニのパート譜です。
3楽章の終わりからティンパニ・ソロの長~いトンネルを抜けて、明るいハ長調の4楽章に突入し、最初の呈示部分をくり返しをた後(=展開部に入ったところ)です。

かなり有名な曲なので、クラシック好きな方、とりわけティンパニに詳しい方なら何かお気づきでは…?

45041677_1853054264731317_831141137451319296_n.jpg


◆まずは、私が「ん?」と思った箇所に赤い囲みをつけました。

45041677_1853054264731317_831141137451319296_n - コピー

ベートーヴェンの時代の交響曲では、ティンパニは2台使用、各楽章ごとに2つの音に合わせて演奏することが多く、5番「運命」では全楽章「ド」「ソ」に合わせます。
なのに、赤く囲ったところでは「レ」の音が要求されてます!ティンパニを3台使うか、瞬時にペダルで音を変えて対応するか…?

一般的な版では、ここはティンパニは「お休み」なんですね。

<一般的なティンパニ譜>
「運命」4楽章Timp 部分

久保さんがアップされていた楽譜は、トスカニーニ版ではないか、とのこと。ティンパニ好きだったのでしょうか(?)、本来ないところにティンパニの音を書き足してるんですね。
しかし、そもそもこの箇所、ベートーヴェンは周りのオーケストラの音とマッチしないから「仕方なく」抜いたんでしょうか?

ベートーヴェンの交響曲では、ほかにも3番「英雄」の1楽章の終わりにも、なぜかティンパニに一コマ「休み」が入るところがあります。
あえて1こまの「空白」を作ることを意図的にやったのではないか…と私はこれまで解釈してきました。
どうなんでしょうね…?


もう一つの大きな違い

さて、久保さんが「こんなのはじめて」と書かれていたのは、私が気づいたこととは別だったようです。
「レ」の音を追加するケースは他でもあるそうなんですね。
私はそっちにばかり目を奪われてて、その先に気づかなかったのですが…

練習記号「E」に入る2小節前(=中間部に3楽章のテーマが静かに再現される場面の少し前)。

通常はトレモロで2小節ですが、この譜面では最初に16分音符を4つ叩いてからトレモロに入るように書かれています!

E前16分音符

<一般的なティンパニ譜>
「運命」4楽章Timp 部分 - トレモロ

ちなみに、一般的なティンパニの譜面でも、4楽章の一番最後の音はこのような表記になっています。
「運命」4楽章Timpラスト

「タカタカタカ…」と最初は粒立てて叩いて、あとで「ダ~ん」とロール(トレモロ)の響きにする。
ベートーヴェン様は最後のティンパニに華を持たせてくれたんだな、と喜んでやってましたが、これと同じように先ほどの「E」の前でもやりなさいという指示なんでしょうかね。

たかがティンパニ、されどティンパニ。1発の音もけっこう奥は深いのです!
ベートーヴェン好きな方、どう思われますか?


音のニュアンスの違い

あと、これは一般の楽譜とも共通しますが、下の段のAllegroでふたたびテーマが出るわけですが、リズムを刻むフレーズ内で、4分音符8分音符(+8分休符)が使い分けられてます。

さらに先ほどの版をよく見ると、メインテーマと重なる1音ごとにスラーの記号がついています。
ピアノをはじめメロディ楽器の楽譜にスラーがついている場合、次の音と滑らかにつなげるようにという指示ですが、1音ごとに切れるティンパニにあえてスラーの指示が書き込まれているのは、「音の長さをしっかり伸ばして、激しく打つのではなく、まろやかな音色で…」といったニュアンスでしょうか。


メインフレーズ

ブラームスの「ハンガリアン舞曲」にもこういう表記が区別された箇所があります。
これは単に音の長さの問題というよりアタックの表情の違いと解釈します。それについては以前「音の小部屋」で書いた記事をご参照まで。
→ アタックの表情の違い

テレサ・テンの世界 in 等々力デイホーム 

2018.10.27(土)
等々力の家デイホーム

雨の予報が思ったより早くあがり、午後からは汗ばむほどの陽気になった週末。等々力の家デイホームにお邪魔しました。
9月の敬老会から1か月ちょっと、まだ2回目なのに、皆さんとうちとけた楽しい時間を過ごさせていただきました。

前回に続いてリードヴォーカルの藤井淳水さんにお越しいただいて、アジアの歌姫・テレサ・テンの世界をご一緒させていただきました。

      cr_teresaten2-gazou2.jpg

<テレサ・テン> ノート

1953年 台湾で生まれる。父親は軍人で三人の兄と弟一人。香港・タイ・マレーシアなどでも知られるアジアの歌姫。日本では1974年、21歳のときに「♪今夜かしら明日かしら」(初デートをどきどき待つ少女の心)でデビューするが、あまりヒットせず。演歌路線に切り替えて、同年「空港」が大ヒット。

テレサ・テンの歌は、歌詞(ことば)が美しい。日本人以上に「美しいことば」を丁寧に歌い上げています。
決して身勝手にではなく、愛する人を一途に愛する想い、相手を思えばこそ自ら身を引く女心、愛する人に残すメッセージ、人としての愛…荒木とよひさ氏の歌詞は、心を打たれるものがあります。

また、男性歌手の歌のカバーでも、見事に主人公を演じきっています。
世代を超えて愛されるのがテレサ・テンの世界です。

<プログラム>

♪空港…身を引く女心 「どうぞ帰ってあの人のもとへ 私はひとり去ってゆく」
♪つぐない…自ら身を引く女性、相手への気遣い・想い
♪愛人…たとえ一緒に街を歩けなくても…。中国語では「愛する人(アイレン)」
♪時の流れに身をまかせ…もしもあなたと逢わずにいたら私は何をしてたでしょう
♪別れの予感 …あなたをこれ以上愛するなんて 私にはできない(=最上級の愛)
♪香港…星屑を蒔いたような地上の灯りごとに、夢を追いかける人生がある。
いつの日か旅立つならば傍に愛する人、心だけが帰るところはこの街…
テレサ・テンの生涯を象徴するかのような一曲といえるでしょう。
  
     maxresdefault.jpg

ここからは、男性歌手の歌をテレサ・テンがカバーした曲

♪思い出迷子…チョー・ヨンピルの歌のカバー
♪そしてめぐり逢い…五木ひろしの歌のカバー
♪北の旅人…石原裕次郎の歌のカバー

5 2 3 4
★クリックすると大きな画面でご覧になれます

<サプライズ>

♪「北の旅人」で釧路・函館・小樽…北海道の地名が3つ出たところで…

前回、みなさんに「想い出の一曲」をお尋ねしたところ、カードに「小樽のひとよ」と記入してくださった方がいらっしゃいました。昭和43年、札幌に赴任されていたときに流行していた想い出の曲だそうです。
そのT.H氏が今日もいらっしゃったのでマイクを、皆さんにも歌詞シートをお配りして…
東京ロマンチカの♪「小樽のひとよ」!
以前アカペラをやっておられたそうで、素晴らしい歌声を聴かせてくださいました!

そしてもう一曲…
まさにこれからの季節に歌いたいシャンソン、♪「枯葉」
シャンソンには、静かに語りかける部分(クープレ)と、歌い上げる部分(シャンテ)があります。
岩谷時子さんの日本語の詞で、前半はヴォーカルの藤井淳水さんに、後半のシャンテから皆さんで…


さて、早いもので10月もまもなく終わり。
デイホームはハロウィンの飾り付けで一杯でした。
壁一面のコラージュは、職員スタッフKさんの作品!

6 7 8

★等々力の家デイホーム、次回は11月24日(土) 14時~


スティックのり事情

2018.10.26

紙をしわにならずに貼れるスティックのりには本当にお世話になってきました。
液状ののりでは、乾くとどうしても波打ってしまうので、楽譜の製本などにスティックのりは欠かせません。

ただ、その中で最近多いのが、青いキャップのもので、のりも青く着色されていて、乾くと色が消える「消えいろ」と称するもの。

ただ、この「消えいろ」には、重大な問題があるのです!

貼ってからわずか数日で、予期せぬときにパリっと剥がれてしまうのです!
使われた方で同じ経験のある方はいらっしゃいませんか?

こちら、ノートに貼ったコピー紙が、わずか3日目にこのとおり…!

PA269021.jpg


私はもう10年以上前から分かっているので、大切なものの貼り合わせには青い「消えいろ」は使わず、赤いキャップの元祖・スティックのりをずっと使ってきました。

PA269024.jpg


しかし、3日前にデイホームに向けて資料(歌詞シート)を作っていて、途中でのりがなくなってしまい、あいにく買い置きもなかったので、しかたなく夜コンビニで青い「消えいろ」を購入しました(コンビニにはどこも「青」いタイプしか置いてない)。

もしかしたら商品が改善してるかな…とわずかな希望をもって使ってみたんですが、やはりこの通り!


なぜかコンビニには青しか置いてない!

何十ページにもおよぶ楽譜をコピー製本し、演奏中に突然パリッと剥がれる…
郵便物の封印が、配送中にはがれてしまう…
いつ剥がれるか分からない(←剥がれないこともある)…これでは信用できず、「のり」としての用をなしてません!

なのに、コンビニに置かれているスティックのりはこの「消えいろ」1種類だけ
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートすべて同様で、私はもう10年ほど前からたびたび店長さんクラスの人に伝え、赤いキャップの元祖・スティックのりも仕入れて置くようにお願い・進言してきたのですが、一向に改まりません。

なぜ…!?
実際に使ってみなさいよ、と言いたい。
使う側から具体的に提案しているのに、その声に耳を傾けて見直す・改善するということがなぜできない?
メーカーとの癒着、よほど大きな圧力でもあるんでしょうか…?

メーカー側に問い合わせたところ、赤いキャップのものには「強粘着」と表示して差別化してるとのこと。
ならば、小売りであるコンビニの商品流通の問題。両方置いて消費者に選択の余地を与えるべきでしょう。

瞬間接着剤ばかり何種類も並べ、木工用のボンドも、合成ゴム系のボンドも置いてない。
目新しいもの(メーカー側が売り込みたいもの?)だけを並べ、基本的なものをどんどんなくしてしまう…困ったものです。



基本的に必要なものは、ちゃんとした文具店が開いている時間帯に余分に買ってストックしておくことを原則としてきた私ですが、今回のように緊急避難的にコンビニを利用することもあります。 
コンビニも本来の「便利」という意味から、少しは考えていただきたいものです。

どこの組織でも、上の立場の人が勝手に決めたことをただマニュアル化する(=トップダウン)だけで、現場の人(店長以下)が商品のことを何も知らない。決められた流通ルートから仕入れ、ただ並べて売るだけ…
利用者からの貴重な意見にも耳を傾けて上に進言して変えていくこと(=下から上への提案型の仕事)が本当にできなくなっている!

もう10年来、何度となく店長さんクラスに丁寧に申し上げてきたにもかかわらず、一向に改善されないとすれば、あとは消費生活センターにでも進言するしかないのか…?



ちなみに郵便局にはどこも、この青の「消えいろ」タイプは置いてません。作業テーブルに置かれているのは、昔からある液状タイプです。
貼って乾燥すると多少波打ちますが、予期せぬときにパリっと剥がれることはなく「のり」としての信頼性が高いのでしょう。

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR