FC2ブログ

メニュー紹介 <更新版>

ようこそ 「ティンパニで朝食を」へ !

すべての人に音楽の喜びを! 障がいのある人もない人も、音楽の力でともに生きる社会へ。
ブログを開設したのは、そんな思いを強くした2010年の4月でした。左の「プロフィール」もご参照ください。

長文の記事も多いですが、視覚に障がいのある方も音声変換で閲覧されますし、中学生でもきちんと読んでいただければ分かる文章で書くように心掛けています。

はじめてご訪問の方にも分かりやすいように、常にこの「メニュー紹介」がトップにくるように投稿日時を本年末の日付に設定しています。 このトップページだけをご覧になって「あ~、まだ更新してないな」と閉じないで下さい! 最新記事はひとつ下にあります。

以下の各カテゴリーから、ご興味のあるテーマの項目(画像の上の文字)をクリックしていただくと、そのテーマの記事群に飛べます。
 


★テーマ項目(緑文字)をクリックすると、今開いているメニュー画面とは別の新しいタブで開きますから、そのカテゴリ内を色々ご覧になったあと右上の「×印」で消せば、再びこのメニュー画面が表示されます。

★カテゴリ内を
スクロールした一番下に「次のページ」の表示があれば、さらにさかのぼって関連記事があります。

★翻訳 Translation
Googleの言語一覧からお好きな言語を右クリックして「お気に入り」に入れておき、ブログページを開けた状態で「お気に入り」に入れた言語をクリックすると、一瞬にして全文がその言語になります。

To all one who access
my pages through my facebook from around the world, please check this blog in the Translations Browser Google. Please chose your language, by the right click and put into your "Favorites"  (↓)
http://translate.google.com/translate?u=http%3A%2F%2Ftranslate.google.com%2Ftranslate_buttons%3Fhl%3Dja&hl=ja&langpair=auto|en&tbb=1&ie=utf-8
When you open some
Web-page ,not only my blog page, just click on your "Favorites" language.
You can see all of the characters on the screen in your language .
Some words can be translated into a strange, but you will understand almost correct meaning, I think.
 



~ 音楽関連~

公開情報(コンサート・放送予定など) 
2019.8.11 広島・呉 2018.9.12 サントリーH

音楽ギャラリー(リハーサル・バックヤードの様子など)
ティンパニ 
2010年3月「こころコンサート」 NHKホールにて

★フェイスブックもこのプロフィール写真でやっていますので、よかったら探して下さい。

★このカテゴリにはパスワードをかけてある記事があります。
不特定多数には公開していない画像を含むもので、友人・知人にアルバムをお見せするような形でのアップです。
ブログ案内を差し上げている方は、そこに書いてあるパスワードを入力してください。

何かのご縁でこのブログを訪問されてご興味のある方は、この記事下の「コメント」欄に簡単な自己紹介・お名前・メールアドレスをご記入の上、「管理人だけに表示を許可する」にチェックを入れて送信してください(いわゆる“鍵コメ”というもので、他の方からは見えない私信となります)。こちらからメールにてパスワードをお知らせいたします。 



コバケン先生との出逢い(05長崎・06熊本)
コバケン先生 

出逢いに感謝して
出逢い 

ティンパニのつぶやき(オーケストラの打楽器)
打楽器

★デイホーム日誌
201612171800372c6_20170204152302fd2.jpg 201612171814099a0_20171221003613448.jpg
2016年12月より、月にいちど「脳が喜ぶ歌の会」という枠を持たせていただいてます

50代ことはじめ ~音楽療法の世界へ~
20170121184814c8e_20171221003614baa.jpg

★「音の小部屋」プロジェクト
5度時計(改右回り)

「音」についてアラカルト
チェロは歌う 音について

私のこの一曲

シャコンヌ 

オペラの世界へ

カルメン2 オペラ1

→ 電子書籍「オペラの世界へ ~カルメンを中心に~」


~社会~


ノーマライゼイション(ともに生きる)

コミュニケーション

「豊かさとは…?」~日本が見失ってはいけない大切なこと~
派遣村 

社会・時事に思う

一歩踏み込んで 言わせて頂きます! 

★駅の安全・案内サインなど
2011021301471947a_20170330005741b57.jpg

原発関連 ~「社会・時事に思う」から分離しました~

★アジアにおける日本の過去 ~「社会・時事に思う」から分離しました~
 

~季節・鉄道・模型・旅~

季節・日記
季節 

模型ギャラリー(手作り模型の世界)
★鉄道模型
模型1 模型2 模型3

鉄道以外にも…
★ドールハウス(ミニチュアの家)
20120513181403ab7_20170620012322bcf.jpg 4a_20171221005221202.jpg 2a_20171221005220648.jpg 2b_20171221005220555.jpg IMG_20171216_212814.jpg

もうひとりの恩師(鉄道模型屋さんから学んだ遊びの哲学)
いさみや

小さな鉄(テツ)な旅 ~江ノ電・世田谷線ほか~
テツ旅1 テツ旅2

旅・鉄道(韓国・イギリス・アメリカ・カナダ…)
旅1 旅2カナダ 旅3シアトル 


~自然・科学~

★身近な科学(ちょっと好奇心)

自然・歴史・民俗
雷・竜巻1 風神雷神

なまず通信…2011年1/18(=東日本大震災の約2か月前)に立ち上げたカテゴリーです
なまず1 なまず2 なまず3 なまず4


~その他~


己を見つめる

パウゼ(♪ひと休み)…疲れた頭と なまった腹筋に!

ピアノジョーク…「パウゼ」から分離しました

尻っぽの生えた天使たち
1_201801080121218be.jpg


雨の季節に Part2 ジャズシンガーをお迎えして

6月22日(土) 等々力の家デイホーム

01_201906222113325b3.jpg 02_20190622211333ea5.jpg

「雨」にまつわる曲を集めてお送りしている今月のデイホーム「脳が喜ぶ歌の会」。
本日はじめてジャズシンガー林実里さんを等々力にお招きしました。

P6220191.jpg P6220199.jpg
★クリックすると大きな画像でご覧いただけます(以下同じ)

◆プログラム

♪城ヶ島の雨 (詞:北原白秋、曲:梁田貞)
♪雨に唄えば Singing in the Rain ミュージカル映画
♪雨にぬれても (「明日に向かって撃て」テーマ曲)
♪雨の日と月曜日は Rainy day and Monday (カーペンターズ)
♪シェルブールの雨傘 I will wait for you

私には本格的なジャズピアノは弾けません。ただここでは、本格的なジャズを追求することが目的ではなく、最近デイホームでもよくリクエストを受ける映画・ミュージカルの音楽を「懐かしい」と感じていただけたら、知ってるメロディは一緒に口ずさんでいただけたら、ちょっとズージャな(ジャズっぽい)雰囲気を味わっていただけたら…いろんな意味で新たな試みでした。
配布資料にはいちおう英語の歌詞と日本語訳を載せましたが、以前クラシックの曲をお届けしたとき、メロディに合わせて口ずさんでおられたように、「ラララ…」でも「ルルル…」でもご一緒にメロディを口ずさんでください、とお伝えしてスタート。

<配布資料>
城ヶ島の雨20190622 雨に唄えば20190622 雨にぬれても20190622 雨の日と月曜日は20190622 シェルブールの雨傘20190622 シェルブール・ものがたり20190622
★クリックして大きな画像でご覧ください(転載禁)

P6220198.jpg 
「シェルブールの雨傘」は日本語でもそのままメロディにのせて歌えるので、はじめに林さんに英語で歌っていただき、半音上げて日本語で皆さんにもご一緒に…というスタイルで。司会の佐々木さんはリアルタイムで映画もご覧になっておられ、やはり懐かしいと。
古き良き映画、映画音楽の色彩感、クラシックと映画音楽、切ない物語の背景にある戦争の悲惨さ…


<クラシックから2曲ほど…>

♪「雨だれ」プレリュード
 (ショパン Op.28-15)
♪「幻想的(Fantasic)ソナタ(=「月光」)1楽章(ベートーヴェン 作品27-2)

P6220205.jpg

ところで林さんの「お気に入り」は?、ディズニーとファンタジー、最近出されたCD「FANTASY」…

P6220206.jpg

♪私のお気に入り My Favorite Things(サウンド・オブ・ミュージックより)
私のお気に入り20190622 P6220211.jpg P6220215.jpg 

★本日の脳トレ?
スタンダードジャズの名曲♪「The Gift」を歌っていただいて、「いい日旅立ち」をピアノでかぶせ…
じつはこの2曲のコード進行がそっくりなことは有名で、ジョーク好きが間奏でワンフレーズ入れる例は私も何度かライブで聴いてますが、プロのジャズシンガーさん相手に丸ごと重ねるバージョンは、おそらくここだけでしょうね…(笑)!

<最後は日本の歌で…>

P6220219.jpg P6220218.jpg

♪夏の思い出…尾瀬ではちょうどミズバショウが咲き始めたとのニュースに
♪見上げてごらん夜の星を (坂本九)…私の会のラストテーマをちょとジャズ風に

夏の思い出20190622 見上げてごらん夜の星を20190622

訪問演奏は初めてという林さんでしたが、皆さんとても喜ばれ、会のあと皆さんの歓迎を受けられてました。
最近出されたCDを1枚サンプルにデイホームに謹呈くださり、さっそく会場で流してくださいました。また機会が許せばご一緒させていただけたら幸栄です。

P6220227.jpg P6220228.jpg

スペシャルゲスト(見学)

今日は海外からのお客様がいらしてくださいました。
Andres(アンドレス 男性)はメキシコから。5年前に上智大学で学ばれたあとスウェーデンに留学され、現在スウェーデンの大学院生、インターンシップで来日されていて、経営システムを研究されています。
Lola(ローラ 女性)はフランスから。やはり5年前に上智大学で学ばれたあとフランス・パリのサイエンス・ポー大学に入学され間もなく卒業。いまはやはりインターンシップで日本のフランス観光局で働いておられます。

Andresはパーカッションやギターもやられるシンガーソングライターでもあり、Lolaは昨年フランスで障がいのある方の特別養護ホーム(10代からシニアまで年齢層広くケア)で働いておられたそうです。お二人は5年前の上智大学留学時代に知り合われたとか。8月まで世田谷区内にお住まい。
そして私とアンドレスとは、あるコンサートの前にサントリーホール近くのタイ料理で知合いました。

音楽と福祉と…国境を越えたご縁に感謝して…三軒茶屋の焼き鳥で乾杯!

P6220234.jpg P6220235.jpg
ごちそうさまでした!


<P.S.>

等々力のデイホームのHPにも、会の様子を即日アップしてくださいました。
TodorokiHP1_20190622230831c64.jpg

来月はちょっと変則で、等々力には第三土曜日の7月20日(土)
 「カルメン」の世界をお届けする予定です!
2011012915111854b_201906241955518b6.jpg

雨の季節に

6月8日(土)・15日(土)・22日(土)

関東も7日(金)に梅雨入りしました。今年は前線の活動が活発になるのがはっきりしていて、気象庁もためらうことなくスムーズに梅雨入り宣言できたんじゃないでしょうか?

IMG_20190608_131409 (1) IMG_20190608_131440 (1)

ということで、今月のデイホームは「雨」にまつわる曲を集めてお送りします。

歌謡曲では♪「雨の御堂筋」♪「雨のエアポート」♪「雨の慕情」♪「京のにわか雨」♪「雨がやんだら」♪「長崎は今日も雨だった」…、日本歌曲では♪「あめふり(雨雨ふれふれ母さんが…)」♪「雨降りお月さん」…など色々思い浮かびますね。

私のデイホーム活動もおかげ様で季節を2めぐり半しましたので、カラオケで皆さんが歌われる曲とはちょっと趣向を変えて…

(日本歌曲から) 
♪城ヶ島の雨 (詞:北原白秋、曲:梁田貞)

(洋楽・映画音楽から)
♪雨の日と月曜日は
Rainy day and Monday (カーペンターズ)
♪雨に唄えば Singing in the Rain ミュージカル映画
♪雨にぬれても (「明日に向かって撃て」テーマ曲)
♪シェルブールの雨傘 I will wait for you
♪私のお気に入り My Favorite Things(サウンド・オブ・ミュージックより)

(クラシックから)
♪「雨だれ」プレリュード (ショパン Op.28-15)

(雨上がりには…)
♪夏の思い出…尾瀬ではちょうどミズバショウが咲き始めたとのニュースに
♪見上げてごらん夜の星を (坂本九)…私の会のラストテーマ

こんなプログラムで構成して6月をスタートしてみました。


<第1回> 8日(土) デイホーム上馬
 

フルートの徳永さんをお迎えして

IMG_20190608_140557 (1) IMG_20190608_140538_BURST001_COVER (1)
IMG_20190608_141000_BURST004 (1) IMG_20190608_141017_BURST001_COVER (1)
★クリックすると大きな画像でご覧になれます

<第2回> 15日(土) デイホーム野沢 

1 2 3 4 5 6

22日(等々力)にはジャズシンガーをお迎えする予定です。
曲もアレンジもキイも、毎回微妙に異なります。

詳しい資料・歌詞などは後日アップします。

ブダペスト交響楽団 日本公演に

2019年 5月21日(火)・26日(日)

今年は日本とハンガリーの外交関係がはじまって150周年の記念すべき年。
両国の橋渡し役となってきた小林研一郎氏の指揮のもと、ハンガリー・ブダペスト交響楽団が日本各地で公演を続けています。

このうち21日(火)サントリーホール公演26日(日)いわき公演に、1曲のみですがエキストラ出演のオファーをいただきました!

<主な公演会場とプログラム>

各地で迎える日本人ソリスト(ピアノ)は異なり、モーツァルトやリストのピアノ協奏曲などプログラムも異なりますが、メインはドヴォルザークの交響曲9番「新世界より」。

  5月20日(月) 東京芸術劇場
*5月21日(火) サントリーホール(東京)
  5月22日(水) 愛知県芸術劇場(愛知)
  5月24日(金) ザ・シンフォニーホール(大阪)
  5月25日(土) 市川市文化会館(千葉)
*5月26日(日) いわきアリオスホール(福島)
  5月28日(火) アクトシティ浜松(静岡)
  5月29日(水) 福岡サンパレスホテル(福岡)

inf_det_image_728.jpg 0522愛知芸術 

0526いわきアリオス 0528アクトシティ浜松
★クリックすると大きな画面でご覧になれます

私も含め打楽器に4人のエキストラを加えていただいたのは、小林研一郎先生ご自身の作曲による「ハンガリーへの想い」というプログラム。
10分弱の曲ですが、両国の情景を描くシーンの中で和太鼓を含め多くの打楽器奏者が必要な曲で、仲間オケメンバーに長く参加させていただいてきた私にもオファーをいただいた次第です。

「いつかコバケン先生の指揮のもと、チェコかハンガリーあたりのプロのオーケストラと共演できる機会があったら」…そんな、家族も呆れるような無謀な夢がありました!
夢って、漠然と「こんなことできたらいいな~」と棚ぼた式に待っていてもやってきません。今できることをこつこつ続け、幸運が重なれば…
自分の「目標」だけでは叶わない、目に見えない大きな力を信じて強く思い描くこと。そうすれば、いつかチャンスは訪れる…まさに「Dream comes true」
昨年12月、クリスマスを迎える季節に、あるデイホームでもそんなお話しをさせていただいてました。

諸事情あって、事前に大々的に告知することは控えさせていただきましたが、両公演とも無事に終え、バックヤードの想い出をメモリーとして…

21日(火) サントリーホール

IMG_20190521_144613 (1) IMG_20190521_150055 (1) IMG_20190521_152805 (1) 60860595_2540918065952678_8260566211633348608_n.jpg 60536839_1823976787702843_6762381000589705216_n.jpg IMG_20190521_183945 (1) IMG_20190521_184042 (1)

どしゃ降りの雨の中、楽屋口に着いたら「皇宮警察」のサインが…
IMG_20190521_144302 (1) P5260141.jpg 
P5260138.jpg 翌朝のTVニュースより

26日(日) いわきアリオスホール

IMG_20190526_075359 (1) IMG_20190526_075420 (1) IMG_20190526_080727 (1) IMG_20190526_081338 (1)
11:30~リハーサル
IMG_20190526_111208 (1) IMG_20190526_112938 (1) IMG_20190526_113712 (1) IMG_20190526_120632 (1) IMG_20190526_114003 (1) IMG_20190526_122923 (1)  

IMG_20190526_193541 (1) IMG_20190526_131926 (1) IMG_20190526_144921 (1) IMG_20190526_145758 (1) 
IMG_20190526_145616 (3) - コピー
チェロのトップ奏者:Onczay Zoltan氏は、昨年の夏、長野での「コバケンとその仲間たちオーケストラ」にも参加され、私のことを覚えていてくださいました!

私は本当に幸せものです。マエストロご夫妻はじめ、音楽とのご縁をくださったすべての人・あらゆるご縁に感謝します。
明日からまた日常に戻りますが、デイホームでの活動など私にできるところで「音楽の力」を注いでいきたいと思います。

I am really happy. I am grateful to the maestro and his wife, all the people who have given me a connection with music, and all the opportunity.
I will return to everyday everyday from tomorrow, but I would like to pour "power of music" where I can do activities such as day-home activities.

外国の愛唱歌、映画・ミュージカルの曲 歌とともに

2019.5.25(土) 等々力の家デイホーム

先月、ほかのデイホームでフルートとともに行ったプログラムと重なりますが、
今回はヴォーカルの藤井淳水さんをお迎えしました。
4_20190525224846217.jpg 5_20190525224847916.jpg

♪峠の我が家
♪故郷の人々(スワニー河)
♪懐かしきケンタッキーのわが家
♪ローレライ
♪アニー・ローリー


小学校の音楽でも取り上げられていた懐かしい名曲ばかりですが、「名曲アルバム」風にその曲の生まれたいきさつ・エピソードなどもあわせてご紹介するのが私流。

「ローレライ」、合唱でもよく歌われる名曲ですが、ドイツのライン川にちょっと恐ろしい伝説があることをご存じでしょうか?
「アニー・ローリー」は、電話応対の保留時に流れるオルゴール風の音色でお馴染みですが、実在した人物だったんですね。

ローレライ20190420_0001 アニー・ローリー20190420
★クリックして大きな画像でお読みください(以下同じ)

同じ曲でも、楽器で演奏して皆さんにも歌っていただくのと、メインに歌が入るのとでは、曲づくりも若干異なるように感じました。
歌(=ことば)が入ることで、よりことばを丁寧にお聞かせしようと意識が働くせいか、テンポがややゆっくりに。会場内の皆さんの声もよく出ていたように思います。

そして、有名なミュージカル・映画の中で用いられた曲…

♪ムーン・リバー 「ティファニーで朝食を」より
♪踊り明かそう  「マイ・フェア・レディ」より
♪虹の彼方に   「オズの魔法使い」より

ムーンリヴァー20190414 踊り明かそう20190414 虹の彼方に20190420

★クリックすると大きな画面でご覧になれます

「踊り明かそう」は、岩谷時子さんが訳された日本語で歌っていただきましたが、他の2曲は英語で!

★サプライズ
友人の男性ボーカル、渡辺均さんが見学にいらっしゃったので、飛び入りで「虹の彼方に」を藤井さんとデュエットしていただきました! 
6_20190525224734d0f.jpg 7_20190525230037511.jpg
途中、見事なハモりに、会場からも拍手喝采!
渡辺さんは世田谷区内在住のプロのヴォーカリスト。よかったら今後ぜひ正式なゲストとしていらしてください!

そして♪「いそしぎ」

8_20190525225337efc.jpg 3_20190525224845077.jpg いそしぎ20190524 

はじめゆったりしたバラード調、繰り返しからはボサノバ風に…
先日手作りした「波の音」、さっそく活用してみました! 
9_20190525230038876.jpg P5090006 - コピー
 「波の音」

さらに時間に余裕があったので、♪「慕情」、♪「見上げてごらん夜の星を」

大型連休中にはヴァイオリンをお迎えしてのクラシック・ミニコンサート。5月は等々力に2度お邪魔しました。

次回は6月22日(土)、女性のジャズボーカルの方をお呼びする予定です。
その頃はもう梅雨入りしてるのでしょうかね…?

10_2019052523062010b.jpg 1_20190525230620c7f.jpg 

5月はちょっとクラシカルに

2019.5.11(土)、18(土)

大型連休の特別企画として、等々力のデイホームにヴァイオリンをお迎えしました。
 *このカテゴリー内のひとつ前の記事 チェコ帰りのヴァイオリニストをお迎えして

そこでもお届けした3曲を含め、上馬と野沢ではフルートの徳永さんとともに…


◆前半 クラシック ミニ・コンサート


♪G線上のアリア(バッハ)
♪アベマリア(バッハ・グノー)
♪愛の挨拶 (エルガー)
♪タイスの瞑想曲 (マスネ)

「アベマリア」は、バッハのプレリュード1番に、のちにグノーがメロディを乗せたものです。
ほかに、シューベルト、カッチーニ、ハーデズの「アベマリア」も有名ですね。

◆後半は、皆さんとともに歌

まずは、クラシックの延長で1曲…
♪遠き山に日は落ちて/家路ドヴォルザーク交響曲9番「新世界より」2楽章
遠き山に日は落ちて20190504★クリックして大きな画像でご覧ください

*2種類の日本語の歌詞で皆さんに歌っていただきました。  
*交響曲9番「新世界より」 さわり程度にご紹介


♪広い河の岸辺
(スコットランド民謡)

2014年(平成26年)NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」で、のちに「赤毛のアン」を翻訳する主人公が子供のころこの歌を聞いたことがきっかけで英語を学び…という、とても重要な曲として紹介されました。同年後期、続く「マッサン」でも、エリーが祖国の歌として歌った。
当時のスコットランド民謡では別の歌詞でしたが、のちにフォークソングとして広まった英語の歌詞をケーナ奏者の八木倫明さんが訳詞、レパートリーにされています。


♪ダニーボーイ
(アイルランド民謡)

アイルランドの古い旋律で、もともと歌詞はありませんでした(=ロンドンデリーの歌)。19世紀の盲目のヴァイオリニスト(ジミー・マッカリー)がストリートで弾いていたのを、通りかかったアイルランド出身のジェーン・ロス(民謡収集家の女性)が楽譜に書きとり、そこに英国の法律家フレデリック・エドワード・ウェザリーが詞を付けました。
戦争に行って遠く離れた息子の無事を祈り、帰りを待ちわびる母の歌…それが「ダニー・ボーイ」です。

ダニーボーイ配布20190516 ★クリックして大きな画面でご覧ください


於:デイホーム上馬 5月11日(土)
 
P5110027_20190516235358474.jpg P5110028_20190516235358ca7.jpg P5110048.jpg
 P5110031_201905162354001d5.jpg P5110045_201905162354015f5.jpg P5110050.jpg

於:デイホーム野沢 5月18日(土)
P5180055.jpg P5180060.jpg P5180063.jpg P5180083.jpg

前半のクラシック4曲では、みなさんメロディを一緒に口ずさんでくださいました!

なかなかクラシックコンサートに足を運ぶ機会がない、自分でCDを買うなどマニアックに聴くこともなく、曲名は分からない、詳しくない…おそらくそんな理由もあって、あまりリクエストとしては挙がってこないのでしょう。でも聴けば「あ、知ってる」とメロディが口をついて出てくる…それがクラシックの名曲なんでしょうね。生の演奏を身近に聴けば、より音楽にも親しみを感じていただけるでしょう。

これからも、歌謡曲や映画・ミュージカルの曲とともに、たまにクラシックの名曲も取り入れていけたらと思います。

次週5月25日(土)は、等々力にヴォーカルの藤井さんをお迎えして、
 ♪外国の愛唱歌、映画・ミュージカルの歌…をお届けします。



コバケンとその仲間たちオーケストラ in 呉


2005年に誕生したこのオーケストラも、今年で丸14年。
平成から令和となったこの夏の予定は、

 8月 4日(日)…長野県・須坂
 8月11日(日)…広島県・呉



◆西日本豪雨災害復興応援コンサート

2019年8月11日(日) 13:00開演(12:00開場)
会場:呉信用金庫ホール(呉市文化ホール)

2019.8.11 広島・呉★クリックすると大きな画面でご覧になれます

♪チケットは呉信用金庫ホールチケット窓口にて5月10日 発売です。
お近くの方は、ぜひお越しください。


◆コバケンとその仲間たちオーケストラ とは

炎のマエストロ「コバケン」こと小林研一郎氏のもと、プロ・アマチュア・年齢を問わず集まったこのオーケストラは、長野県の白馬でスペシャルオリンピックスが開催された2005年3月、障がいのあるアスリートたちに生の演奏を届けようと誕生しました。
以来、各地で開催されるスペシャルオリンピックスへの応援コンサートをはじめ、2010年の「NHKこころコンサート」からはハンディのあるスペシャルメンバーも加わり、東日本大震災のあとは各地で「がんばろう日本」チャリティコンサートを行うなど、すべての人が「ともに生きる社会」をめざして活動してきました。

20110421010232b65_20160905225353f59_201706121925012e5.jpg 20110421010233138_2016090522535469a_201706121925029a4.jpg
2011年4月(東日本大震災から1か月後) サントリーホールにて

ともに生きる社会へ

スペシャルオリンピックスを支援されている細川佳代子さん(=細川元首相の奥様)から聞かせていただいた、ある牧師さんの言葉です。

どんなに医学や科学が進歩しても、何%かの確率でなんらかの障がいをもって生まれてくる命がある。彼らは決して迷惑な存在なんかじゃないんです。私たちに『優しさ』について考えるきっかけを与えてくれるために生まれてくる、神様からのプレゼントなんです。



波の音(オーシャン・ドラム)

2019.5.9

波の音を表現する効果音といえば…?
そう、ざる&小豆、ラジオ劇の時代から音効さんが使ってきた伝統的なアイテムです。

あずきinざる

音楽の中でさまざまな効果音を要求されるのが、なんでも屋さん=打楽器。
最近はオーシャンドラムという名のモダンな楽器ができています。

オーシャンドラム

タンバリンほどの皮を張った丸いドラムの中に小さな金属球が入っていて、傾けてそれらしく音を出します。

ただ、持ち運びにはいいけど、海辺の雰囲気を出すには、もう少し迫力のある音、できればサラウンド効果の出るようなものがほしい!

はい、ちょうどAmazonから届いた荷物を梱包していた箱がこちら。
12×12センチ、長さ73センチ、肩幅よりやや広くてちょうど持ちやすいサイズ。

P5090006 - コピー

ここに、エアガン用のBB弾を入れたら、どんな音がするでしょう…?
0.25g×2000発、合計500gのBB弾を入れてみました。

P5090005.jpg

重さのバランスもよく、なかなかいい音で響いてくれます! 
ただ、左右に大きくザーっといくだけでなく、より本物の波らしく、複合的な音が出せないか…?

1センチ幅に切った段ボールを、各面の中ほどに両面テープで貼り付けてみました。

P5090002.jpg

大きく左右に傾ける「ザーー」とは別に、前後にも傾斜を作ってやるとこの段差によって別の「ザー」が加わります。寄せては返す波、そこに次の波が重なったり、大きな波が砕け…

♪「浜辺の歌」「海」「誰もいない海」、映画音楽の「いそしぎ」「しおさい」「ひき潮」「老人と海」…海にまつわる曲もけっこうあります。

それらしく鳴らすにはちょっとしたコツが要りますが、けっこうサラウンド効果も出てい~い感じです!


◆レインスティック

だいぶ前に「雨の音」を出す楽器=レインスティック をご紹介しました。
サボテンの仲間の植物で、茎の中が空洞で、そこにとげが生えていて、種の粒がとげに引っかかりながら落ちるときに、カモカモカモカモ…と優しい雨音のような音を出してくれます。これをヒントに、茎の中に周囲から楊枝ぐらいの細い棒を無数にさして小石などで音を出すのがレインスティック。

20111123002801a12_201905091753596b2.jpg PB194217_2019050917540033b.jpg
★クリックすると大きな画面になります

私も以前、キッチンペーパーの芯に楊枝をさして、手製のレインスティックを作ってみた記事がこちら。
→ 雨の音を表現する楽器

水琴窟ではありませんが、水音の音色は癒しの音色ですね。

チェコ帰りのヴァイオリニストをお迎えして

2019.5.4(土) 脳が喜ぶ ミニコンサート  

大型連休の特別企画として、等々力のデイホームにスペシャルゲストをお迎えしました。

A_201905041750263c2.jpg

B_20190504175027410.jpg 1

♪G線上のアリア(バッハ)ドイツ
♪愛の挨拶 (エルガー)イギリス
♪タイスの瞑想曲 (マスネ)フランス


きょうのソリスト 遠藤万里さんから チェコのお話し

2010年「コバケンとその仲間たちオーケストラ」大阪公演に一緒に参加。
その後チェコに留学、あちらのオーケストラに就職。昨年1月に結婚されて帰国。
在日チェコ商工会議所のビジネス&カルチャーネットワーキングイベントでスメタナやフィビフ、ドヴォルザークなどチェコの楽曲を演奏されることも多いそうです。

9 

13263824_541927332662317_6736449435585152753_n - コピー 13532977_10206520594842552_2867634396437830330_n - コピー 
22815606_10210154619370894_3093984107623465245_n - コピー 22366826_10210073635986360_1480763295261221787_n.jpg

♪モルダウの流れ (スメタナ 連作交響詩「わが祖国」から)
 
*日本語の合唱の歌詞でみなさんとご一緒に 
メインテーマ 歌詞入 ★クリックして大きな画面でご覧ください
  
*1曲目「ヴィシェフラド(高い城)」の冒頭、「モルダウ」の名シーンを、ピアノ&ヴァイオリンで再現!
11
*流れの誕生~狩人の森~農夫たちの踊り~月の光を川面に映し(精霊たちの踊り)~ヨハネの急流~川は雄大に高い城を望み、プラハの街を流れてエルベ川へ…

2曲目「モルダウ」の有名な旋律はチェコのわらべ歌がモチーフになっていること、1曲目「ヴィシェフラド」のメインテーマ(ハープ2台)の冒頭の音はスメタナのイニシャル(B、Es=S)から来ていること、チェコではこのテーマが国鉄のチャイムにも使われている…など、チェコ帰りの遠藤さんならではのお話しも交えつつ…

  *別資料→ スメタナ連作交響詩「わが祖国」をご参照ください。


スメタナより約10年後に活躍したチェコ国民楽派は?… ドヴォルザーク

♪遠き山に日は落ちて/家路…交響曲9番「新世界より」 2楽章
遠き山に日は落ちて20190504★クリックして大きな画像でご覧ください

*2種類の日本語の歌詞で皆さんに歌っていただきました。  
*交響曲9番「新世界より」 さわり程度にご紹介

♪ユモレスク (ドヴォルザーク)

3
メロディを一緒に口ずさまれているのが後ろから聞こえてきました!

さて、ヴァイオリンは、優雅で美しいだけでなく、とっても情熱的な楽器!

♪ハンガリアン舞曲5番 (ブラームス)

20

♪チャールダーシュ (モンティ) 

もとは酒場で兵士が奏でた即興の音楽。緩急が豊かなジプシー的な音楽。
ジプシー音楽は、演歌など日本の心にも通じるものがあります。
きょうは、いろんな曲が空耳のように割り込む、高木の「脳トレ」バージョンにて

チャールダーシュ解説20190428★クリックして大きな画面でご覧ください

17 19
「ゴッドファーザー」「舟歌」「かあさんの歌」…からチャールダーシュに。
速いテンポに変わってからは、会場内から手拍子も湧きました!



等々力では、昨年9月にお邪魔しはじめて以来、初めてクラシックの曲をまとめてみました。
ふだんクラシックコンサートに足を運ばない、詳しく知らないからとくに「あの曲を」とリクエストは出ない…
そんな方でも、聞けば「ああ、知ってる」という曲は多いんですね。
演奏にも解説にもかなり集中されて楽しんでいただけたようで、デイホームのHPにも当日のうちに紹介記事を上げていただきました。
→ 等々力の家デイホームHP


◆等々力の家、次回は5月25日(土)14:00~

ヴォーカルの藤井さんをお招きして、外国の愛唱歌&映画・ミュージカルの歌をお届けします。


平成から令和へ

2019.5.2(木)

大型10連休という方もいらっしゃるのかもしれませんが、私の周りではあまりお目にかかりません。
私も4月30日(火)~5月2日(木)は出勤でした。

とはいえ仕事量は少なく、きょうはとくに早く終われたので、三鷹からバスで深大寺へ行ってきました。

境内の土産物店では、やはり「令和」と文字の入ったものが目につきます。
IMG_20190502_111036 (1) IMG_20190502_111052 (1)
IMG_20190502_111106 (1) IMG_20190502_111131 (1)

そして深大寺に来たら蕎麦、蕎麦といえばこちら「雀のお宿」が私のお気に入り!
IMG_20190502_111359 (1) IMG_20190502_111612 (1)
IMG_20190502_112154 (1)

日がさしたり、時おり雨がぱらついたり、不安定な天候でしたが、初夏の空気に緑が映え、ちょっとした小旅行気分。
IMG_20190502_114656 (1) 
IMG_20190502_114752 (1) IMG_20190502_114707 (1)
竹の子がぐ~んと伸びていました。

この3日間、朝の通勤電車は休日ダイヤ。
中央総武線の線路にオレンジ色(中央線、青梅行き)の列車がやってきます。
IMG_20190430_065733 (1) IMG_20190430_065811 (1)
中央線はいま開業130年記念の特別仕様。
IMG_20190501_121729 (1)



平成のしめくくり…「紅白歌合戦」の名シーンを振り返る番組(NHK総合4月29日)
IMG_20190430_145105 (1) IMG_20190430_145321 (1)
最後の「蛍の光」の合唱に、上の娘が参加しました。タイトルにかろうじて被ることなく…
音大ごとに募集があったようです。いい想い出になったかな…?


平成最後の「脳が喜ぶ歌の会」 in 等々力

2019.4.27(土)

大型連休の初日、等々力の家デイホームにて、平成最後の「脳が喜ぶ歌の会」、無事に終えることができました。
今日は「永遠の美空ひばり」、作曲年代順に、皆さんにとくに親しまれている11曲を選びました。

ホワイトボードには“アート作品”が!
1 

タイトルに青空と鳥・雲をあしらって描いてくださったのは、季節ごとのオブジェで壁面を飾られる美術担当の職員さん。そして読みやすい美しい字でプログラムを書いてくださったのは、ピアノも弾かれる看護師のKさんとのこと。ありがとうございます!

美空ひばり特集は、2月に他のデイホームでも実施しているので、曲ごとの資料はこちらをご参照ください。
→ 永遠の美空ひばりベスト11


◆本日のトピックス in 等々力


♪「リンゴ追分」♪「悲しい酒」には、途中セリフが入ります。
いつも司会をしてくださる佐々木さんにお願いしました。東北(岩手)ご出身とのことで、津軽なまりはフランス語を思い起こさせるほど美しいとのことで、とてもいい雰囲気で語ってくださいました。
2日前の急なお願いにもかかわらず、ありがとうございました。

2 12 
c9aad0adf3c9148462b7a2c356108d7856f86f87.jpg

♪「津軽のふるさと」は、♪「リンゴ追分」と同じく、昭和27年のラジオ劇「リンゴ園の少女」で劇中使われた曲です。この曲をぜひ取り上げたくて「ベスト10」ならぬ「11」になりました。

平成12年のNHK朝の連続テレビ小説「私の青空」で、ヒロインのお父さん(伊藤四郎氏)がしみじみと歌われたことで脚光を浴びました。
今日は私の弾き語りでお届けしたら、けっこうご存じの方が歌ってくださいました。

11 85e7147ad78c9271902fd3d1c0be28e26315453b.jpg

♪「お祭りマンボ」は有名ですが、早口言葉のようなのでカラオケでは敬遠されがち。
1番(おじさん)・2番(おばさん)のあと間奏でテンポがゆっくりになり、最後に「ハイ、それまでよ」的なオチがあります(笑)。

はじめゆっくり歌詞を確認し、脳トレを兼ねて気持ちテンポアップして通しました! 
思った以上にみなさん大きな声で歌ってくださいました!

5 8_201904272309125c5.jpg

もっとも後期の3作は、♪愛燦燦、♪みだれ髪、♪川の流れのように

10 9

ハワイで撮影された味の素のCMで流れた♪愛燦燦は小椋佳さんの作品で“家族愛”がテーマ。
遺作となったのは♪みだれ髪、星野哲郎さんがひばりさんのために福島の塩屋岬に何度も足を運んで歌詞を書き、船村徹さんが曲を作った名作。塩屋岬には歌碑が立っています。
そして皆さんにいつまでも愛される名曲♪川の流れのように で締めました。

★デイホームのホームページでも、さっそく当日のうちに会の様子をご紹介くださいました。私のブログにはあまりアップでは公開していませんが、利用者さんたちが元気に歌われる表情が紹介されています。
→ 等々力の家デイホーム 最新記事

★連休中の来週5月4日(土)、ここ等々力にヴァイオリニストをお呼びして、脳が喜ぶミニコンサート…チェコの音楽を中心にお届けします。

P4270091.jpg 
5月4日プログラム20190427 チャールダーシュ解説20190428

外国の愛唱歌~映画・ミュージカルの歌

2019.4.13(土)、20(土)

今月はフルートの徳永さんをゲストにお迎えして、外国の愛唱歌~映画・ミュージカルの歌を取り上げています。

P4139946.jpg

♪峠の我が家
♪故郷の人々(スワニー河)
♪懐かしきケンタッキーのわが家
♪ローレライ
♪アニー・ローリー


小学校の音楽でも取り上げられていた懐かしい名曲ばかりですが、「名曲アルバム」風にその曲の生まれたいきさつ・エピソードなどもあわせてご紹介するのが私流。

「ローレライ」、合唱でもよく歌われる名曲ですが、ドイツのライン川にちょっと恐ろしい伝説があることをご存じでしょうか?
「アニー・ローリー」は、電話応対の保留時に流れるオルゴール風の音色でお馴染みですが、実在した人物だったんですね。
ローレライ20190420_0001 アニー・ローリー20190420
★クリックして大きな画像でお読みください(以下同じ)

そして、有名なミュージカル・映画の中で用いられた曲…

♪ムーン・リバー 「ティファニーで朝食を」より
♪踊り明かそう  「マイ・フェア・レディ」より
♪虹の彼方に   「オズの魔法使い」より

ムーンリヴァー20190414 踊り明かそう20190414 虹の彼方に20190420
「踊り明かそう」は、岩谷時子さんが訳された日本語で歌っていただきましたが、他の2曲は英語で!
…カナカナ英語でまずゆっくり歌っていただいたら、みなさんよく歌ってくださいました。


4月13日(土) デイホーム上馬にて

1_20190420100311a2c.jpg 2_201904201003110d0.jpg 
3_20190420100312745.jpg 4_20190420100313596.jpg

4月20日(土) デイホーム野沢にて

P4209961.jpg P4209966.jpg 
P4209975 - コピー P4209977.jpg

いつものS氏が「虹の彼方に」、さらにサプライズとしてカンツォーネの「サンタルチア」「帰れソレントへ」を熱唱してくださいました。

P.S.
新年度となり、新たに着任された職員さんも。歌がお好きで、プログラムにヒントを下さったり一緒に歌っていただけると会の雰囲気も一気に高まります。嬉しいご縁に感謝。
20日、デイホーム野沢にて開始前のひとこま。
P4209957.jpg

◆今後の予定

4月27日(土)…等々力の家デイホーム 「美空ひばりの世界」
5月 4日(土)…等々力の家デイホーム チェコ帰りのヴァイオリニストを迎えて
5月11日(土)…デイホーム上馬 (内容未定)
5月18日(土)…デイホーム野沢 (内容未定)
5月25日(土)…デイホーム等々力 (外国の愛唱歌、映画・ミュージカルの音楽)

「音の小部屋」にも春の訪れ

2019.4.6~7(土・日)

最近、映画ミュージカルの音楽をリクエストされる機会も多くなり、この週末「音の小部屋」にこもって選曲・歌詞シートづくりをすすめました。

「ウエストサイド物語」、「サウンド・オブ・ミュージック」、「マイ・フェア・レディ」といったミュージカルにおさめられた名曲の数々。

また映画「いそしぎ」「ムーンリバー」「慕情」など…素晴らしい音楽があっての名画ともいえるでしょう。

1_20190407204907f92.jpg

子どものころから聴いてきた有名な曲でも、歌詞の内容や物語、作品の生まれた経緯など知らなかったことをあらためて発見。
歌詞シートの下に、そんな豆知識もできるだけ入れるようにしています。

また「故郷の人々」、「峠のわが家」、「懐かしきケッタッキーのわが家」、「ローレライ」、「アニー・ローリー」など、懐かしい外国の歌の数々も。

2_20190407204908b8a.jpg

デイホームでこうした外国の歌を取り上げるには、日本語訳・英語のカタカナ表記などの配慮が必要ですが、歌のゲストをお呼びしたり楽器演奏で聴いていただくだけでも、懐かしい青春がよみがえるかもしれません。
季節の歌や昭和歌謡の間に、カラオケとは一味違った外国の楽曲を入れていく機会もこれから増やしていけたらと思います。


6日(土)、弦巻の自宅で午前中過ごし、昼食のあと自転車で下馬の「音の小部屋」に移動。途中の公園で桜を満喫しました。
この週末が、東京・世田谷では桜(ソメイヨシノ)もピークでしょう。

IMG_20190406_124626 (1) IMG_20190406_124639 (1)

等々力のデイホームに看護師として勤務されているKさんが「音の小部屋」に来室されました。

以前ピアノを習っておられたそうですが、お仕事や子育てでお忙しい中でも、「またピアノを弾きたい」「楽譜なしでも、ちょっとお洒落な響きで伴奏したい」…そんな夢をもってレッスンをスタートされました。
昨年9月から私が担当する会での伴奏をお聴きになってのご相談…嬉しい ありがたいご縁に感謝です。

その後、フルートのTさんが来室、来週からのデイホームに向けて音合わせ・確認を少々。

7日(日)、食事に出る以外は「音の小部屋」にこもり、資料づくり。

IMG_20190330_191323 (1) 3_20190407204908793.jpg

おととしの9月、私の誕生日に下の娘がプレゼントしてくれたヒメリンゴが花を咲かせてくれています。
またベランダのすぐ前、去年いっぱい実をつけた柿の木も、新芽が元気に顔を出しました。

4_201904072049093f3.jpg 5_20190407204910af7.jpg

夕方、焼きとんで軽く一杯やりながら資料をチェック。
まだ作業もあって、飲むよりも食事がメインで、メンチ&ライス。

つくし 玉子とじ

2019.3.24 (日)

今年も、自宅近くの駐輪場に 土筆(つくし)が顔を出してました。
1_20190324160940331.jpg 2_20190324160940ca7.jpg
3_20190324160941e46.jpg 4_201903241609411a3.jpg

先週末は行く時間がなく、今日行ってみたらもうだいぶ伸びきって、スギナもびっしり生えてきていました。収穫にはぎりぎりのチャンス!

2週間前の3月10日(日)、やはり近所の神社裏にフキノトウを見に行ったら、もうすっかり伸びきってしまっていました。
IMG_20190310_125446 (1) IMG_20190310_125533 (1)

刻んで甘い味噌炒めにするのが楽しみだったんですが…今年は春がちょっと早いようですね。


◆土筆の玉子とじ

関東から東北地方の方はあまり土筆を食べる習慣がないようですが、私の母方の祖母の郷里・愛知県犬山や名古屋、父の転勤で小学校低学年まで過ごした関西では、土筆を採ってきて食べていました。

きょうの収穫
5_201903241609428c1.jpg

まずハカマの部分(=葉)を取ります。
伸びきって、先端部分も開いてしまったものが多いですが、まだしっかりしているのも。
6_20190324161634dcb.jpg 6b_20190324163250d13.jpg
 
砂糖・醤油で煮て、玉子でとじる…簡単です。
8_20190324161636eca.jpg 9_20190324161636b31.jpg

この匂い、ちょっとほろ苦いこの味! 子どものころを思い出す 「春」の香りです。
一説によると、スギ花粉の免疫にもなるとか?…子どものころから食べている私、いまのところ大丈夫です。

◆ところで、土筆って何者?

「土筆はスギナの子」って言われるけど、伸びていくとスギナになるの?…など、毎年誰かしら話題に出されます(テレビでも)。
あらためて眺めると、葉緑素がなくて光合成することなく、ひょろっと伸びて、先端部分から胞子を飛ばす…まるでカビキノコの仲間のような風貌ですね。あれっていったい何者?

はい、もうだいぶ前(2011年3月)に書いた記事をあらためて…
→ 土筆(つくし)って何者?

春の歌&映画音楽 in 等々力

2019.3.23 (土)

3月も第4週は等々力の家デイホーム
フルートの徳永有紀さんをお迎えして、今月のテーマ「春の歌&映画音楽」をお届けしました。

01.jpg 02.jpg
2_20190324015620e8c.jpg 2a_20190324004041f61.jpg

「早春賦」と「知床旅情」の歌い出しはそっくりです。ここを使ってまずは発声練習。
先週のデイホームと同じく、はじめにこれをやると皆さんの声が一段と素晴らしくなりました。

♪早春賦
♪知床旅情
♪襟裳岬
♪高校3年生
♪なごり雪
♪贈る言葉

日本の抒情歌・歌謡曲・フォークソング…それぞれ2曲ずつ、この3月に歌いたい歌を。

7_201903240042372de.jpg

3_20190324004042fac.jpg 4b_20190324004235c1a.jpg

つづいて映画にまつわる音楽
じつは先月ここ等々力で、司会の佐々木さんからのリクエスト。佐々木さんの想い出に残る映画について、少しお話ししていただきました。

P3239824.jpg 6_2019032400423651f.jpg

「ひまわり」「シェルブールの雨傘」「パリのめぐり逢い」…50~60年代のフランス映画・イタリア映画など、映画の中身も音楽も素晴らしかったと。本当にそうですね。歌の入らない映画音楽も多いですが、また追々取り上げていこうと思います。

まずは日本映画から…

♪下町の太陽
♪喜びも悲しみも幾歳月


つづいて外国映画から…
ジェニファー・ジョーンズ、ウイリアム・ホールデン主演の♪「慕情」をフルートとともに。
マット・モンローの歌ですが、フルートの音域でもなかなか素晴らしいです。

11_201903240046132f2.jpg 4_201903240040434a2.jpg 

つづいて007シリーズ第二作♪「ロシアより愛をこめて」
「慕情」と同じくマット・モンローの歌ですが、オリジナルに近いバラード゙風にはフルートの音域ではやや厳しいので、ピアノソロでお届けしました。



きょうは、訪問演奏の企画・プロデュースをされている壷井さんが見学にいらっしゃいました。

8_20190324015250680.jpg 9_20190324004612a39.jpg

今月のはじめ、世田谷美術館のレストランでのコンサートにお邪魔し、美味しいワインを楽しみながらピアノ&クラリネットの演奏を楽しませていただきました。コンサート会場ではない場所でも、いい音楽と親しめる機会をプロデュースされているのが壷井さんです。

2c_20190324005444f7a.jpg 5c_20190324005444ea6.jpg

その時アンコールで演奏された「ロンドンデリーの歌」を、きょうもアンコールでご紹介しました。

ダニーボーイ inC 楽譜

もともと古いアイルランド民謡で、その調べを盲目のヴァイオリニストが街角で弾いていたところ、通りがかったアイルランド出身のジェーン・ロスという女性の民謡収集家がメロディを書き取り、そこに弁護士(法律家)のフレデリック・ウェザリーが詞をつけました。
戦争に行ったわが子の無事を祈り帰りを待つ母の想いを詞にして「ダニーボーイ」という曲になりました。
詳しくは、以前の記事をご参照ください。→ Dunny Boy ダニーボーイ


10_20190324004613164.jpg 12_20190324004614dad.jpg

司会の佐々木さん、「母」として息子への想いが重なり、声を詰まらせてしまわれました。
本当に美しい曲です。

等々力の家デイホームのホームページでも、さっそく今日の会の様子をご紹介くださっています。

来月から新年度。ひきつづき、
 第2土曜(13日)…上馬
 第3土曜(20日)…野沢
 第4土曜(27日)…等々力  にお邪魔します。

あなたも必ず「楽譜は読める!」

◆楽譜が読めるって特別なこと…?

日本語は、ひらがな・カタカナ・漢字・アルファベットが交じり合った、じつに難しい言語だと思います。でも日本人で、日本語が読めないという人はまずいませんね。

一方「楽譜(音符)」はどうでしょう?
「楽譜が読めるって凄いですね、羨ましいです」…という声をあちこちで聞きます。

演奏家がなにか曲についてアップするときに、参考までに楽譜を載せると、必ずそういったコメントが入ります。でも、楽譜が読めるってそんなに特殊なことでしょうか?

小学校の低学年から、すでに音楽の教科書には楽譜は載ってましたよね?

就学前(4歳ぐらい)からピアノ・ヴァイオリン・歌などを習っていた子なら楽譜は読めたでしょう。でもそうでない子は、先生が弾くピアノの音やみんなが歌うのを聞いて耳で覚えて歌っていた…?
学校では楽譜の読み方を教えてない…(まさか)?
あるいは、分かりやすい説明が受けられなかった…?


◆五線にならんだ音(=音の高さ)

最近、「楽譜が読めない」「せめて音名ぐらい分かるようになりたい」…という方に、わずか10分でト音記号・へ音記号の音が分かるように…そんな夢を見たんです(笑)。

その夢の中で描いていた図がこちら…
ト音・へ音 作図 ブログ用

ピアノでト音記号(右手)・へ音記号(左手)を教える時に、いずれも下から上へ、両手を平行する形で教える方法もありますが、私は真中の「ド」から上下・対照に教えた方が分かりやすいと思っています。

この図をご覧いただくと一目瞭然でしょう。そもそも「ト音記号・へ音記号って何?」という説明から、真中のドよりも高い音域=ト音記号、真中のドよりも低い音域=へ音記号で、その2つは完全に上下対照になっています。

なお、ト音記号とへ音記号の間の音域(=真ん中の「ド」を中心)を表記するのに、ハ音記号(=アルト記号・テノール記号)というのがありますが、やや専門的になるので、こちらの記事をご参照。
→ オーケストラの楽譜の風景


各国の音の呼び名が混在!

日本語の難しさが音楽の世界にも…

一般に音の名前は「ドレミファソラシド」(イタリア語)で呼びます。でもコードネームなどは「ABCDEFG」というアルファベット(英語読み)、またやや専門的なところでは同じアルファベットでも「アー・べー・ツェー…」とドイツ語になります。
さらに、なに調かを表すときは「イロハニホヘト」と日本語。いや~難しい!?

はい、これも鍵盤上で一覧にしておきましょう!

  ラ~ド文字入り


◆その他

いかがでしょうか?
ここまでで、音の名前(=高さ)・五線上の表記についてはもうお分かりいただけたのではないかと思います。

あとは、音の長さ(=音符の種類)、拍子(=1小節内に何音符がいくつ入るか)、調整(=#・♭)の表記、速度・強弱など音楽の表情に関する表記…etc.
これらは、実際になにかの曲の楽譜を見ながら追々理解していけば良いでしょう。

ちなみに、小学校6年生の音楽の教科書の最後に一覧になったものをご参考まで。
小学校で、すでにここまで理解できる(はず)なんですが…

小6 音楽1    小6 音楽2
★クリックすると大きな画面でご覧になれます


ここ「音の小部屋」では、「楽譜がないと弾けません(オタマジャクシ)からの脱却」とか「楽譜が読めなくても…」といったテーマも多く扱ってきましたが、楽譜にばかりしがみついて音楽の神髄や即興で奏でる楽しさを味わえないのはもったいない、楽譜がなくても音楽は楽しめる、楽譜が読めるかどうかにかかわらず音楽は万人のもの…という意味です。

いざ音について伝えるのに、楽譜はもっとも分かりやすい世界共通の記号
読めた方が便利であることは間違いありません。楽譜の中身をしっかり読み解くことも重要。楽譜の存在を否定するものではありません。

小学校でもすでにこれだけの楽譜(音符)に関する基本はちゃんと出ているのです。
その後大人になって、「生理的に音楽はだめ、音楽を聴くと気分が悪くなる」…という人はまずいません。ジャンルの違いこそあれ、みなさん「音楽は好き」とおっしゃる。なのに、なぜ楽譜を読めない人が多いのでしょう?
世界の中でも難しいと言われる日本語が話せない・文字が読めない日本人はほぼ皆無なんですから、楽譜が読めることぐらいそんな特殊なことではないと思って「やってみる」きっかけになれば幸いです。

<おことわり>
一口に「楽譜が読める」といっても、ただ書かれている音を出すだけでなく、楽典(音楽理論)や和声楽といった面から把握できるか、その音が書かれている意味・作曲者が意図したことをいかに汲み取ること(アナライズ)ができるか…などなど、意味はとても深いです。
しかしここではそんな難しい話をするつもりはなく、単純に「楽譜が読めるって凄いですね」「私は楽譜なんか読めません」などとおっしゃる多くの方に、楽譜を見て音が分かること自体は、決してそんな特殊な難しいことじゃありませんよ、未就学児だってピアノやヴァイオリンを習い始めれば皆できることですよ、というレベルで書きました。

ボランティア感謝祭にお邪魔しました

2019.3.17(日)

等々力の家デイホーム 「ボランティア感謝祭」にお邪魔してきました。

1a_20190317201956746.jpg 3_20190317202340ae7.jpg 1b_201903172019565e3.jpg

私が毎月第4土曜日にお邪魔するようになってまだ半年ほど(=昨年9月の敬老会から)ですが、地域には多彩な方が多くいらっしゃいます。今日集まったのはほんの一部とのことです。

会場内には、利用者の皆さんが手作りされた飾りが天井から、壁には職員スタッフさんたちが飾り付けてくださった豪華な飾りが迎えてくださいました。

1c_20190317201957b41.jpg 1d_20190317213027146.jpg
いつも私の会をおもに担当してくださっている山根さんと畑中さん


ここ等々力には、1階のデイホーム(日帰り)のほか、2~3階には特養も併設されていて、そこの職員さんや施設長さんもごあいさつされました。

2a_20190317202338cfe.jpg 2b_20190317202339af4.jpg 2c_20190317202339c42.jpg 2d_2019031720234083a.jpg

春らしい素敵なお弁当をいただきながら…
3a_201903172027371ad.jpg

落語、アニマルテラピーのワンちゃん、手品、ウクレレ、ハワイアン… 
皆さんの多彩・多才な芸が披露されました。

3b_20190317202738d28.jpg 
3c_20190317202739dd6.jpg 3c2_20190317213504ec3.jpg
3e_20190317202916403.jpg 3f_20190317202916b62.jpg 
3d_20190317202740acf.jpg 3g_20190317202917821.jpg

私も最後に、フルートの徳永さんとともに「いい日旅立ち」「見上げてごらん夜の星を」。
歌詞シートを配布していただいて、皆さんにもご一緒に歌っていただきました。

4a_20190317202917e79.jpg 4b_20190317202918804.jpg

プログラム20190317
5a_2019031720311727c.jpg 5b_201903172031181b3.jpg 

11時からスタートして13時まで。あっという間の楽しいひと時でした。
これからも、よろしくお願いいたします。

春の曲&なつかしい映画音楽 in デイホーム野沢

2019.3.16(土)

3月の第3土曜日、私にとってホームグランドであるデイホーム野沢の担当日でした。
今月は、「春」にちなんだ曲と「映画」にまつわる曲。

1 2

リード・ヴォーカルにお馴染みの藤井淳水さんをお迎えしました。

2b 3 4 5

プログラムの内容に関しては、先週アップしたこちらの記事をご参照ください。
→ 「春」の曲&なつかしの「映画音楽」


前半の「春」の曲も、「下町の太陽」「喜びも悲しみも幾歳月」…みなさんよくご存じだったようで、いつもにも増してよく声を出されてました。

6

終わりの「慕情」「ロシアより愛をこめて」は、どちらもマット・モンローの歌った名曲。
歌のプロフェッショナル Sさんが、車いすから降りて立って歌ってくださいました。

7b_20190405234225a98.jpg 8

Sさんには近々、カンツォーネを歌っていただけるという話も…

来週23日(土)は、同じ奉優会の等々力の家デイホームに伺います。


8年前を思いつつ 音の小部屋テキストづくり

2019.3.11(月)

日が長くなりました。きょうの東京の日の出は5:58、日の入りは17:45
朝夕とも、6時には空が明るい季節になりました。三日月が西の空高くに輝いています。

きょうは、東日本大震災から8年
地震発生時刻には黙とうできませんでしたが、朝から何度となく思い起こしていました。

犠牲になられた方のご冥福をお祈りするとともに、8年前、娘たちは何年生だったな、私は何をしてたかな…などと思い起こしていました。

あの震災のあと、所属するオーケストラでもチャリティ公演。
その前年の「こころコンサート」で加わったスペシャルメンバー(ハンディのある演奏家たち)も加え、被災地でもコンサートを行い「がんばろう日本」…

2c_201809130129426be_20190125231950b75_20190311192112c85.jpg

そうした活動をきっかけに、私も単に自分が好きだから演奏に参加したいというだけでなく、「音楽の力」「せめてできることを」…そんな想いを強く抱くようになり、2013年度から勤め帰りに音楽学校に通い、音楽療法を学んだのです。

なにをするにも「時」があり、それが次のきっかけになることもある…
東北に在住の知人・音楽関係者もいらっしゃいますが、どうかこれから先に向かって力強く歩んでいただきたいと願います。


テキストを作りながら…

音の小部屋に4月から来室される方へのテキストをつくりながら、お腹がすいたのでちょっと失礼して…

めったにこの部屋では調理しないんですが、明石ののカマが手に入ったので煮付けを作ってみました(ちゃんと生の生姜も刻んで入れましたよ)。
そして今が旬のホタルイカのボイルで一杯。

P3119747.jpg P3119748.jpg

まだ空が明るいうちからちょい飲みできる贅沢に感謝して…


♪今回のテキストのテーマ

コード(=響き)とスケール(=音階)について

よくジャズピアノで、ベースとなる響きの移り変わりの上に、右手で戯れるように奏でられるスケール。
どうすると、あのようにちょっと大人なムードのズージャな音を奏でられるんだろう…?

このコードには、どんなスケールを弾いたらいいのか…楽典を見ても、和声学にも、私が3年間通った音楽学校の講義でも、「答え」はありませんでした。

ドミソに代表される和音(=コード)は3つの音の重なりでできています。根音(一番下の音=ド)から上の音(=ソ)までは5度です。これはハ長調の音階としては下半分の響きですね。

ところが音階は7音です。
あるコードの上に重ねるのがテンションコードというもの。
たとえばCm(=ドミ♭ソ)というコードの上にG(=ソシレ)という明るいコードを重ねると、なんともズージャないい響きになります。
音階の下半分はマイナーだけど、上半分は明るい…これはハ短調のメロディックマイナー(=旋律的短音階)を一掴みにした響きです。

ドミ♭ソの「ミ♭」とソシレの「レ」は半音同士、隣で鳴らされたらぶつかり合って汚い音ですが、離れたところで鳴らすと案外いける…それがテンション(=緊張感のある音)です。

そして、暗いコードの上に明るいコードを重ねる、あるいは逆に明るいコードの上に暗いコードを重ねることで、ひとつの音階(=スケール)が浮かび上がってきます。
長調・短調だけではなく、教会旋法(=モード)の音階も、奏で方によってはお洒落なスケールになります。
メジャーコード&マイナーコード、それぞれにどういうテンションコードを当てたらよいか…?

あとは、それらの音をどう拾ってどう奏でるか?…それがスケールの奏で方のヒントになります!
ショパンの即興曲や変奏曲などでも、まさにこれをやっていたわけです!


♪「音の小部屋」とは?

音楽・音に関するあれこれを楽しく分かち合う私的な部屋です。
テーマは人によって異なりますが、「楽譜はまったく読めないけど今からでもピアノを弾けるようになりたい」「かつてピアノはやってたけど、楽譜がなくてもちょっとおしゃれなコードで軽く弾くぐらいできたら」といった方から、「他の楽器歴があるけど、音の原理についてあらためて考えてみたい」という方(=鍵盤は音を見える化してくれる装置)、あるいは「楽器演奏まではできないけど音楽が大好きで、音に関するあれこれを雑学的に知りたい」という方まで…

昨年の記事ですが、ご参考まで
→ 4月からの受講者募集!

「春」の曲&なつかしの「映画音楽」

2019.3.9 (土)

今週、関東は雨の日が続きましたが、きのうから晴天に恵まれ春の陽ざし。
はどこも満開!
梅1 梅2

も、ソメイヨシノ以外の種類はもう咲き始めています。
桜1 桜2
★クリックすると大きな画像でご覧になれます(以下おなじ)


きょう第2土曜日はデイホーム上馬にお邪魔してきました。

2_201903092215044ac.jpg 3_2019030922150491b.jpg 1_20190309221503a70.jpg 

<プログラム>
今月は、「春」にちなんだ曲、そして懐かしの「映画音楽」から

「春」にちなんで…
 ♪早春賦
 ♪知床旅情
 (森繁久彌)
 ♪襟裳岬 (森進一)
 ♪高校3年生 (舟木一夫)
 ♪なごり雪 (イルカ)
 ♪贈る言葉 (海援隊)

なつかしの映画音楽…
 ♪下町の太陽 (倍賞千恵子)
 ♪喜びも悲しみも幾歳月

配布用歌詞・解説は私のオリジナル
 (クリックして大きな画面でお読みください)
 下町の太陽20190309 喜びも悲しみも幾歳月20190309
   
外国映画から…
 ♪慕 情
 ♪ロシアより愛をこめて 007シリーズ第2作
  …どちらも、マット・モンローが歌っている名曲です。
 慕情120190309 慕情220190309 
 ロシアより愛をこめて20190309
 英語の歌詞で、何人かの男性が口ずさんでおられました。

あさっては3月11日、東日本大震災から8年目を迎えるので…

♪花は咲く
 原曲キイは「F」で高いので、「C」に下げました。
 花は咲く原図(歌詞スキャン) - コピー

デイホームごとに若干プログラムは異なりますが、今月のこの後の予定は…

16日(第3土曜):デイホーム野沢
23日
(第4土曜):等々力の家デイホーム

4月以降も、第2~第4土曜に定例の予定。
プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR