FC2ブログ

メニュー紹介 <更新版>

ようこそ 「ティンパニで朝食を」へ !

すべての人に音楽の喜びを! 障がいのある人もない人も、音楽の力でともに生きる社会へ。
ブログを開設したのは、そんな思いを強くした2010年の4月でした。左の「プロフィール」もご参照ください。

長文の記事も多いですが、視覚に障がいのある方も音声変換で閲覧されますし、中学生でもきちんと読んでいただければ分かる文章で書くように心掛けています。

はじめてご訪問の方にも分かりやすいように、常にこの「メニュー紹介」がトップにくるように投稿日時を本年末の日付に設定しています。 このトップページだけをご覧になって「あ~、まだ更新してないな」と閉じないで下さい! 最新記事はひとつ下にあります。

以下の各カテゴリーから、ご興味のあるテーマの項目(画像の上の文字)をクリックしていただくと、そのテーマの記事群に飛べます。
 


★テーマ項目(緑文字)をクリックすると、今開いているメニュー画面とは別の新しいタブで開きますから、そのカテゴリ内を色々ご覧になったあと右上の「×印」で消せば、再びこのメニュー画面が表示されます。

★カテゴリ内を
スクロールした一番下に「次のページ」の表示があれば、さらにさかのぼって関連記事があります。

★翻訳 Translation
Googleの言語一覧からお好きな言語を右クリックして「お気に入り」に入れておき、ブログページを開けた状態で「お気に入り」に入れた言語をクリックすると、一瞬にして全文がその言語になります。

To all one who access
my pages through my facebook from around the world, please check this blog in the Translations Browser Google. Please chose your language, by the right click and put into your "Favorites"  (↓)
http://translate.google.com/translate?u=http%3A%2F%2Ftranslate.google.com%2Ftranslate_buttons%3Fhl%3Dja&hl=ja&langpair=auto|en&tbb=1&ie=utf-8
When you open some
Web-page ,not only my blog page, just click on your "Favorites" language.
You can see all of the characters on the screen in your language .
Some words can be translated into a strange, but you will understand almost correct meaning, I think.
 



~ 音楽関連~

公開情報(コンサート・放送予定など) 

2017
in 徳島 2017.6.25 in 飯山 2017.8.6 in 岐阜20170627

2018

1b_20180805234416b07.jpg  2018.9.12 サントリーH

音楽ギャラリー(リハーサル・バックヤードの様子など)
ティンパニ 
2010年3月「こころコンサート」 NHKホールにて

★フェイスブックもこのプロフィール写真でやっていますので、よかったら探して下さい。

★このカテゴリにはパスワードをかけてある記事があります。
不特定多数には公開していない画像を含むもので、友人・知人にアルバムをお見せするような形でのアップです。
ブログ案内を差し上げている方は、そこに書いてあるパスワードを入力してください。

何かのご縁でこのブログを訪問されてご興味のある方は、この記事下の「コメント」欄に簡単な自己紹介・お名前・メールアドレスをご記入の上、「管理人だけに表示を許可する」にチェックを入れて送信してください(いわゆる“鍵コメ”というもので、他の方からは見えない私信となります)。こちらからメールにてパスワードをお知らせいたします。 



コバケン先生との出逢い(05長崎・06熊本)
コバケン先生 

出逢いに感謝して
出逢い 

ティンパニのつぶやき(オーケストラの打楽器)
打楽器

★デイホーム日誌
201612171800372c6_20170204152302fd2.jpg 201612171814099a0_20171221003613448.jpg
2016年12月より、月にいちど「脳が喜ぶ歌の会」という枠を持たせていただいてます

50代ことはじめ ~音楽療法の世界へ~
20170121184814c8e_20171221003614baa.jpg

★「音の小部屋」プロジェクト
5度時計(改右回り)

「音」についてアラカルト
チェロは歌う 音について

私のこの一曲

シャコンヌ 

オペラの世界へ

カルメン2 オペラ1

→ 電子書籍「オペラの世界へ ~カルメンを中心に~」


~社会~


ノーマライゼイション(ともに生きる)

コミュニケーション

「豊かさとは…?」~日本が見失ってはいけない大切なこと~
派遣村 

社会・時事に思う

一歩踏み込んで 言わせて頂きます! 

★駅の安全・案内サインなど
2011021301471947a_20170330005741b57.jpg

原発関連 ~「社会・時事に思う」から分離しました~

★アジアにおける日本の過去 ~「社会・時事に思う」から分離しました~
 

~季節・鉄道・模型・旅~

季節・日記
季節 

模型ギャラリー(手作り模型の世界)
★鉄道模型
模型1 模型2 模型3

鉄道以外にも…
★ドールハウス(ミニチュアの家)
20120513181403ab7_20170620012322bcf.jpg 4a_20171221005221202.jpg 2a_20171221005220648.jpg 2b_20171221005220555.jpg IMG_20171216_212814.jpg

もうひとりの恩師(鉄道模型屋さんから学んだ遊びの哲学)
いさみや

小さな鉄(テツ)な旅 ~江ノ電・世田谷線ほか~
テツ旅1 テツ旅2

旅・鉄道(韓国・イギリス・アメリカ・カナダ…)
旅1 旅2カナダ 旅3シアトル 


~自然・科学~

★身近な科学(ちょっと好奇心)

自然・歴史・民俗
雷・竜巻1 風神雷神

なまず通信…2011年1/18(=東日本大震災の約2か月前)に立ち上げたカテゴリーです
なまず1 なまず2 なまず3 なまず4


~その他~


己を見つめる

パウゼ(♪ひと休み)…疲れた頭と なまった腹筋に!

ピアノジョーク…「パウゼ」から分離しました

尻っぽの生えた天使たち
1_201801080121218be.jpg


9.22 デイホーム野沢

2018.9.22(土) 13:50~

今月は変則で第四土曜日、デイホーム野沢での「脳が喜ぶ歌の会」でした。

紅白の彼岸花(マンジュシャゲ)も満開、明日は秋分の日。2~3日ぐずついた空も午後になって晴れてきました。

1a_20180922170304744.jpg  1b_2018092217030576b.jpg

1c_20180922170306cc0.jpg
★クリックすると大きな画面でご覧になれます(以下同じ)

まず前半は、この季節らしい歌を3曲ほど

♪赤とんぼ
♪小さい秋みつけた
♪誰もいない海

2a_201809221703092a7.jpg  2b_201809221703125e6.jpg

~あなたの“想い出の一曲”から~

前回みなさんにシートをお配りして「想い出の一曲」を募ったところ、数名の方からすぐにご回答をいただきました。その中からまずは…

♪君恋し (フランク永井)

例によって、歌詞シートにコードとイントロをメモ程度に五線紙に書いたものを貼りつけて伴奏。 スイングジャズ風に…

3a - コピー

フランク永井が歌って1960年代に有名になりましたが、じつはこの歌が作られたのはもっと古く、歌詞は大正時代に作られていて、浅草電気館レビューで人気を博していた歌手・二村定一氏が昭和3年にレコーディングしているんですね。
この曲を好きな女性の方も多いんだな、と今日あらためて思いました。

2c_20180922170512da8.jpg  2d_20180922170514357.jpg


「お茶タイム」をはさんで…

♪未完成交響曲 (シューベルト)

かつて、文芸雑誌を作っておられた方が、会のはじめに毎回この曲を聴いていらして、グループ名も「未完成」とされていたとか。
そんな話をインタビューさせていただきつつ、お茶タイムに、1楽章の前半3分の1ほど(=主題呈示部)をピアノ譜に起こしたもので再現してみました。

3b_20180922170519631.jpg  未完成
         ★クリックすると大きな画面でご覧になれます(他すべて同じ)

♪からたちの花 

あらためて楽譜を見ると、3拍子と2拍子が混じっていて、詩の節ごとにメロディも伸ばす長さも微妙に異り、意外と難しい曲です。

からたち 
★クリックすると大きな画面でご覧になれます(他すべて同じ)

詩の節ごとに番号を振った歌詞シートを配布していただき、私が弾きながら「〇番です」と言いながら伴奏。
必要なら2回位やってみようとも思ってましたが、皆さんよくこの曲をご存じで、1回で見事に歌いきってくださいました。

<私にとっても、恩師との再会のきっかけをくれた曲>

じつは私にとっても「からたちの花」は想い出の一曲。
小学校1・2年生の時に担任だった先生が、2年生のお別れ会で歌ってくださり、「みなさんが大きくなってどこかでこの『からたちの花』を聞いたら、先生のことを思い出してくださいね」と言われたのです。

両親が他界し、子供のころを思い出していた時期に、たてつづけにこの「からたちの花」を聴く機会があり、あたかも「今のうちにその先生を探して訪ねなさい」と天の声で言われているように駆り立てられ、いくつかの偶然を経て、その先生と40年以上たって再会を果たしたのです!
「想い出の一曲」の力は大きいですね。


◆新しい試み

きょう、ちょっと試してみたかったことがひとつ。事前に皆さんに歌詞を配布していない曲を取り上げる試みです(「想い出の曲」を挙げてくださった方が、もし今日いらしてなかったら…を想定して)。

この1年半以上、デイホームで取り上げてきた日本の歌・歌謡曲などがざっと120曲を越えました!
その中から、季節ごと・題名ごと・歌手ごと…等に歌詞を取り出すことができれば、必ずしも全員に歌詞をコピー配布していなくても歌える方法はないか…と。

今日は試しに…

♪「里の秋」
♪「学生時代」


司会の望月氏に歌詞をお渡しして「先読み」していただき、皆さんに続けて歌っていただく…かつての歌声喫茶方式でやってみました。

4a_201809221709051ea.jpg  

曲によって、読み上げるフレーズ・先読みをはじめるタイミング・伴奏を弾くテンポにも注意が必要ですが、みなさんちゃんとついて歌って下さいます。少し慣れれば、必ずしも事前に全員に歌詞をコピー配布しなくても、この方法で歌えることが分かりました!

3c_20180922170901d12.jpg  4b_20180922170908940.jpg

そして最後、よくこのデイホームでも歌っているこの2曲も「想い出の曲」として挙がっていました。

♪上を向いて歩こう
♪見上げてごらん夜の星を

みなさんと過ごす楽しい時間はいつもあっという間です。
終了してから「送り」までの間、私もテーブルでお茶とお菓子をいただいていると、何人かの方から「あの曲をご存じですか?」「わたし、この曲が好きです」などお声をかけていただき、次回までの宿題もできました!
皆さんの「想い出の曲」をお聞かせいただいたり、リクエストにお応えしたり…今まで以上に皆さんとの会話もはずみそうです。

★次回は、10月20日(土)14時~ です。


等々力の家デイホーム「敬老会」(初回)

9月17日(祝・月)13:50~ 

~過ぎゆく夏 & 想い出の一曲~

                   
いつもお世話になっているデイホーム野沢と同じ奉優会の「等々力の家」デイホームの敬老会に初めてお邪魔しました。古いYAMAHAのアップライトピアノが待っていてくれました!

1 3
★クリックすると大きな画像でご覧になれます(以下同じ)

会の名称は同じく「脳が喜ぶ歌の会」、デイホーム野沢でもよくご一緒していただくヴォーカルの藤井淳水(ふじいあつみ)さんをお迎えして、この季節の歌、昭和の懐かしい歌などをご一緒に歌っていただきました。

2 5

<プログラム>

(前半)
♪高原列車は行く
♪浜辺の歌 
♪誰もいない海 
(トワ・エ・モア) 
♪東京ラプソディ (藤山一郎) 
♪ウナセラディ東京 (ザ・ピーナッツ) 

タイトルに「東京」とついた2曲を並べました。
昭和8年の「東京音頭」では「花の都」、昭和11年の「東京ラプソディ」では「楽し都、恋の都、夢のパラダイス」…華やいだ東京は憧れの街だったんですね。
それが昭和30年代にはいると、東京のイメージががらっと変わります。「街はいつでも うしろ姿の 幸せばかり」…

でも今日は、年代による東京のイメージの変化の話ではなく、昭和30年代に歌謡曲に革命的なできごとが起こったというお話し。

「ウナセラディ東京」は、1963年に「東京たそがれ」という題名で作られましたが、あまりヒットせず。
イタリアからカンツォーネの女王ミルバが来日し、コンサートで日本語で歌ってくれて一躍有名に。手直しを加え、題名を「ウナ・セラディ東京」へと改め、翌年大ヒット。
「ウナ・セラディ=ある一夜の物語」という意味。
前奏のないバージョンも多いが、昭和48年の「紅白歌合戦」では、作曲家の宮川泰さんみずからタクトをとり、フルオーケストラにハープ5台を並べてゴージャスに演奏!

★この曲が、昭和の新しいムード歌謡の草分けと言ってもよいでしょう。それはなぜでしょう…?

響きの移り変わり(=コード進行)がとてもお洒落で色彩豊か、映画音楽に近いのです!
「♪黒いオルフェ」「♪夜霧のしのび逢い」…さらにその背後にはクラシック音楽♪ショパンのバラード1番…コード進行がじつによく似ています。

そうした音楽がどうして日本の歌謡曲に影響したのでしょうか?
昭和30年代はじめ、テレビの本放送が始まります。当時はすべて生放送。
黒柳徹子さんなどがよくお話しされているように、顔をアップにしている下で着替えていたり、簡易なパネルに絵を描いたセットで背景をつくり…私の大先輩の方たち、おそらくデイホームに今いらしている方たちと同年代が、試行錯誤しながらテレビ番組を作っていったんですね。

今のように24時間ずっと番組を流し続けることはできず、放送していない時間帯も。その時間がもったいないので、外国の映画をテレビ用に変換して流したんですね。

映画とともに音楽もお茶の間に届けられ、それまでの日本の歌謡曲にはなかったようなお洒落な響きの音楽をみなが聴くようになった。焦ったのは日本の作曲家たち(だったはず)!

そのようなこともあって外国の音楽に影響を受けた音楽がたくさん作られるようになるわけですが、それを歌いこなせる歌手がいてくれてこそ。まさにザ・ピーナッツの誕生とも重なるのです!

<資料> ザ・ピーナッツ豆辞典

ザ・ピーナッツ豆辞典クリックして大きな画面でお読みください

外国の歌に日本語を乗せた「カバー・ポップス」、とても似ているあの曲・この曲…etc.
カラオケでは出てこないこういう話に、みなさん耳を傾けてくださいました。

7b_20180917201055582.jpg 4

(後半) 引き続き、歌へ…

♪恋のバカンス  (ザ・ピーナッツ) 

若い女性職員の方も、この曲をカラオケで歌われれるとか!ご一緒に歌っていただきました。

そして、今日のもうひとつのテーマ…

音楽は脳をよみがえらせてくれる

*音楽の力=歌うことで、脳全体がフル活動する!
歌う時の脳20180809

*パーソナルソング=その人にとって、特別の想い出につながる一曲!
パーソナルソング120180809 パーソナルソング3
 → あなたのパーソナルソングも教えてください(記入シートを配布)

先月デイホーム野沢でもご紹介した内容です。
→ デイホーム日誌(22) この記事の後半参照

*私の「夏の想い出」の1曲…
♪So in Love (Coal Poter) …「日曜洋画劇場」のラストテーマ
私の夏の思い出

これも先月のデイホーム野沢につづいて…
きょうは、藤井さんに英語で歌っていただきました。やはり歌が入るといいですね!

6


そして会の締め…

♪上を向いて歩こう (坂本 九)
♪見上げてごらん夜の星を (坂本 九)

初対面の皆さんで、野沢から7月に異動されてきた担当者も、音楽への関心・反応はどうかな…と当初心配しておられましたが、どうしてどうして。はじめのご挨拶からとても反応がよく、音楽がお好きな方が多いとすぐに分かりました。

歌にまつわるお話にも関心をもってくださり、関連した曲の冒頭をちょっとピアノでご紹介すると「懐かしい!」という声が!
アップライトピアノの配置から皆さんに背中を向けざるを得ないのですが、大きな声が背中を押してくださいました。

8a_20180917201101428.jpg 8b

途中で配布していただいた「あなたにとって想い出の一曲は?」というシートに、さっそく記入されたものが2枚ほど私の手もとへ!
そのうちの1枚「この道」(作詞:北原白秋・作曲:山田耕作)を「今弾けますか?」と職員の方から手渡され…

とりあえず歌いやすそうな高さで、みなさんが覚えている1番だけ歌っていただきました。リクエストくださった方が私のところへいらして「懐かしかった」と涙を流してくださいました。

来月から、第4土曜日にお邪魔させていただきます!
次回:10月27日(土)14時~ 

「コバケンとその仲間たち」in サントリーホール

2018.9月12日(水)

異常気象のつづく日本列島。最近の被災地へのチャリティコンサートとして行われました。

久しぶりのサントリーの大舞台!
2c_201809130129426be.jpg

チラシ20180913
★クリックすると大きな画面でご覧になれます(以下同じ)

この「コバケンとその仲間たちオーケストラ」がサントリーホールで演奏会を行うのは、今回が4回目です。

2010年4月 ♪コバケン先生の古希を記念して「アニバーサリー・コンサート」
2011年4月 ♪東日本大震災 「全音楽界による義援金コンサート」
2016年11月♪仲間オケ結成10周年を記念して 「新世界より」ほか

13時、借用楽器搬入

1 1a_20180913012951a03.jpg
NHKでもお世話になってきたサンフォニックスさんのトラックが懐かしい!

搬入にお手伝いいただいたメンバーたち
1b_20180913012953043.jpg
かつてこのオケのメンバーで、きょうは「仕事」として楽器を搬入してくれたN氏の姿も。

私は今日のTシャツに「がんばろう日本」の入ったもの(2011年に配布)を選びました。
2b_201809130129443bd.jpg 2c_201809130129426be.jpg 
2d_20180913014946a9e.jpg

素晴らしい笑顔の打楽器メンバーたち
2a_2018091301295507b.jpg 3b_20180913014950385.jpg 3c_20180913014952786.jpg

2010年「NHKこころコンサート」以来参加されている全盲のフルート奏者・綱川君も今回4回目のサントリーの舞台へ。

3a_20180913014953053.jpg

ヴェルディ「アイーダ」のバンダ
蒲田女子高校吹奏楽部、岩倉高校吹奏楽部のみなさん
3d_20180913015541d65.jpg

熱の入ったリハーサルが続く(舞台袖のぞき窓より)
3e_2018091301554336d.jpg

バックステージ
打楽器メンバーとお弁当タイム
4a_2018091301554529a.jpg 4b_20180913015547cee.jpg

ヴァイオリンのみなさん(一部)
4c_20180913015550905.jpg

19時~ 本番

<プログラム>
プログラム120180913 プログラム220180913
★クリックすると大きな画面でご覧になれます


福岡公演以来たびたび共演させていただいている瑞宝太鼓さんの熱演!
5a_20180913020009879.jpg

休憩時間、念入りにチューニングするハーピストのKさん
5b_20180913020011c70.jpg 5c_20180913020013a26.jpg

司会の朝岡聡さんと
5d_20180913020015875.jpg

1発のシンバルの大役を無事に終えて…
ソプラノ生野やよいさん(蝶々夫人)・テノール笛田博昭さん(ピンカートン) と。
5e_20180913020018363.jpg
お二人とも、プッチーニの歌劇「蝶々夫人」を歌わせたら世界一という方(プロフィール参照)
ソリスト 生野さん ソリスト 笛田さん

1名欠けてますが、本日の打楽器のみなさんと
5f_2018091302002034c.jpg

後半の「シェラザード」「ボレロ」の演奏を終えて、満席の客席でスタンディングオベーションが起こりました!
(どなかがこっそり撮られた画像をいただけたらアップします…)

「アイーダ」演奏前。指揮者登場前に、来場者の方がこそっと撮られた1枚…
来場者の画像

レセプション
会場すぐ近くのカフェレストランにて
6a_20180913020340539.jpg 6b_20180913020342147.jpg 6c_20180913020344e49.jpg 6d_20180913020345813.jpg

2005年、白馬で行われた冬季オリンピックに続くスペシャルオリンピックスに向けて結成されて以来13年。プロ・アマチュア・年齢を超えて「音楽の力」を信じるメンバーが行事のときだけ集まるスタイルで活動を重ねて13年。

ほかのオケでは体験できない素晴らしい演奏と、音楽を通じて幸せの循環をわき起こすエネルギー。
じつは私事、いま循環器系の治療中で、12・13の両日は午前中に病院の検査のため、仕事は休んでの参加。
ここに参加できる幸せを思います。

来年 2019年の予定

いま分かっている範囲で、8月に恒例の長野県、11月には岐阜(2017年に続く再演)、そして12月25日にはふたたびここサントリーホールで「第九」公演…

1発のシンバル ~プッチーニ歌劇「蝶々夫人」より「愛の二重唱」~

2018.9.10

このカテゴリー「オーケストラの打楽器」に書くのは本当に久しぶりです!

近日に迫ったサントリーホールでの公演に向けて、今回初めて取り上げる曲。この曲での私の担当は、1発のシンバル!

よくありますよね、ドヴォルザーク交響曲9番「新世界より」の1発のシンバル、チャイコフスキー交響曲6番「悲愴」の1発のドラ…
まあ、あれぐらい有名な曲なら、少なくともどこで出るかは分かってますから、あとは当日の演奏、タイミングと音量に全神経を集中させるしかありませんが、あまり知らない曲の場合…まずは「どこで入るの?」から。

はい、まずはシンバルのパート譜はこちら。
ふだん、あまりご覧になる機会はないでしょう。

シンバル パート譜

練習番号で区切られてますが、ず~っと「TACET=休み、出番なし」。
そして、突然現れる1発のオタマジャクシ!

これだけで何の曲か、どういう前後関係のどんなシーンか、分かりますか…?

これは、プッチーニのオペラ「蝶々夫人」の第一幕、「愛の二重唱」と呼ばれる場面。

ピンカートンと蝶々夫人が恋に落ち、愛を誓い合いますが、蝶々夫人は「星のようにたくさんの瞳に見つめられている」と歌い、ピンカートンは「すべては眠っているよ」と重ねるデュエット(=二重唱)です。

事前のリハーサルもなくいきなり当日本番で、プロのメンバーも多く参加しているオーケストラで、間違いなくこの1発を決めるには、どうしたら良いか…!?
正直、今回担当するシベリウスの「フィンランディア」のティンパニ(=ほとんど叩きっぱなし)の方が、精神的な負担はむしろ軽く感じるから不思議です。

大変な邪道ながら…

1stヴァイオリンのパート譜をコピーさせていただきました。
たいていオーケストラの1stヴァイオリンはメロディを奏でていますし、ここではほとんどソプラノ(=蝶々夫人)の歌と同じ旋律を重ねています。

1stヴァイオリン パート譜

全体がゆったりした4拍子ですが、テンポはかなり揺れます。
このページ2段目で4分の6拍子に変わり、直前でいちど4分の3拍子になり(1小節のみ)、そのあと再び4分の6拍子に戻って2小節目、6拍目がフェルマーターで伸び、その後が「ジャーン」=もっとも盛り上がる頂点です!

旋律の流れが見え、シンバルのパート譜だけでは見えなかった地図が広がります。すばらしいカンペでしょう?
スコア(総譜)を見ることもありますが、オペラの曲ではこのように1stヴァイオリンを追いかけるのが一番楽で、かつもっとも確実な方法かもしれません。

ただし、出番もないのに事前に何度も譜めくりしてると「あいつ、何やってんだ!」になりますから、本番ではこのページだけを開いて置き、叩く瞬間は楽譜から目を離してステージに集中します!


曲のストック・管理について

2018.9月

デイホームで月に一度担当させていただいている「脳が喜ぶ歌の会」も、回数を重ねて1年半以上、曲のストックも蓄積してきました。私の手元のノートもこの1年半ほどで3冊になりました。

歌詞+コード

季節の歌や人気の曲など同じ曲を2~3回取り上げたこともありますが、重複を除いても歌謡曲・日本の歌がざっと120曲以上
フルートやヴァイオリンの方をゲストに迎えてクラシックのミニコンサート風にしたこともあり、クラシックの名曲からも20曲弱
その他クリスマスソングやディズニー・外国のポピュラー曲・シャンソンなども若干混じっています。

もしこのような機会を与えられなかったら、2年足らずでここまでの曲をストックできませんでした!継続した機会をいただけていることに感謝です。

歌詞シートの保存

毎回取り上げる曲の歌詞は、Word文書で打ち込み、回ごとにファイル保存しています。

世田谷のデイホーム野沢で会をスタートしたのは2016年12月
初回はホームの歌集から10曲ほどを選んで伴奏しましたが、歌詞が縦書きのため、コードを書き込むのが難しく、別紙に楽譜代わりにコードを書いたシートを用意して伴奏しました。

しかし、毎回伴奏用に歌詞とは別にシートを作るのも面倒ですし、できれば私のオリジナルの資料としてストックしていきたいな…と。

そこで2017年1月からは、私流の歌詞シートを作成し、配布と自分用のストックとを兼ねる今のスタイルができてきました。
「楽譜がないと弾けません」からの脱却を目指してきた私にとって、歌詞シートにコードだけをメモしてそれを見て弾けるように…いい訓練にもなりました。

毎回7~8曲、実施日ごとにファイルができ、取り上げた曲がストックされていきます。

実施日ごとの歌詞ファイル 
★クリックすると大きな画面でご覧になれます(以下同じ)


<配布>


回ごとに取り上げる歌を決め、各曲の歌詞を私がWord文書に横書きで打ち込みます。
それをデイホームに添付でメール送信すれば、ホーム側でそれを来所者の人数分コピーして下さいます。


<伴奏用ノート>


配布用と同じ歌詞シートを1部プリントアウトして自分のノートに貼りこみ、歌いやすい高さ(キイ)を決め(=歌の中の最高音が上の「ド」までを目安)、コードを書き込みます。
イントロ間奏などはなるべくオリジナルに近いイメージで、必要なら小さな五線紙にメモしたものを貼り付けておきます。

歌詞+コード

このようなノートが1年半で3冊になりました!


<曲に関する情報、間奏・くり返しなど>

このようにして、毎回取り上げた曲に関しては、オタマジャクシの「楽譜」ではありませんが、なるべくオリジナルに近いイメージで歌いやすく、私にとっても使いやすい形でストックされていきます。

曲ごとに、作年、作詞・作曲、歌手名といった基本情報を入れ、さらに曲に関するエピソードなども書ける範囲で…
歌詞もただ打つだけじゃなく、どこでスペース・行替えしたら読みやすいか、自分用にコードや間奏(メモ)を書き込むためのスペースは…といったことも考えます。
また1番・2番・3番…それぞれの間に間奏が入るかどうか、短い間奏なのかやや長い間奏なのか…
ヴォーカルの方にリードに入っていただくことも多いですが、曲の後半からリフレイン(くり返し)に入るきっかけや、2回目は伸ばす、最後は上がる(「↑」記号)といったことも書き入れておくとガイドになります。

なので、これは私のオリジナルの大切な資料なのです。
デイホーム側にも、毎回配布してそれっきりではなく、私の会でこれまで取り上げた曲の記録として、ファイルに保存していただくようお願いしてきました。


◆なるべく毎回オリジナル企画で

月に一度(第三土曜日)は意外とすぐにめぐってきます。1回終えてほっとするのもつかの間、「さて、来月は何をやろうか…」と。それがとても励みになり、曲の発掘・発見にもなってきました。

「お年寄り相手だから、こういう曲が無難だろう」「この季節だから去年と同じこんなプログラムでいいだろう」…といった手抜きはしたくありません。

過去にやった曲を再び出すことももちろんありますが、なるべくその回ごとのテーマを決め、歌や楽器のゲストをお呼びできる時は楽器紹介も兼ねてクラシックのミニコンサート風にしたり、クリスマスに近いときはディズニーやクリスマスソングを取り入れたり…一期一会の構成を心がけてきました。
そんな私の想いは、来所者の方にも職員スタッフさんにも伝わってくれているようで、リクエストをいただく機会も出てきました。

さて問題は、せっかくここまでストックしてきた曲の情報をどうやって管理し、レパートリーとしてすぐに引き出せる形にストックしていけるか、です。


◆曲名・歌い出し・年代・歌手別…に検索

過去のストックから、求める曲を検索して引っ張り出せるようにするにはどうしたら良いか…意外と難しいものです。カラオケの場合、題名をアイウエオ順に探すか、歌手別に探すか…が一般的ですね。

歌い出しの歌詞は分かるけど曲の題名が分からない…そんなときはどうしますか?
また、何かの想い出と重なる曲を探し出すのに、たとえば1964年(昭和39年)の歌…と探すのは?

専用のソフトで管理されているカラオケと違って、こちらは手入力の素朴なデータ。それをいかに効率よく検索できるようにするか?…それにはExcel (エクセル)でデータ管理するのが便利でしょう。
ただ、これまでWordで打ち込んできた歌詞をすべてエクセルに入れ直するのも大変…

そこで、曲名・歌い出し・作年・作詞・作曲・歌手…といった情報を横軸に一覧表をつくり、曲名を検索してそれをデイホームで取り上げたのがいつか(=歌詞ファイルの場所)を探せるようにします。Excelに頼るのはいわば「検索機能」です。

入力は、新たに取り上げた日付でまとめて、曲データを随時追加していきます。

新しい曲目追加更新
★クリックすると大きな画面でご覧になれます(以下同じ)

表頭に「フィルター」をかけておけば、項目ごとに「昇順」「降順」をクリック、または特定の項目を選択すれば、瞬時に該当する曲がリストアップされます。


♪「曲名」で検索
いちばん一般的な検索方法。曲名欄で「昇順」とクリックすれば、入力したすべての曲がアイウエオ順に並べ替えられます。便利ですね!
「365歩のマーチ」のように数字ではじまるタイトルには、頭に「さ・」と一文字入れておきます。

曲名アイウエオ順

♪「歌い出し」は分かるけど題名が分からない曲…意外とあるんですよね。
たとえば「♪春の~うららの~隅田川~」というあの曲、題名は何だっけ?
そんな悩みもこれで一発解消!

歌い出し検索2

画面右に見えてますが、この曲は「春」の曲ですね。季節性のある曲は「春・夏・秋・冬」を記入できる欄も設けてますので、季節で検索することも可能です。


♪「歌手別」
これまで取り上げたある歌手の曲がまとまって出てきます。カラオケに比べたら数はまだまだです。
その歌手の代表作なのにまだ取り上げていない曲にも気づきます。

歌手別検索

複数回取り上げた曲は、「再」と表示。どちらの日付ファイルにも同じ歌詞シートが入っています。

複数回登場した曲

このように、エクセルで曲名を探したら、右の欄でデイホームでの実施日を見ます。実施日=歌詞ファイルの場所です。エクセルで検索してWordで出す、という二段階になりますが、歌詞はWordの方が見やすいですし、これまでのストックをそのまま活かせるので、当面このスタイルでいこうと思います。


◆即日のリクエストにも対応できるには?

曲名を探し出し、その曲の歌詞をさっと出すことができれば…
すぐその場でのリクエストにもお応えできる「はず」ですね。

いまはパソコンの画面をそのまま壁に投影できる装置もありますから、デイホーム側に予算の余裕があってそういう装置を備えていてくれればいいんですが…そんな最新設備に予算をかけなくても、やり方はあります!

30人を超える来所者全員にコピーを配らなくても、職員スタッフの方が一部だけプリントアウトしたものを手元に見ながら「先読み」していってくだされば良いのです。昔の歌声喫茶スタイルですね。

あとは<伴奏者の腕>だけです!

実施日から曲名を探し出すので、私のノート(すでに3冊目)があれば、だいたいいつごろやったかで過去のページを探すのはそれほど大変ではありません。

しかもそのページには、歌いやすいキイ(高さ)・コード・イントロや間奏のメモまでちゃんと書いてあるわけですから、すぐに伴奏できる「はず」ですね。

これまでやった曲すべてを常に練習し続けているわけではありませんが、とくに難しいことをやろうとせず、コードで曲を追いかけて対応できるようにはしておきたいものです。


◆クラシックの曲に関して

クラシックの曲を取り上げたのは、これまでフルートやヴァイオリンの方をゲストにお迎えした数回、曲数としてはまだトータル20曲弱です。

★classic2

曲に関するエピソードなどは、来所者への配布用に作ったオリジナル資料を自分のノートにも貼ってあります。楽譜は楽器ごとにクリアファイルに保管しています。

クラシックの会では…

まだまだ模索中ではありますが、曲ごとに引き出しやすい形でストックし、できればその場のリクエストにもお応えできることも気に留めていこうと思います。


★今月は、17日(祝)に「等々力の家デイホーム」の敬老会に初参加。いつも第三土曜日にお邪魔しているデイホーム野沢は今月は変則で22日(土)です。

10月からは、原則第三土曜日=「デイホーム野沢」、第四土曜日=「等々力の家デイホーム」となります。
ご一緒に参加協力くださる方・ご見学、あるいは「うちの施設にも演奏に来てください」といった要請…大歓迎です! ぜひ私までご一報ください。


シューベルト「未完成交響曲」

2018.8.31


私が中学生のころ(1970年代はじめ)には、音楽の授業の中に「レコード鑑賞」というのがありました。
時代を感じますね、「レコード」ですよ!

今の中学の音楽の教科書も私の手元に一式(2社、それぞれ3巻ずつ)おいています。

2種の教科書、各3巻

クラシックから近年の音楽まで、さまざまな名曲がカラーで紹介されていてとても充実した内容になっていますが、さすがに「レコード鑑賞」という表現ではないですね。みなさん何と呼んでるんでしょうね?

さて、それはともかく…

最近デイホームで「あなたにとって『想い出の曲』は何ですか?」とシートを配布してお尋ねしたところ、昭和の歌に交じって「未完成交響曲」という回答がありました!

84歳の女性の方、若い頃、文芸雑誌をつくるグループに所属されていて、その会合のはじめに必ずこの曲を皆で聴き、グループ名を「未完成」と名付けられていたそうです。

私はデイホームで、しばしばクラシックの曲も取り上げているので、「1楽章のはじめの部分だけでよいです」と書き添えられてリクエストをいただきました。

♪ シューベルト 交響曲第9番「未完成交響曲」

以前「未完成」は交響曲8番とされていて、古い楽譜にはそう記されていますが、その後の研究で「グレート」が8番、「未完成」は9番というのが定説ですね。

さて、「いつまでに」という期限はありませんが、ご高齢の方からのリクエストだけに、なるべく早くお応えしたいと思い、ポケットスコアを脇に、記憶を頼りに例によってコード弾きで…と思ったのですが、この曲をさらっとコード弾きすることは意外と難しいことが判明!

いくつもの旋律が重なり合って美しいハーモニーを作っているんですね。
だいたいの響きの変化をコードでとらえるのは有効ですが、ここはやはりオタマジャクシ(音符)に頼った方がよさそうです。

久しぶりに2段のピアノ譜に書き起こす作業をしました。
冒頭からくりかえしの直前まで、いわゆる「主題呈示部」の部分です。

未完成120180901 未完成220180901 未完成320180901
★クリックすると大きな画面でご覧になれます

オーケストラの曲をピアノ用に編曲したものもよく見かけますが、オーケストラ内のあらゆる音を書き起こしてしまうと、実際にピアノで(10本の指で)弾くことは困難(不可能?)になってしまいます。
ここは、実際に鍵盤を使って「この程度ならつかめるだろう」という範囲の音でなるべくシンプルに書き起こしてみました。

複製・配布はご遠慮いただきたいですが、個人的にプリントして試しに弾いてみられるならどうぞご参考まで!

★冒頭に書いた、いま使われている中学校の音楽の教科書の内容に関しては、こちらに詳しく書いてます。 → 素晴らしい中学の音楽の教科書


 『西日本豪雨災害チャリティーコンサートbyコバケンとその仲間たち』

9月12日(水)19時~ サントリーホール


2018.9.12 サントリーH

★クリックすると大きな画面でご覧いただけます

★チケットはチケットぴあで販売中です (Pコード:127-500)

アブレーション休暇

2018.8.22~

私事、近年ちょっと不整脈がありまして、階段を上ったり激しく動くと息切れします。
心房から心室へと血液が送られる動きが痙攣をおこしたように不規則になる心房細動
それほど重症ではなく、そういう方も多いそうですが、放置すると怖いのは、心臓内で血栓ができること。心臓内でできる血栓は大きく(梅干し大!)、それが脳に飛んだときのダメージが大きい(血管内にできる血栓と大きさが全く違う)んです。

血液をさらさらにして血栓をできにくくする薬のお世話になり、お酒も控え(もともと量はそんなに飲めない)…

今のうちにちゃんと処置しておいた方が良いということで、この春、ブーストという電気ショックを与える処置をしたところ、3日間ほど正常な脈に戻り、脈拍も90台に落ちました。

でも三日坊主で、また不整脈が復活!

そこで、今度はカテーテルを入れて細動の元を止めるアブレーションという処置に。
検査と施術に2日ほど、術後2~3日で退院。けっこう受ける方も多いようで予約がいっぱいでした。
あの冒険家の三浦雄一郎さんも何度も受けているそうです。

この夏の休暇を「アブレーション休暇」として充てる予定を組みました。



東邦医大・大橋病院。この6月にすぐ近くに移転して最新設備が整っています。
今年の6月、父もお世話になった想い出深い旧病棟をカメラに収め、こちら新病棟も撮影。

1_201808220143132f2.jpg 2_201808220143159f1.jpg

246・池尻大橋からほんの少し入ったところですが、親水緑道も整備されて静かな環境。
(あ、お見舞いなんか来なくて結構ですよ。検査・施術でけっこう忙しいし、日曜にはシャバに出てきますから)

3_20180822014316a59.jpg

前夜のうちに身じたく。演奏旅行に行く時と同じキャリーバッグに必要なものを詰め…
マレットや小物楽器がないので軽いですが、気分がちょっと重い…かな?

まあ、静養も兼ねて本日昼過ぎより、行ってまいります!


<追記> 検査・施術~退院

こちら、入院して間もない22日(水)の病室。 
この6月に新設された病棟で、4人部屋ながら広くて、窓際はとくに快適!

39946606_1860906690669527_8761814145189281792_n_20180827023754bd6.jpg 39971343_1860912507335612_1155027773748674560_n_20180827023757a12.jpg

夕方まで雲ひとつない晴天。初日は検査のみ。胃カメラのようなものを口から入れられて心臓近くを超音波で測定し、血栓がないことを確認。
食事制限はなく、夕食はヒレカツ。美味しかったです。

39947230_1860904177336445_5284006205939777536_n_201808270237560ef.jpg

23日(木)、いよいよアブレーション当日。
首と太ももからカテーテルを数本入れられて、心臓の内壁の施術。当然ながら寝たきりで画像はありません。術後1日はカテーテルの跡もまだ生々しく、1日うとうと安静に。いろんな夢を見ました。

施術前と、施術後の心電図の比較。心房細動独特の細かい波が見え、大きな脈拍の間隔も不規則だったのが正常に戻っています!

心電図20180827

26日 晴れて退院!

しかし…

病室をチェックアウト(?)し、会計を済ませ、食堂でお昼でも…と思って自分で脈を取ってみたら、なんとまた不規則な動きが!

もう一度病棟に戻って、医師に心電図を取ってもらって相談。
4月に電気ショックの治療を受けたときも、2日間は正常な脈を刻んでくれてましたが3日目にまた不整脈が復活。
今回、覚悟を決めてアブレーションを受けたものの、完治する可能性は60~70%と言われてはいましたが…
私の心臓って、けっこう頑固なようです!

でも、ひどく速い刻みが続くようなものではなく、施術前よりは良くはなっているようです。
あまり落胆せず、一病息災、無理せず上手に長く付き合っていくことを考えた方が良いのかもしれません。



22回 過ぎゆく夏・想い出の一曲

2018.8.18(土)

「脳が喜ぶ歌の会」 22回

6月~7月、クラシック系が続いたので、久しぶりに日本の歌をメインにしてみました。
きょうのテーマは 「過ぎゆく夏の想い出 ~私のこの一曲~」

1a_20180818175203938.jpg
★クリックすると大きな画面でご覧になれます(以下同じ)

急ながら、この会に何度も来てくださっているフルートの徳永有紀さんをゲストにお招きして…

2a_20180818175205d3c.jpg

最近購入されたピンクのフルート(オーストラリアから購入)!
2b_20180818175208971.jpg  2c_20180818175211386.jpg
音はふつうのフルートの音でした

<前半>

♪高原列車は行く  inA
♪夏の思い出  inC
♪浜辺の歌 inF 
♪東京ラプソディ inC

2d_2018081817521373d.jpg  2g_20180818175550cff.jpg
2f_201808181755490ff.jpg  3a_201808181755520fd.jpg
3b_20180818175554d85.jpg 2c2_201808181812319c9.jpg


パーソナルソング=その人にとって、かけがえのない思い出の一曲

アメリカでの多くの事例を集めたドキュメント映画「パーソナルソング」。

パーソナルソング120180809  パーソナルソング220180809

アメリカには現在500万人を超える認知症の方がいらっしゃいます。
その多くは家族とは隔離された施設に収容され、動き回るから部屋に鍵をかけられ、暴れるから安定剤を、眠れないから睡眠導入剤を投与され…いわば軟禁状態で薬漬けにされ、生きる喜びも日常の刺激も奪われ、話しかけても反応しなくなってしまう人も少なくありません。

ところが、そんな認知症の人に、若いころ親しんでいた「ある曲」をヘッドフォンで聴かせると、一瞬で目を見開き、青春時代を鮮明に思い出して饒舌に語り始めたり、またある人は身体を揺らしはじめ、ある人は熱い涙を流し…

パーソナルソング3  歌う時の脳20180809

音楽は、最近の記憶を司る大脳の一部分だけでなく、脳全体を刺激してくれます。だから、そのような奇跡が起こるのも当然でしょう。「1000ドルの薬よりも 一曲の音楽を」!


 
ぜひ、あなたの「パーソナルソング」を。想い出の一曲・その曲に関する想い出・エピソード…シートを配布しました。
今日もすでに数人の方からご回答いただきましたが、今後またなにか思い浮かんだら職員スタッフに渡していただいて、今後の選曲の参考にさせていただきます。


<休憩をはさんで>

~私の「夏の思い出」の1曲から~

♪So in Love (Coal Poter) …「日曜洋画劇場」のラストテーマ

この曲がなぜ私の「夏の思い出」なのか?

「日曜洋画劇場」は日曜夜9時~11時までの放送。1970年代に中学・高校生だった私。翌日が月曜ですから、そんな遅い時間までテレビを観ていてはいけないんですね。でも夏休みは解禁だったんです!

その日の映画について淀川さんが感想を述べられ、次週の予告をして
「それでは次週をお楽しみください、さよなら、さよなら、さよなら…」と結んだ後に流れていたあの曲。
→ オリジナル音源

日曜洋画劇場 

オーケストラとピアノによるゴージャスな演奏、ラフマニノフのピアノ協奏曲風のあの曲。でもクラシックの曲の中にない…ずっと題名が分からなかったんです。

10年ぐらい前、ホテルのラウンジでジャズのピアノが演奏されていて、ゆっくりしたボサノバ調でしたが、どこかで聴いた曲…そう、長年謎だったこの曲だったのです!

休憩時間にピアニストのところに飛んで行って「あの曲、なんという曲ですか?」と。
コール・ポーターの「So in Love」…ようやく長年の謎が解けました!
→ So in Love (過去のブログ記事)

ミュージカル「キス・ミー・ケイト」の中の曲です。
今日はゆったりしたバラード調で聴いていただきました。私の手書き譜に英語の歌詞も入れておきました。

So in Love 楽譜20180729   4_20180818175555952.jpg

<後半>


ゲストのフルート・徳永さんの友達で、私も国立音楽院に在学中に何度となくお目にかかり、今も学ばれている松井苑子(そのこ)さんが、お母様とご一緒に見学にいらっしゃいました。

5a_2018081818034179f.jpg  5e_20180822011200e37.jpg

松井さんはハンディを持ちながらも音楽が大好き、徳永さんらとユニットを組んで、訪問演奏もされています。せっかくですから「見学」だけでなく、後半3曲に「歌」で加わっていただきました。

♪贈る言葉 (海援隊 武田鉄也)
♪上を向いて歩こう (坂本 九)
♪見上げてごらん夜の星を (坂本 九)
  …先日11日が坂本九さんの33回目の命日でしたね

5b_20180818180342083.jpg  5c_2018081818034496f.jpg
5d_2018081818034699b.jpg


★次回9月は、第三土曜・15日にホームでの行事が入っているため、
  変則で第4週・
22日(土) 14時~
  
(まだ内容は白紙です。歌などでご参加いただける方、ぜひご連絡ください!)

デイホーム野沢と同じ奉優会が運営している等々力の家デイホームに、9月17日(祝・月)の「敬老会」にお邪魔します。
10月以降は、デイホーム野沢=第三土曜、等々力=第四土曜 を原則にお邪魔させていただきます。


Nスぺ「駅の子」を観て…

2018年 8月13日(月)

きのう12日(日)21時~ NHKスペシャル「駅の子」を観た。
終戦記念日が近づく中、今夜は「船乗りたちの戦争」。
最近は、これまであまり知られることのなかった戦争の裏側、その証言を集めたものが心を打つ。

thum_01_20180813210737f08.jpg

こうした番組を観ていつも思うのは、「決して過去の話じゃない!」ということ。


<私の感想・まとめ>

戦争という、そもそも国が引き起こした大きな災いによって多くの命が奪われた。
軍人の子は、靖国神社に呼ばれ「英霊の子」として称えられた一方、空襲によって両親を失った子供たちは、行き場を失い駅に…。終戦後が彼らにとっての本当の不幸の始まりだった。

国(当時の厚生省)は復員兵の対応など多忙を極め(という理由で)結局何もしてくれない。
収容された施設での劣悪な待遇に、抜け出して駅の生活に戻る子ども、毎日命を落としていく子ども、冷たい目で見られ野良犬のように追い出され自ら命を絶つ子ども、生きるために盗みをする(盗み=生きること)子ども…
なぜ自分たちだけがこんな目に合わなくてはいけないのか…社会に対して不信感を抱き反逆精神を膨らませていく子どもたち。
たとえ誰か一人でも気にかけて暖かく接してくれる人がいれば…

学校で他の子たちとは別のクラスに入れられ、黒板に「や~い、戦争孤児め」などといたずら・いじめの文字…
なぜ教師はそれを止めないのか!?
なぜこういう子どもたちが出てきたか、理由は明らかなはずなのに…
(=現在、原発事故で避難してきた子どもをいじめるのと同じ構造!)

なぜこんなに愚かで冷たい国民なのか!?

もと「駅の子」だった人たちも今は80~90代。伴侶にさえ自分が駅の子だったことを言えなかった人も…
しかし今あらためて重い口を開き、当時の辛い出来事を語り継ぎ、講演会で今の若い人にメッセージを伝える人たち。

為政者に対して、日本の社会の人たちに対して…

●いかなる理由があっても絶対に戦争への過ちを繰り返してはならない!

●弱い立場、困っている人を見かけたら「大丈夫?」と声をかけてあげる優しさを!

これらは、決して過去の話として済まされることではないと私には思えるのです。


<追記>

◆ひきつづき13日(月)放送 Nスぺ「船乗りたちの戦争」


o0400022514246683846.jpg

南方の島への物資の輸送にあたった民間の客船や貨物船をはじめ、軍に徴用されて敵の監視任務にあたらされた漁船たち。
敵の艦隊を発見して無電を打つことは、敵に居場所を察知され、軍の手先であることを明かし、攻撃の対象となる。みな「死」を覚悟して無電を打ったといいます。
多大な犠牲が出ることは容易に予測されていたにもかかわらず、軍の都合によって被害数字を過小評価され、事実は隠蔽され、愚かな作戦命令が出され続けた。

まだ16歳そこらの若い漁師まで戦争に駆り立てられ、船を撃沈されてかろうじて上陸した島で軍部の命令によって突撃を命じられ…
わずかに生き残って帰った人たちも、仲間の多くが散ったのに自分だけ生き残ったことに罪悪感を感じ、戦争の悲劇を思い出したくないと口を閉ざし…

彼らは、最終的にはアメリカの砲撃によって命を落としたわけだが、愚かな日本の軍部の命令によって殺されたようなものです!

都合の悪い情報はねつ造・隠蔽し、自分たちがいったん決めたことを曲げず、国民の命をなんとも思わず、愚かな過ちを繰り返し続けた。…これらも、決して「過去の話ではない」と私には映ります。


コバケンとその仲間たち in 飯山 2018

2018.8.5(日)

今年も、長野での熱いコンサートを無事終えることができました。

8月3日(金)から一部メンバーは現地入りし、4日(土)にはレクチャーコンサートも行われましたが、オーケストラとしての公演は5日(日)、日帰り旅となりました。

1a_20180805234416218.jpg 1b_20180805234416b07.jpg
★クリックすると大きな画像でご覧になれます(以下同じ)

朝8:20上野駅集合→8:50「はくたか555号」にて飯山へ
2a_201808052344177b2.jpg 

10:33飯山着
2c_20180805234418e1d.jpg 2c2.jpg 2d_20180805234419501.jpg

駅から会場へは徒歩数分 のぼり旗に迎えられて…
2e_201808052346586c3.jpg 2f_201808052346598a2.jpg

「なちゅら」大ホール入り
3b_20180805234845570.jpg

本日、私は前半3曲のティンパニを担当させていただきました。
 
3c_20180805234700e96.jpg 3d_20180805234701b2e.jpg 
3f 3e_20180805234701ecf.jpg

11:45~13:30 ゲネプロ(ステージ・リハーサル)
4a_20180805234953e75.jpg 4b_20180805234953b4e.jpg 3a_2018080523465969e.jpg 

♪マエストロコーナーの音合せ(控室にて)
  オカリナ・リコーダー・フルート・トロンボーン・歌とともに…
5c_20180805235240563.jpg 5a_201808052352385d1.jpg 5b_2018080523523944e.jpg 5d_201808052352401cb.jpg

司会の朝岡聡さんも、リコーダーで参加
5e_20180805235241830.jpg 5f_20180805235241ada.jpg

開演直前…
6a_20180805235552deb.jpg 6b_20180805235552453.jpg 6c_20180805235553c05.jpg

15時~ 本番
7_20180805235553837.jpg プログラム表紙20180807

<曲目>
プログラム120180807 プログラム220180807
「シェラザード」と「ボレロ」をこのオケで演奏するのは初めてです。

本日の打楽器メンバーです!
8a_20180805235554b7d.jpg
早々に着替えてしまったのが若干1名…

8b_2018080523555490d.jpg
ハンガリーから特別参加のオンツァイ・ゾルターンさん(チェロ)と

8c_2018080600000508a.jpg
われらが和太鼓・友野君と、コンサートミストレス・瀬崎明日香さんとの珍しい2ショット!

19:25「はくたか574号」にて上野(21:10着)へ

チケット乗車券20180807

お疲れ様でした~!
9a_201808060000059c0.jpg 9b_2018080600000685e.jpg 9c_2018080600000798e.jpg 9d_20180806000007624.jpg

大宮下車のメンバーたち
9e_20180806001538c36.jpg 9f_20180806001539156.jpg

次回は、9月12日(水)サントリーホールでお会いしましょう!


「コバケンとその仲間たち」ってどういうオーケストラ?
  …今回の旅でも、そんな質問を何人かからお受けしました。

誕生したのは今から13年前の2005年。白馬で冬季オリンピックに続いてスペシャルオリンピックスが開催された時、その閉会式でアスリートたちをたたえ、生の音楽を聴いていただけたら…とマエストロご夫妻の呼びかけで、プロ・アマチュア・年齢を超えた有志によって誕生しました。

以来、スペシャルオリンピックスを支援するコンサートを各地で開催し、演奏会場にはハンディのある方をお招きし、音楽を通じて「ともに生きる社会」をめざしてきました。

2010年にはNHK厚生文化事業団50周年記念「こころコンサート」で障がいのある方もスペシャルメンバーに加わり、翌年の東日本大震災の後は、スペシャルメンバーも一緒に各地で演奏し「がんばろう日本」

私もこの活動との出逢いから、単に自分が演奏したいからだけでなく「音楽の力」でなにかお役に立てたら…と50台半ばにして勤め帰りに音楽学校に通い「音楽療法」を学びました。

毎回のプログラムに掲載されるマエストロの言葉「ブダペストでの思い」をお読みください。そしてこれまでの全公演の一覧です。

ブダペストでの思い20180807 これまでの公演記録

あと、私が個人的につづった、2005年・長崎と翌2006年・熊本の公演の様子はこちら…
→ コバケン先生との出逢い

(21回)オペラ「カルメン」の世界へ

2018年 7月21日(土)

オペラ「カルメン」全幕
のストーリーと音楽を約1時間でご紹介するという無謀な企画です!
デイホームでは、6月に続いてクラシックの世界が続きます。

カルメン・イメージ20180707

前々回(5月)、シャンソンを取り上げたときに、オペラの中にも、登場人物が歌の前に、状況説明・気分などを語るように歌う「前ぶれ」の部分(recitativo レチタティーボ)があるというお話をしました。

その一例として「カルメン」第一幕の「ハバネラ」を紹介。 
カルメンが最初に登場して「♪好きだというの?そりゃ勝手だわ…」と短い前触れがあって「ハバネラ」に入ります。
そして「ハバネラ」のあと、ホセに見立てた男性スタッフにじりじりと近づいていって(♪悲劇のテーマが流れる)花をぶつけるカルメン。みな笑いながら散っていったあと、ホセはその花を拾って感傷に浸る。そしてこれから起こる悲劇の暗示…そこまで一連のシーンを再現しました。

できれば「カルメン」全幕のストーリーを追いながら、劇中の名曲をご紹介できたら…今回はその第二弾です。

1 7b_20180720235457883.jpg  
★クリックすると大きな画面になります(以下同じ)


お馴染みのボーカル・藤井淳水さんをお迎えし、第一幕~第四幕までのストーリーを追いながら各場面の名曲を「さわり」程度にご紹介。

6 3

前奏曲

今回はじめてDVDプレイヤーのお世話になり、最初の前奏曲(幕が上がる前、全ストーリーの前触れとして演奏される曲)を再生。キイボードではこの迫力は再現しづらいので…

2

ここからはキイボードと歌で…

<第一幕>

ホセ・上官のスニガらが巡回するセビリアの街

たばこ工場の昼休み 「鐘が鳴った 帰ってくる 俺たちの娘らが」 (冒頭部分のみ)

たばこ工場で働く女性の中に、皆の人気者・カルメンシータがいる。みなカルメンが来るのを首を長くして待っている。

「ハバネラ」…カルメンが登場して歌う2番まで。 前後の動きも前回と同様に再現。
     ★合唱部分を皆さんにも歌っていただきました

「ふるさとのテーマ」…ホセの幼馴染み・ミカエラ(ホセの母が一緒に育てた娘。母はいずれこのミカエラをホセの嫁に…と思っている)が訪ねてきて、ホセの母からのことづけ(母からの口づけ)を伝える。


たばこ工場で喧嘩が勃発。傷害の罪でとらえられたカルメン。

♪捕らえられたカルメン 「ララララ…私はなんにも知らないわよ」

セギディリア 「パスティアの店に一緒に行きましょうよ」…命令書ができるまでにホセを誘惑する曲。
  「うるさい、話しかけるな」というホセに対し、「気にしないで、勝手に歌ってるだけよ」と続けるカルメン。
  「私には好きな人がいるの。その人はたいして偉くもない、ただの伍長だけど、すごくいい人なの」…
  ホセはこの歌に酔い、カルメンを連行中に逃がす約束を交わしてしまう。

4 5_20180721170608512.jpg

スニガが部屋にやってきて「命令書だ、連行しろ」。
縄で手を縛られて連行されて行くカルメン。頃合いを見て縄を引っ張ると、打合せ通りホセは馬から落ち、そのすきにカルメンは縄をほどいて雑踏の中へと消えていく。


<第二幕>

カルメン行きつけのパスティアの酒場

ジプシーダンス …ジプシー女の燃える歌と踊り。3回繰り返してだんだん速くなり、熱狂的に終わる。

店の外がにわかに騒がしくなる…

トレアドール…グラナダの闘牛士・エスカミーリオが、闘牛の魅力をアピールしにやってきた。

途中カルメンとも目が合う。歌の後「恋~」とエールを送る女性たち。カルメンも最後にひときわ熱くエールを送る。「名前は?」「カルメン」、その名前を刻んでエスカミーリオは去っていく。
大きく2回くり返し、エンディングも含め丸ごと演奏!
     ★有名な闘牛士のテーマをみなさんにも歌っていただきました

*ところで、トレアドール とは?
トレアドール
イメージ

2番の歌詞に出てくる ピカドール とは?
馬に乗って牛を棒でつついて闘争心を沸かせる役目。
ピカドール マタドールチーム
イメージ

闘牛はさまざまな役割をもつチームで牛と闘う。
その中で、最後に剣をさして牛にとどめを刺すのがトレアドール。闘牛士の中の闘牛士、スーパーヒーローである。
「カルメン」を理解するには、闘牛の知識もちょっとばかり必要!

そして歌の中に出てくる「黒い瞳」とは?…牛ちゃんの目ではない!
観客の中でひときわ熱い視線で見つめている女性…命がけの闘いの中でも「恋」は忘れないのだ。


店が閉店となり、出ていくスニガ(ホセの上官)はカルメンに「点呼を済ませたらまた来るからな」とささやくが、カルメンは「今夜はやめといた方がいいわよ」と。やがて…

♪アルカラの竜騎兵…第二幕への間奏曲にもなっている、ホセのテーマ。
  ホセは、カルメンを逃がした罪で服役し、晴れて出所してカルメンに会いにやって来る。

♪デュエット(カルメン&ホセ)
  カスタネットを鳴らしながら「♪ラ~ラララララ」…カルメンはホセを歓迎してご機嫌に歌う。
  やがて帰営ラッパが遠くで鳴りはじめ、「兵舎に帰らなくては!」と焦るホセ。
  「せっかく私がもてなしてるのに、ラッパが鳴るとすぐ帰る!?」…ぶち切れるカルメン。
  ★短い曲の中に、カスタネット&カルメンの歌、帰営ラッパ&ホセの歌が重なる!

♪花の歌
…「独房でも、お前が投げつけたこの花をずっと愛でていた」
  カルメンへの愛を告白するホセの美しいアリア。
  (音域が高いので、藤井さんに歌っていただきました。)

しかしカルメンは「ノン、もし私を愛してるのなら、どこへでもついてくるはずよ。世界をねぐらに気ままな暮らし、素晴らしいもの、それは自由よ」…つまりジプシーの仲間になれということ。

「冗談じゃない」とカルメンと決裂したホセが出ていこうとすると…ゴンゴンゴン(ドアをノックする音)。
上官のスニガがやってきて鉢合わせ。「おやおや、これはどうしたことだ。将校の私が来てやると言ってるのに、兵隊なんぞを連れ込んで」

ホセが服役中、上官のスニガはこの店に通い、カルメン(傷害事件の逃走犯)を口説いていたのだ!
しかしスニガはジプシー仲間によって取り押さえられ袋叩きに(ホセがナイフでスニガを刺し殺してしまうという過激な演出もある)。
もはや戻る道を絶たれたホセはジプシーの仲間となる。


<第三幕>

人里はなれた山の中。ジプシーらの一行が険しい山道を進んでいく。
休憩で見張りを命じられたホセの前に、グラナダの闘牛士・エスカミーリオが現れる。

ホセの放つ「パン」という銃声が鳴るが当たらず、「危なかった。俺はグラナダの闘牛士、エスカミーリオ」と名のる。
ホセ「ああ、名前は知ってる。歓迎するが、こんなところに来たら危ないぞ」

エスカミーリオ「俺はいま恋をしているんだ。相手はジプシーの女で、名はカルメン」
ホセ 「なに!?、カルメン!」 
エスカミーリオ「そう、カルメン、そういう名だ。彼女に心奪われ、すべてを失くした哀れな兵士がいたと聞くが、彼女の恋はせいぜい半年、そろそろ終わった頃だろう」

…激高したホセはナイフを抜き、エスカミーリオと決闘になる。

騒ぎを聞きつけて駆けつけたジプシーたちによって二人は割かれ、エスカミーリオは「助けていただいたお礼に、次の闘牛にみなさん(=カルメンご一行)をご招待したい」と告げ、去っていく。

第3幕にはもう一人の来訪者。
ホセの故郷からミカエラが訪ねてきて、「お母さまが危篤です」とホセを連れ戻す。


* カルメンの「死の運命」とは?

ところで、あらためてカルメンって、どんな女性?
情熱的、恋に生きる、人気者、自由気まま、あばずれ…イメージが皆さんも膨らむと思うが、私にはもうひとつ重要なキイワードがあるように思います。それは「暗さ」
性格がネクラだとかのレベルじゃなく、もっと奥に潜む運命的な暗さ、ほかの女性とは決定的に違う「死」の運命を背負った暗さ。その謎を解く鍵が、ここ第3幕の中にあるんじゃないか…

トランプ占いのトリオ…二人の女性たちがたわいなく恋占いをする歌の中間部。カルメンがカードを引くと「死」の暗示が!

「カードは正直、幸せな人のもとではカードも楽しげに並ぶ。どんなに切り混ぜても幸せな人は大丈夫。でも私にはいつも死が…」

このちょっと意味深で、不気味ささえ漂う歌…
カルメンはどんな星の下に生まれ育ち、いったいいつごろから「死」を意識するようになったのか?
カルメンはずっと以前から「死の運命」を背負って生きてきたのではないか?

そう考えると、カルメンの登場・ちょっとした動作のたびにあの「悲劇のテーマ」が速いテンポで現れることも、「ハバネラ」でたばこ工場の女性たちが合唱で入ってくるところからは明るい長調なのに、前半(カルメンがソロを歌う場面)では短調であることも…ほかの女性とは決定的に違う何かを感じる。
そして、いつ死ぬかわからない運命にカルメン自身も気づいていて、「今」を情熱的に、自由奔放な「恋」に生きる…そんな生き方をしてきたと考えると、すべてつじつまが合ってくる!


<第四幕>

華々しい闘牛場の入口

入場
イメージ

♪アラゴネーズ
 第4幕への間奏曲

闘牛場内で繰り広げられる華々しい世界とは対照的に、場外ではホセとカルメンの最後のやとりが続く。
もはやエスカミーリオに夢中で、ホセとよりを戻す気などまったくないカルメン。早くホセと話をつけて競技を観に戻りたい。

しかしジェラシーに燃えるホセは、ここまでやってきてカルメンに最後の説得を試みるしかなかったのだろう。「昔もらった指輪、返すわよ」とカルメンに投げつけられると、ホセはついに…!

闘牛場内では牛と闘ってスーパーヒーローとなっている男、場外では自分のすべてを失いながらも愛そうとした女性を自らの手で殺してしまった哀れな男…

<幕>

シンプルで分かりやすいストーリー、時代を超えて訴えてくる男女の悲劇。もとはプロスペル・メリメの小説「カルメン」、その作品誕生秘話。
オペラとなったパリ初演でビゼーをガッカリさせたまさかの不評。そしてビゼーの謎の死(おそらく疲労の蓄積による衝動的な自殺と言われている)…etc.

しかし、ひとつの作品の中にこれだけ皆がよく知っている名曲が溢れている作品は他のオペラにはないのではないでしょうか? 

オペラ歌手でもない藤井さんに、短い期間で劇中曲を約10曲も音取りしていただき、感謝です。

1時間に詰め込んでご紹介するにはかなり盛りだくさんな内容でしたが(笑)、休憩タイム含めてあと30分もあれば、より丁寧な解説もできることが分かり、今後の参考になりました。このバージョンでどこかで演ずる機会があったら、ぜひよろしく!

★次回は8月18日(土) 14時~ 内容は未定

大阪市北部で地震!

2018.6.18

この「なまず通信」のカテゴリーでの久しぶりの投稿、まさに「忘れたころに…」です。
400年に一度という大きな地震が、けさ7:58、大阪市北部を襲いました。

じつは、ほぼ1週間前の今月12日(火)の夕刻、神戸ではこんな夕焼けが見えていたようです。
異様に赤い夕焼け空に、縦に短冊状の虹も…

地震の前兆  NATURAL WARNINGS OF EARTHQUAKES への投稿画像を拝借

35077177_1775438245883998_3901432636807053312_n.jpg 35102360_1775438289217327_5147214796097060864_n.jpg

兵庫県神戸市六甲山手から。神戸の海上が真っ赤です。虹も出ていました。pm18:50〜19:00にかけて。南方向。(投稿者コメント)


◆大自然に謙虚な目を向けよう!

日本列島は活断層だらけです。過去の地震によって出来上がった列島と言ってもよいでしょう。それらの断層が何百年に一度という周期で、いつ・どこで起こるかを、東大や気象庁の専門とする地質学の分野から予知することは、今のところ不可能と言われています。

しかし、地震が起こるメカニズムの事後解説はともかく…

巨大な地震が起こる直前には地下の岩石にふだんとは異なる大きな負荷がかかっていることは確か。
岩石中に含まれる金属物質に力が加わることで、磁気が変化するのです。

そして磁気の変化によって、雲の形状・朝夕の太陽光の色・空気中のイオン濃度などが変化し、動物たちが異常行動をとり…といったことが起こることは大いに考えられます。

ひごろから 大自然に謙虚な目を向けること が大切です。

そして、預言者のように騒ぐのではなく、「備え」をする!
寝ている場所に倒れてくるようなものを置かない、揺れている時は頭を守る、危険なところには近づかない、非常食や貴重品をまとめておく、家族との連絡方法を前もって決めておく…といったことは個人が心得るべきことです。

一方、建物・設備の安全基準は…


◆過去の教訓が活かされなかった「人災」

今回の犠牲となった3名の方のうち、2件はブロック塀の倒壊によるもの。

1978年宮城県沖地震で、倒れたブロック塀の下敷きになって亡くなった方がいらっしゃいました。
「ブロック塀は倒れる」ということを教訓に、中には鉄骨またや鉄筋の芯を入れること、倒れにくくする補強のための控え壁を付ける、高さに基準を設ける、といった基準が作られたはず。

にもかかわらず…

今回、子どもたちの登校見守りをされていた80歳の方の命を奪った塀は…?

35550918_1756193521140845_7124988257414152192_n.jpg

芯となる鉄筋・鉄骨も、控え壁もないようです。

そして、9歳の児童の命を奪った学校プールの壁は…?

35545737_1756193834474147_4331407967497748480_n.jpg

「目かくし」として増設された部分だけが道路側に落下! 接合部分に下から一貫した芯となる鉄骨も控え壁もありません。
高さもブロックを積み上げただけで3.5メートル! 

★高槻市は、この学校プールのブロック塀は設置基準に当てはまらない「違法建築」であったことを認めました!

地面の揺れだけで人は死にません。人間が建てたものが倒れて来て人を殺すのです。

建物の設置基準、安全対策は、何をさておいても最優先されるべきことだったはず!
過去の教訓を活かせなかった「人災」といえるでしょう。

チェコ帰りのヴァイオリニストをお迎えして

デイホーム日誌(20) 2018.6.16

0_201806161717471dd.jpg 


♪「愛の挨拶」 (エルガー) で演奏スタート

1_20180616171747d49.jpg
★クリックすると大きな画像でご覧になれます(以下おなじ)


◆きょうのソリスト・遠藤万里さんのご紹介


2011年、「コバケンとその仲間たちオーケストラ」大阪公演に一緒に参加。
チェコに留学されていて一時帰国中のご参加。その後あちらのオーケストラに就職。チェコでの生活は8年間。昨年1月に結婚されて帰国。

つい先日、在日チェコ商工会議所のビジネス&カルチャーネットワーキングイベントでスメタナやフィビフ、ドヴォジャークなどチェコ音楽を演奏されたそうです。

4_201806161717484e9.jpg

・チェコでの演奏活動、思い出など 写真の解説も交えながら…

 5_20180616171749002.jpg  6_20180616172045634.jpg  7_20180616172046e8e.jpg


◆チェコを代表する作曲家といえば?

♪「ユモレスク」(ドボルザーク)

8b_2018061617204711c.jpg  

ドボルザークってどんな人?
 スメタナより約10年後に出たチェコを代表する作曲家、国民楽派、鉄道好き?
・アメリカの音楽学校に招かれて、1892年から4年間アメリカに在住。
 その間の代表作:弦楽四重奏「アメリカ」 、チェロ協奏曲…

♪「新世界より」 2楽章 「遠き山に日は落ちて」 演奏&みなさんの歌

2018042120295050f_201807051940543ec.jpg
 
 活気に満ちたアメリカ & 遠く故郷チェコを望郷…
 (「新世界より」については、休憩時間にキイボードを使って少々解説)

・「新世界より」のひとつ前の交響曲8番が、チェコで書かれた最後の交響曲。

♪交響曲8番 3楽章
 …キイボード&1stヴァイオリンでA-B-A (コーダ以外)
 この哀愁を帯びた美しい3楽章を聴いてクラシックを好きになった人も!
 
9c_20180616172407650.jpg


◆ジプシー的な音楽について

“ジプシー的な音楽”ってどんな曲? チェコ、ハンガリー、スペイン…
情熱的で、民族的で、即興…

9a_201806161720484f4.jpg 9b_201806161720484c6.jpg

♪チャールダーシュ(モンティ)
 酒場で兵士が奏でた即興、緩急が豊か、民族音楽などを混ぜても良い…つまり「いじり」やすい曲。 
 例によって脳トレを兼ねて、日本の演歌など皆さんもよ~く知ってる曲が割り込みます!

 空耳よりはっきり聞こえたはずの曲…
  「ゴッドファーザー」「舟歌(八代亜紀)」「かあさんの歌」
  「乙女の祈り」「ラジオ体操第一」「アニーローリー」…
 

<休憩・お茶タイム>

いろんな方に聞いてみて、ドヴォルザークといえば、やはりいちばん有名なのは「新世界より」(交響曲9番)!
各楽章の有名なテーマ、それらが4楽章では総出演!…キイボードを使って、ちょっとばかり解説。

「新世界より」各楽章を代表する「顔」たち

13a_201806161724085df.jpg 
デイホームでこのように「楽譜」で解説するのは今回初めて!

3分ゲーム

4楽章の終わり3分ほどをキイボードで弾きます。各楽章の「顔」が出たら「1」「4」…などと手を挙げてください!

13_201806161724083f5.jpg 13b_20180616172409afd.jpg 
13c_20180616172410ffb.jpg 13d.jpg

フィナーレ終わりあたりは、おいしいメロデイは管楽器が持って行ってしまって、ヴァイオリンはシャカシャカ刻んでるところがほとんど。
休憩中の遠藤さんにご協力いただいて、正解を指さしていただきました。


◆第2部 日本のジプシーサウンド

私が独断で選んだ「むせび泣き系」の昭和歌謡から…

♪恋人よ(五輪真弓)

♪霧の摩周湖(布施明)

♪ウナセラディ東京(ザ・ピーナッツ)

♪北の旅人(石原裕次郎)

14a_20180616173902a76.jpg 14b_20180616173903929.jpg 
14c_20180616173903c65.jpg 14d_201806162319129aa.jpg 

職員スタッフさんの歌とヴァイオリンで皆さんをリードしていただきました。
カラオケで「♪恋人よ」をよく歌われるという方にもマイクをお渡しして…

P6168202 - コピー

♪「恋人よ」の間奏では「モルダウ」が、♪「霧の摩周湖」の間奏では「チャールダーシュ」が顔を出す今回オリジナルのバージョン!

15a_20180616173904db3.jpg 15b_2018061617390538e.jpg 
15c_201806161739375aa.jpg 15d_201806161739387e8.jpg


最後は、私の会で定番のラストソング…

♪見上げてごらん夜の星を(坂本 九)

素晴らしいゲストと、職員スタッフさんとのコラボ…これからもご期待ください!

16_20180616173938355.jpg


次回は 7月21日(土)14時~
 
ヴォーカルの藤井淳水さんをお迎えして、「カルメン」特集…?


私の「五線紙」対策

2018.6.13

やはり音楽をやられる方の嘆き…
「最近、文房具屋さんに五線紙を置いていないところが多い」 

そうなんです!
学校で使うような「五線ノート」は比較的よく見かけるんですが、いわゆるふつうの「五線紙」がない…
いまは五線紙に手描きでおたまじゃくしを描く人が少ないんでしょうね。近い将来、「五線紙」というものを知らない文具店員さんも出てくるんじゃないでしょうか。

しかし…

◆お店は 売れ筋ランキングの展示会場じゃない!

たとえめったに売れないものでも、必要な人には必要なもの、基本的なものはなくさないで欲しい!
たいしてスペースを取るものでもないでしょう。今まで通り残してくれて、なくなったら補充する程度でいい、少量多品種を仕入れなくてもいいんです!

じつは五線紙にもいろいろあって、ピアノ用(2段組)、弦楽合奏など3段組・4段組…さらにオーケストラスコア用…といろいろあるんですよね。ただ、そこまでいろいろな種類を一般の文房具屋に置いておくのは無理でしょうし、要求はしません。それに「それにしか使えない」特殊なものはかえって不便。

むしろB5版・A4版で12段ぐらいの、ごく一般的な「五線紙」でいいんです!


私の五線紙 対策

P6138123.jpg

私はルーズリーフのシリーズの五線紙を使ってます。
MARINOというのがメーカー名でしょうか… これです。

P6138119.jpg

12段・両面で16枚入って200円、お手頃な価格で、いまのところ伊東屋などのちゃんとした文具店にはあるのでまとめ買いしてます。

A4サイズのちょっと厚手の紙に印刷された五線紙もいいのですが、線の間隔・段の間隔が広かったり狭かったり、印刷が薄かったり(グレーで印刷)。オタマジャクシを黒ペンで書いてコピーを取ると線が薄くてところどころかすれたりすることも…

このルーズリーフ用の五線紙は、線の印刷もしっかりしていて、線や段の間隔もまあ平均的に使いやすく、なかなかいいと思います。

私はこの五線の幅に合わせて、はんこ屋さんのデザイン見本にあった「ト音記号」を縮小・サイズ合わせしてゴム印を作ってもらっちゃいました!(ヘ音記号やハ音記号はないので手描きですが)

P6138120.jpg

おもに教材用に、耳コピした一曲の保存に…
手描きで描いた譜面をスキャンして、PC上「ペイント」でレイアウト・編集…けっこう便利です!

水に流して歌詞入り

感動は生もの 待ったなし!

2018.6.11

子どもの頃、旅先で「そろそろホタルが飛んでるかもしれない」なんて話を聞いたら、夕食もそわそわ、早く見に行きたかったものです。
見られるか見られないかは、行ってみなくては分かりませんが、とにかく行ってみるしかなかったはず。「今度、そのうち見に行こうね」…なんて言われて納得できたでしょうか?

1242964348_photo.jpg

大人になると、いつごろから「今度、そのうち」が口癖になっていくんでしょう…?


◆「そのうち」「今度ぜひ」でそれっきり…

すでに準備万端で、「さあ、具体的にどうしましょう」で打合せに入り、すぐ実現できるようなことは限られています。
多くは、ふと浮かんだ夢のようなアイディア・雑談で出た発想から、「もうちょっと詳しく聞きたい」→「具体的な例を出してみる」→「調べてみる」→「とりあえずやってみる」…そうやって少しずつ形ができてくるもの。

共同でビジネスを始めようという話に限らず、「遊び」であったり、何かの活動の「企画」だったり、趣味で何かを始める話だったり…どんなことでも、まずは情報元とコンタクトをとり問合せる、せっかく頂いた情報はすぐ確認するなど、具体的に動き出すこと。手探りながらも「やってみる」こと。一歩踏み出さなければなにも始まりません。「そのうち」「今度ぜひ」は禁句なんです!


◆思い立ったが吉日!鉄は熱いうちに

小学校時代…
鉄道模型というものが世の中にあると知ったら、いきなり買ってはもらえなくても、どんな種類があるのかを人に聞いたり資料を集めたり、まずはデパートの売り場に行って穴のあくほど眺めたものです。何かをせずにはいられなかった。

高校・大学時代…
何かを作りたくてムズムズするのも、「あの曲を弾いてみたい」と思うのも、なぜか試験前(笑)。そんな、すぐには実行できない時でも、あれこれ考えたり、下調べしたり、スケッチしたり…何かせずにはいられなかったものです。「思っただけ」では試験が終わったらどこかへ消えてしまってますから、何かしら「取りかかり」だけは残すのです。

思いたったら冷めないうちに!「鉄は熱いうちに打て」なんです。

今やらなくてはいけないこと(本業)はしっかりと。でも好きな世界を大切に。「遊び」は「義務」じゃないから逆によほど真剣にならなきゃできない世界…
中学3年生の時に出会った模型屋さんのおやじさんから学んだ大いなる哲学です!
→ 
遊びから学ぶ 人生の恩人


◆友達と一緒に…はやめた方がいい

趣味でなにかを始める、なにかを調べる、学ぶ、どこかで活動をはじめる…そんな時、だれかと一緒にできたらいいなと思うこともたしかにあります。

でも、はじめから「友達と一緒に」はやめた方がいい。これは私の長年の経験から。
「もう少し~~してから」「そのうち…」という人を待っていたら、何もはじまりません!

大人には、今すぐできない理由はたくさんあります。
「今はまずこれをやらなくてはいけない」という最優先のことがある、人それぞれ優先順位は違う…それは仕方ありません。子どもじゃあるまいし、その場にしゃがみこんで「やだ~」とダダをこねて泣いたりはしませんが。

「もし~~したらどうしよう」という不安があるのか?、「もう少し~~してから」と完ぺき主義なのか?、そこまで本気ではないのか?…理由はよく分かりませんが、なかなか行動に移して一歩踏み出さない人が本当に多い。
素直に言われたことをやってみれば、何ということはない簡単なことだってあるのに…
ちょっとやってみてその面白さに気づけば、人生観や世界観が変わるかもしれないのに…


「馬を水飲み場に連れて行くことはできる。でも馬に水を飲ませることはできない」という諺があります。

せっかく美味しいラーメン屋さんに連れて行ってるのに、麺をなんども持ち上げて「こしがありそうですね」とか「本当に美味しいんですか?」などと言ってるばかりで、いつまでたっても口に運ばない人がいたら、どう思いますか?

こっちは勧誘員でも営業マンでも詐欺師でもない。なんで「大丈夫ですから」「本当に美味しいですよ」などと誘うことにエネルギーを使わなきゃいけなんでしょう?冷めないうち、麺が伸びないうちに「うん!旨い!」と共有したいですよね。

引きこもりがちな人を誘い出し、その人と一緒になにかを始めることに意義がある場合は別として、なにかに興味をもって始めようとするなら、誰かをあてにして巻き込もうとせず、まずは自分から始めるべきでしょう。

桃太郎さんも、出かける前に犬やキジやサルに「参加募集」のメールなんかしてませんよね。「この日はちょっと…」なんて返事を待って全員が揃う日を調整なんかしてません。まず自らが行動を起こし、ついてくるものは拒まず、で良いのです!

illust3605.jpg

思い立ったら、まずは一人で始めること。やっていく中で同志もみつかり、つながってくるものです。


◆感動は生もの

せっかく手作りケーキを出されても、ちょうどたまたまお腹が一杯ですぐその場でいただくことはできないこともあります。それはしょうがない。

でも、いつもいつも「そのうちいただきます、今度ぜひいただきます、食べてみたいです」などと言われ続けたらどうでしょう…?

感動は強制できるものではありません。興味のない人を誘っても意味がない。
興味がないならないとはっきり言っていただきたい。
「~~してみたいです」などと心にもないことは言わないでいただきたい!

もし本当に興味があるなら、いつまでも願望形で「食べてみたいです」、未来形で「食べてみます」じゃなく、早く食べてみてほしい!
そして「どうだった」のかを聞きたい!
いつまでも行動しない、反応がない、「どうだった」の打ち返しがない…それでは感動の共有もできません。

行動(アクション)と反応(レスポンス)…感動は生もの、待ったなしなんです!

「命」の重さについての教育を!


約40年前に、いちおう法学部を卒業した私。
私はもともと厳罰主義ではありません。むしろ刑罰の目的は「応報」ではなく、社会復帰のための「教育」「気づき」の機会であるべきだ、などと主張してきた人間です。

しかし最近のニュース報道にはいたたまれなくなることが多いです。とくに私が許せないのは、人の「命」を何だと思ってるのか!、という事案です。


◆危険な運転、悪意による悪質運転

なかなか適用されない危険運転致死傷罪

通常の交通事故は、安全運転を心がけることが大前提での「過失」です。
しかし、明らかに悪意による危険な運転が後を絶たず、被害者が浮かばれない、一般の「過失運転」とのバランスから「危険運転罪」が国会で議論されたときは、当然だと思って見ていました。

しかしふたを開けてみたら、「致死傷罪」というのが最後についていた。「結果」を出して初めて適用されるもので、しかもなかなかこれが狭き門で適用されるケースがきわめて少ない!

*「飲酒または薬物を摂取して正常な運転ができない状態で」という条文の意味は、「酒を飲んだり薬物を摂取したら正常な運転はできませんよね」という大前提(=すでに科学的に立証済み)を書いてると見るべきでしょう。

条文に色々ごちゃごちゃ並べ過ぎてる感もありますが、これを裁判所の判事の多くは「酒は飲んでいたが、正常な運転ができない状態だったとは言えない」などと、じつに奇妙な解釈をしてなかなか適用しません!(アホか!?)

548077_pcl.jpg

最近よく話題になる「あおり運転」など、人を死傷させるなどの「結果」が出ていなくても「危険な運転」「悪意による運転」「迷惑な運転」は、もはや通常の安全運転を心がけていたけど「うっかり」という「過失」の域を超えた、悪意による「犯罪」と見るべきです。

飲酒運転やスピード違反の常習者など、そういう危険な運転をしたら人を死傷させるかもしれないことを十分予見できるはずですから、「未必の故意」があったとして「殺人罪」も視野に入れていいはずだと私は長年思ってきました!

立法(条文づくり)の愚と、運用する司法の愚。それゆえの「悪」への生ぬるい対応に歯がゆい思いです。


◆子殺し・虐待

先日、マンガ喫茶で出産してすぐに子どもを殺し、コインロッカーに隠した女のニュース。頭ごなしにバカ呼ばわりはせず、こういう事件が起こる背景としての「社会の責任」と、加害者本人の認識・それまでに形成してきた人格など「個人の責任」という、私が中学生のころ夏の自由研修で触れたテーマに立ち返ってFBに投稿しました。

★私が中学3年の夏休み、1970年代の前半は、連合赤軍派による事件があったり、当時できたばかりのコインロッカーに乳幼児を遺棄するという事件もありました。
夏休みに新聞の社説をいくつか切り抜き、感想を添えて自由研究にしたんですが、そういう事件が起こる社会的な背景(=社会の責任)と、加害者本人の問題(=個人の責任)ということを書いたのです。


そうしたら、「女性ひとりで生きて行くのも精一杯の人もいる、個人の責任とはいえない」…などという、情に熱い優しい方からのコメントをいただきました。

たしかに私もニュースの当事者を知ってるわけでもなく、どんな事情があったのかは存じません。
しかし、生活困窮などどんな事情があったにせよ、望まない妊娠であったにせよ、妊娠が分かってから出産までに10か月という時間があったわけですよね。誰にも相談できなかった、なんの手立ても考えられなかった…?
マンガ喫茶で出産して、殺してコインロッカーに隠す…それしか選択できる行動がなかった?

それまでの人格形成、命に対する認識、だれかに相談するなど問題を解決する能力は…?
じゃあこの女性に対して、社会が、行政が、いったい何をしてあげたらよかったというのでしょうか?



子どもをつくるのに国家資格はありませんが、子どもができれば少しは「人」としての自覚をもち、「命」の大切さを学ぶべき。なのに「人」としての基本がなっていない大人が現にいるということです。

きょう(6月7日)のニュースでは、目黒区在住の両親(父33歳、母25歳)が、幼い子供に食事もろくに与えず部屋に軟禁しつづけ、虐待がバレるのを恐れて病院にも連れて行かず、死に至らせた…という事件が報じられています。
朝4時から勉強させたり、真冬にベランダに放置したり、幼子が一生懸命「反省文」を書いて「ゆるしてください」と乞うていた…など、関連する報道内容には本当に心が痛みます。

このケースに限らず、自分の子どもに食事を与えない、自分のイライラから子どもに暴力をふるう…といったとんでもない事件は後を絶ちません。

<相次ぐ子どもの虐待に関連する記事>
1453874272.jpg img_0.jpg


人命より企業の利益優先

過労による疲れが原因のバス事故をはじめ、企業が起こす事件の多くに、安全管理よりも効率・企業の利益が優先した結果というケースは非常に多いです。過労死問題も含めて、企業の絡む事件のほとんどの根本にこの問題があると言っても過言ではないでしょう。

私のブログにもここ数年何度となく書いてますが、
「人の命よりも、地球よりも、経済(企業の利益)は重い」のか!?
(基本的人権=「人の命は地球より重い」のおきかえです)



いまの日本の教育にとっての急務は、「命の大切さ」を徹底的に教えることではないでしょうか?

漢字がまともに読めなくても国会議員になれるんですから(笑)、多少一般常識がなくても教養がなくても、まあ生きていくうえでさほど支障はないと言ってもいいでしょう。

でも、どんな状況であれ「命」の大切さを分かっているかどうか?
一時的な快楽追及・身勝手な欲があったとしても、人の命を奪うところでは一線を踏みとどまれる必要があります。

一国の為政者が「弱い立場」を思いやる政策を打ち出すことも含めて、人としてのやさしさ・思いやり・想像力をもつこと。
その一番根底に必要なことが「命の大切さ」ではないでしょうか?

ハシビロコウが絶叫マシンに?

ハシビロコウが今なぜかブームに?


7d541b5c7726ff1b84da49674c6e4690.jpg


ハシビロコウという鳥をご存じでしょうか?

487e5c180285b520f54e3b818929e40b.jpg ハシビロコウ2

アフリカ・ウガンダのビクトリア湖周辺に生息している、体長約1.2メートル、翼長2メートルという大型の鳥です。ペリカンの仲間。

恐そうながらどこか愛嬌のある顔。湿地で獲物の魚が近づいてくるのをひたすら立ったままじっと待つことから「動かない鳥」とも言われ、その姿は以前NHKの「ダーウィンが来た」でも紹介されました。

そのハシビロコウが、いまなぜか静かなブームに?

よみうりランドではこの春から「ハシビロGO」なるアトラクションが人気を集めているようです。
40人乗りの大きな円盤が、回転しながらUの字型のレールの間を行き来する、新しいタイプの絶叫マシン。

7d541b5c7726ff1b84da49674c6e4690.jpg

名前の「ハシビロGO」は「ハシビロコウ」をオヤジギャグ風に文字ったんでしょうが、その心は「回るぜ!じっとしてな!!」…それだけ?

ハシビロコウの大きなオブジェが円盤の中央にいますが、乗客は外側を向いて座るんですね。あまり関係なさそうな気も…

img_bfa133db6067f7c7635a1006fb04b5c0238592.jpg

「動かない鳥」と「絶叫マシン」…そのミスマッチやいかに?


◆絶叫マシンは 三半規管を刺激してくれる

ここからちょっと科学的なお話し。

私はあまりジェットコースターやフリーフォールといった絶叫マシンは好みません。子どもと遊園地に行っても、私はどちらかというとご遠慮して待ってるタイプ。

でも、こういう刺激って、平衡感覚を司る内耳三半規管に良い刺激になるんだそうですね。
小さな子が「高い高~い」を喜ぶのも、ブランコ、シーソー、電車などの乗り物を心地よいと感じるのも、この三半規管への刺激を伴うため。

蝸牛(内耳)は、音の振動を聴覚神経に伝える役割だけでなく、平衡感覚を司る三半規管が備わっています。

地球には重力があります。内耳の中に満たされている塩水に重力が作用することによって、身体の平衡感覚を保つ重要な役割があります。いわば重力(G)を感じ取るセンサー。そこに刺激を与えることになるのです。私もたまには絶叫マシンに乗ってみようかな…

詳しくは、こちらの記事をご参照ください。
私が音楽療法を学び始めた2013年の夏ごろの記事。この後半に詳しく書いてます。

→ 「火を灯されるランプ」のつぶやき

チコちゃん風 「なんでさらっと弾けないの?」

最近の私のマイブーム、NHK「チコちゃんに叱られる」風に…
                                   
「ねえねえ、この中でピアノを弾ける素敵な大人って、だ~れ?」

一流のホールで聴くスタインウェイも素晴らしいですが、家庭・旅館・ラウンジ・バー・ペンション・合宿場…身近なところで自由に奏でられるピアノのある空間も私は大好きです。
あらたまって練習して、楽譜を持参して…ではなく、ふとした日常の空間にピアノがあって、「何か弾いて」と言われたら、さらっと弾けますか?

28782592_1649368468490018_2729931546059341824_n.jpg IMG_20170218_185844_20170829221852f32_2018052821081358d_201806012026520f5.jpg

子どものころ毎日ピアノを弾いていた頃なら 今習ってる曲を弾けたかもしれませんね。でも大人になって、もう何か月・何年も人前でピアノを弾いてない…

ソロ演奏をお聴かせするとなると、どうしても緊張しちゃいますよね?

でも、ベートーヴェンのピアノソナタ1楽章~3楽章まで、あるいはショパンの「革命」エチュードやリスト「ラ・カンパネラ」などの名曲を、すべて暗譜で間違えずにさらっと弾けて、感動を与えなくてはいけない…なんて考えなくってもいいんです!常にレパートリーを磨いているプロのピアニストじゃあるまいし…(笑)

でもだからといって「猫ふんじゃった」ではなく…(笑)

ピアノを何年も習ってきたのに、「何か弾いて」と言われてさっと弾ける曲がなにもない!「楽譜がないと弾けません」「こんど練習しておきます」(汗)…という方が多いのではないでしょうか?

一方ジャズの世界では、「マスカレード」「ミスティ」「煙が目にしみる」「ムーンリバー」…などリクエストを受けたら、「キイは何?スイング?それともボサノバ?」…などと言いつつ、さらっと弾いてくれます。

なんでジャズの人はそんな神業みたいなことが出来るの?
またお年寄りも懐かしいと感じる日本の歌曲を、少しお洒落な響きでさらっと伴奏…なんで出来るの?
私もずっと不思議で、憧れでした!

「楽譜がないと弾けません」から脱却したい!ちょっとお洒落な響きも入れて、もっとピアノで遊びたい!…なのに、さらっと弾ける曲がなにもない!

そんな日本人のなんと多いことでしょうか…「なんで?」
でもチコちゃんは知っています。5,4,3,2,1…


◆ジャズの人が楽譜なしでさらっと弾けるのは…(♪どどん)
   音楽をコードでとらえているから~! 


コード、つまり響きの流れでとらえるのです。
一字一句オタマジャクシ通りでなくていいんです!

曲を覚えるのにもいろんな要素があります。楽譜を目に焼き付けて覚える(←私はこれが苦手)、耳で響きを覚える、手のポジション・広がり・動きで覚える…etc.

いずれにしても、毎日練習してる曲なら弾けるでしょうが、数日弾いてないだけで指が固くなって思うように動いてくれなかったり、メロディは思い出せても左手の伴奏が「あれ、なんだっけ?」となった瞬間に止まってしまい、もうその先は弾けなくなる…もったいないですね!

もし、コード(響き)でとらえて奏でることができたら?

ショパンのワルツかノクターンの中からあまり超絶技巧のないゆったりした1曲、ドビュッシーの「アラベスク」…etc.
あるいは、コンチェルトの有名な一節など名曲の名場面…etc.
メロディ楽器の人がいたら、例えばサンサーンスの「白鳥」、シューベルトの「セレナーデ」、グノーの「アベマリア」(バッハのプレリュード1番が伴奏)、またクラシックでなく、ディズニーの曲や映画音楽、カラオケでみんなが歌うような曲など…etc.

「楽譜ありますか?」「こんど練習しておきます」ではなく、その場でさらっと弾けたらいいと思いませんか?


◆コードで音楽をとらえる試み

「♪音の小部屋」では、「コード循環(響きの色変わり)」「クラシックの名曲をコードでとらえる」といったテーマをこれまでにも色々と取り上げてきました。

メロディラインに「どんなコードが合うかな?」じゃなく、音楽は「コードの移り変わりがベースになってできている」、「メロディはそこに乗っかってる」という発想の転換も大切な第一歩。

決まったメロディに伴奏をつけるのに、基本「ドミソ」「ファラド」「ソシレ」の明るい3つの和音だけでも一応伴奏はできます(=3色の世界)。そこから脱却したい、もっとお洒落な響きで伴奏したいと思っている人は多いはず。

たとえばすべて白鍵だけでできているハ長調でも、ド~シまで7つの音があって、それぞれを根音(ベースの音)としたコードが作れます。だんご3兄弟が7本できるわけです(=7色の世界)。
さらに黒鍵を使ってそれらをちょっと変化させた響きも作れます(=12色の世界)。

それらをどう循環させて音楽の流れを作れるか…(後述)
このコード循環(=響きの移り変わり)を捕まえて、次に進むべき音(響き)が予測できたら、楽譜なしでも弾けるはずなんです!


◆楽譜を否定はしませんが…

緻密に組み立てられたクラシックの名曲は、楽譜に書き込まれていることがすべてと言ってもよいほど完成し尽くされています。

「ベートーベンの曲はベートーベン自身に聞け」、「バッハはバッハに聞け」と言われるぐらい、楽譜に真剣に向き合い、書かれていることをじっくり見ていけば、作曲家が何を意図して、その1音にどんな思いを込めたのかが見えてくる。
オーケストラの曲におけるアナリーゼもそうですが、楽譜と穴のあくほど向き合い、一音一音の意味をしっかりとらえることは大切です。そういう世界をないがしろにしろと申し上げるつもりは決してありません。

しかし、そのように楽譜(おたまじゃくし)に忠実であろうとすることで、せっかく今そこに楽器があって、音楽を聴きたい人がいて、音楽をもっと身近に楽しめたらいいと思うのに、「楽譜がないと弾けません」で手が出せない哀しさ…

お金を取ってきちんとお聴かせできるほどのレベルでなくても、コード(響き)でその曲のアウトラインぐらいそれらしく再現できたらいいのに、と思いませんか?

好きなクラシックの名曲をコードでとらえてみましょう。
楽譜をコピーしてそこに赤でコードを書き入れてみる、あるいは有名なメロディラインに響き(コード)だけを書いて弾いてみる…

   ショパンバラードコード    モルダウ
  ショパン「バラード」1番     スメタナ「モルダウ」

★クリックすると大きな画面でご覧になれます(以下同じ)


なぜかコードに弱いクラシック畑の人たち

楽譜を見て忠実に弾くのではなく、ピアノ曲でもオーケストラの曲でも、曲の流れを思い描いて、それをコードでとらえてピアノで弾くことができたら…

そんな楽しみを広げるにも「コードが分かったら便利なのに…」と思っているクラシック畑出身の方も多いと思います。でも、なぜかコードにはとっつきにくい…それはなぜでしょう?

コードの存在、その利点は分かっていても、学ぶ機会・教材が意外と少ないのです。
その理由は大きく3つあると思います。


*楽譜があるとどうしても楽譜を見てしまう

映画音楽などをピアノ用に編曲した楽譜には、たいていコード名も上に書かれています。
でも、もともとピアノをやってきて楽譜が読める人は、わざわざ上段に書かれているコード名を見て、そのコード(響き)を思い浮かべて弾くでしょうか?

ポピュラーピアノコード - コピー

「C」は明るい「ドミソ」だな、「Cm(マイナー)」は暗い「ドミ♭ソ」だな…ぐらいは分かっても、コードの表記だけを見てそこから「響き」をイメージしてその和音をつかんで弾く…ということはせず、楽譜の方を見て弾いてしまっていることがほとんどではないでしょうか?

強弱記号やテンポの指示などは「交通標識」みたいなものですから一応見ますが、コード名の列はいわば「街路樹」みたいなもの。そっちをいちいち見てたら運転できないよ、と。


*コードは一覧で「覚え」られるものではない!

そもそもコードを一覧にして「覚えなきゃいけない」と思うから億劫で手が出ないのです。

いまは中学生の音楽の教科書にもコード表は出てきます。
でもその表は、根音(=ベースの音)が「C(ド)」だけでもさまざまな種類のあるコード名がずらっと一覧になっているのです。
「+5」「△7」「♭9」だの、見たこともない「Φ」の記号…なんじゃこれ!?

中学教科書コード

それを「C(ド)」だけでなく12音すべてに…と考えると気が遠くなります。
それらをすべて一覧にしたって覚えられるはずもなく、仮に覚えたとして使えません(笑)!


*「コードで奏でる~~」式の教材の多くは、ピアノ経験者には不向き

楽譜が読めなくても、楽器を奏でることはできます。その最大の武器は「コード」でしょう。コードを中心としたポピュラー曲の教則本は多数あります。
しかしその多くは、主にギターなどで、フレットを押さえる位置(=手の形)でコード名を覚えるもの。

運指コード

たとえばこのテキストは、弦が4本なのでおそらくベース用だと思いますが、調弦された弦のどこを押さえたらいいか、その手の形(運指表のようなもの)で「Cm」なら「Cm」というコードを覚え、ジャランと音を出して鳴る響きが耳に届いて、その響きが「Cm」の響きなんだな、と一致させる…そういう流れです。

この手の教則本は、すでにピアノを経験して楽譜(ト音記号・ヘ音記号)が読める人にとって、コードを学ぶ教材としては適しません。ピアノの鍵盤や楽譜でコードを解説したもの、コード循環などの原理を教えてくれるものが意外とないのです。



★「そうそう、そうなんですよ!」…ピアノとの付合いは長く、やはり「楽譜がないと弾けません」からの脱却を強く望んでおられる方と、そんな話で大いに盛り上がってます!

★「楽譜通り」に、楽譜に書かれている意図をちゃんと理解して弾くのは大変なこと。
でも、多くの場合「楽譜通り」というと、そこまで深く考えることなく(なにも考えず)、「ただ楽譜にそう書いてあるからそう弾く」という意味で言われることも残念ながら多いようです。楽譜があればその通り弾く=楽譜がないと弾けない。

チコちゃん風にいわせていただけば、「ボーっと弾いてんじゃねーよ!」 

チコちゃん

失礼しました。 では…


楽譜を読める人にとって、コードへの手引きは…?

はい、そこがまさに「♪音の小部屋」が目指す「すきま」のひとつです!
「ぜひ1日も早くいらしてください」…なんですが、簡単にアウトラインだけ。

中学の教科書に載ってるほどのたくさんの種類をいきなり覚える必要はありません。仮に覚えても使えません(笑)。
まず基本として押さえておきたいコードは、つぎの4種類でOK!

明るいメジャーコード、その真ん中の音を半音下げて暗いマイナーコード
明るいコードの一番上の音をさらに半音上げて「augオーギュメント」、暗いコードの一番上の音を半音下げて「dimディミニッシュ」。…この4種類をしっかり覚えます。

4種類の3和音★コード名入り ★クリックすると大きな画面でご覧になれます(以下同じ)


つぎに、コード名を単に「覚える」のではなく、ある調の中での「位置・役割」としてとらえるのです。
たとえば簡単なハ長調は7つの白鍵で音階が出来ています。その7音をそれぞれベースとする3和音(コード)は7つ。だんご3兄弟×7組ですね。

ハ長調7コード

3つの明るいコード、3つのマイナーコード、そして最後にちょっと変わった「dim」のコード…その7つのコードを「チーム」として捉えるのです。同じ響きでも、その調の中での何番目かによって「役割」があります。

たとえば「G」というコードは「ソシレ」、世界中どこで、いつ聞いても「ソシレ」という響きは同じです。でも、その「ソシレ」がト長調の曲ではもっとも安定して聞こえますが、ハ長調の中では「5番目の響き」で、Ⅰの「ドミソ」に戻りたくなるような響きに聞こえます。同じ音(=響き)なのに不思議ですよね。ハ長調の中での7つのコードをチームとしてとらえるのは、そういう感覚を一緒に取り入れるためです。

音(=響き)はただ単体で存在しているのではなく、ある音(響き)から次にどの音(響き)に行きたくなるか…いわば「引力」のようなもので結びついていることを感じていただきます。またその原理について考えてみます。

ある響きから次の響きに移る間にどんなコードが入ってくると気持ちいいか…そんなことから「コード循環(響きの色変わり)」が見えてくるはずです。

そして、基本7色(7つの白鍵だけ)のコードをちょっといじって変形させていくのです(=7色から12色へ)。
明るいコードの真ん中の音を半音下げてマイナーに、逆にマイナーコードの真ん中の音を半音上げて明るく、明るい和音の一番下の音を半音上げて「dim」に、一番上の音を半音上げて「aug」に…

さらにその上に7thや9thを足して、△7(メジャーセブン)、dim7、Φ(ハーフディミニッシュ)、sus4…といったコードへ広げていきます。それらもただ「覚える」ためではなく、ある響きから次の響きに移るどんな場面でどう使うと良いか…?

このあたりからは、実際に音を出しながら説明する方がはるかに簡単に理解できるでしょう。
ぜひ「音の小部屋」をお訪ねください!



すでに楽譜が読めてピアノも弾ける方なら、こんな方法で遊んでいるうちに2~3か月もすればコードの感覚は身に付いてきます。
また、楽譜が読めない方でも、コードでとらえて音楽を奏でられるようになります。

明るい長調でのコード循環、哀しい短調でのコード循環…そこで使われている響きを、「おたまじゃくし」ではなく「コード名」でとらえていくのです。
さらに、「C」「Dm」「Em」「F」…といった響きの固有名称ではなく、その調の中でのⅠ~Ⅶの度数でとらえる。すると、違う高さに移しても弾けるようになります!

コード循環だけで即興の音楽はつくれます。テラピーの音付けに、あるいは詩の朗読のBGMに、即興で音楽をつけることもできます。

コード色変わり

よく「ギターなら大人になってからでも始められるし、楽譜が読めなくても大丈夫」、「ピアノは難しいけどギターなら…」とおっしゃる方がいらっしゃいます。

たしかにギターにはギターの魅力はあります。でも、先ほど書いたように、ギターでは弦を押さえる「手の形」でコードを覚えていきます。6本の弦が正しい音に調弦されていれば、その手の形でそのコードの響きが出ます。
でも、どの音を半音上げると明るくなるとか、この音とこの音の間隔が広い・狭い…といった関係は見えません。

でも、鍵盤ならそれが見えます!いわば音を可視化してくれる装置・鍵盤を使って、「音の原理」「感覚」を身に付ていくことができます。ギターをやる方も、いちど鍵盤で確かめてみることをお勧めします。

さて、コードで音楽をとらえることの大切さ、ガッテンしていただけたでしょうか?
ガッテン、ガッテン… あ、これは違う番組でしたね!(笑)

まあ、この文章を読んだだけで「へ~そうか。よしやってみよう!」という方ばかりだったら「音の小部屋」は要りませんね(笑)

思うようにすぐできなくても、チコちゃんのように「ボーっと生きてんじゃねえよ!」なんて顔を真っ赤にして怒ったりしません。
また政治家のセンセイとは違って、口先だけでなく本当に「ていねいな説明」をしますので、ご興味のある方、とくに好奇心行動力のある方からのお問合せ、楽しみにお待ちしております。

プロフィール

高木 章

Author:高木 章
アマチュアの打楽器奏者です。

某放送局関連に勤務しながら長年趣味で続けてきた音楽活動。あるご縁から、障がいのある方たちとも音楽を通じてのバリアフリーを、また東日本大震災以降は「がんばろう日本」…そんな活動を続けています。

単に自分が音楽が好きだから演奏したいだけでなく、「音楽の力」で「せめて自分にできることを」!

50代半ばにして勤め帰りに学校に通い「音楽療法」を学びました。

音楽寄りの話題、社会・時事に関する日常的なあれこれを徒然なるままに…
このすぐ下の「カテゴリ」から興味のあるテーマごとにクリックして覗いてみてください。
一部パスワードをご存じのメンバーの方のみ閲覧できるページを含みます。

カテゴリ
カウント開始 2011.1.14~
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR